(54)【考案の名称】ロール保持治具

(73)【実用新案権者】旭化成イーマテリアルズ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ロール保持治具に関し、詳しくは、ロールを保持し、かつ運搬するための治具に関する。

【従来の技術】

【0002】
例えばポリオレフィン樹脂から成るシートは、有機溶媒耐性、電子絶縁性に優れることから、リチウムイオン二次電池など、種々の電池用セパレータとして使用されている。
このようなシートは、通常、円管状の支持管(コア)に巻回された巻回体(マザーロール)として構成されている。そして、出荷の際には、幅の広いシートを所望の寸法幅に裁断してから出荷している。電池用セパレータの場合、電池の寸法が様々なので、シートを電池の寸法に応じた幅に裁断(スリット)し、裁断されたシートをコアに捲回してスリットロールとして出荷している(特許文献1参照)。
【0003】
例えばボールコンベア上で、スリットロールを搬送する際には、電池用セパレータとして求められる性質上、シートを傷つき及び埃による汚染等から保護する必要がある。そのため、スリットロールを収容箱などに収容して搬送している(特許文献2参照)。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案のロール保持治具では、ロールを浮かせた状態で保持することができるので、ロールの傷つき及び汚染を抑えて、ロールを運搬することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案のロール保持治具の一構成例を示す斜視図である。
【図2】本考案のロール保持治具にロールを保持した状態を示す斜視図である。
【図3】支持部がロール内部を挿通している状態を示す部分拡大正面図である。

【0010】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。
図1は、本考案のロール保持治具の一構成例を示す斜視図であり、そして図2は、本考案のロール保持治具にロールを保持した状態を示す斜視図である。
ロール保持治具1は、板状の台座部10と、台座部10の一面に略垂直に配された主柱部11と、台座部10に対し横方向に主柱部11に取り付けられ、ロール20の内部を挿通することにより、ロール20を浮かせた状態で保持する支持部12と、を有することを特徴とする。
図2に示されるように、支持部12をロール20又はロールコア21の内部に挿通させることにより、ロール20は、台座部10と接触せずに浮いた状態で保持される。したがって、ロール20をロール保持冶具1に保持した状態のままで、例えばボールコンベア等のコンベア上で、ロール20を運搬したり、ロール20にラベルを貼ったりすることが可能である。
【0011】
台座部10は、板状を有する。
図1及び図2に示すロール保持治具1では、台座部10は、矩形状の枠体10aと、枠体10aの下側に取り付けられた板体10bとを有する。
台座部10は、支柱部12に保持されるロール20の重さを支えることができるように、支柱部12及びロール20に対して十分な長さを有している。台座部10の長さは、保持されるロール20の長さよりも長いことが好ましい。
台座部10が十分な長さを有することにより、ロール20の重さによって傾いたりすることなく、安定してロール20を保持することができる。
【0012】
台座部10のうち、枠体10aは、例えばアルミニウム材、ステンレス鋼材等から成る。
また、板体10bは、ポリアセタール樹脂を含むことが好ましく、ポリアセタール樹脂から成ることがより好ましい。板体10bをポリアセタール樹脂から構成することで、ロール保持治具1を例えばボールコンベア上を滑らせて搬送する際に、滑りがよくなり、滑らかに搬送することができる。ポリアセタール樹脂としては例えばジュラコン(登録商標)が挙げられる。
【0013】
台座部10には取っ手が設けられていてもよい。ボールコンベア上を搬送させるときに、作業者がこの取っ手を掴んで手前に引き寄せたりすることができ、作業を容易にすることができる。
【0014】
主柱部11は、台座部10の一面に略垂直に配されている。図1及び図2に示すロール保持治具1では、主柱部11は、略長方形状の台座部10の短辺側の略中央に設けられている。主柱部11は、例えばアルミニウム材、ステンレス鋼材等で形成される。
主柱部11には、支持部12が取り付けられる支持部取り付け部が、設けられていてもよい。
【0015】
支持部12は、台座部10に対し横方向に主柱部11に取り付けられる。支持部12は、複数、図1及び図2に示す例では2か所設けられている。
支持部12と主柱部11とは、例えば、溶接により、又は主柱部11に設けられた支持部取り付け部に支持部12を取り付けることにより、接合されている。
主柱部11に対する支持部12の取り付け位置は、支持部12が、台座部10を基準として、ロール20と台座部10の直接接触を防ぐのに十分な高さを有する位置である。
支持部12は、主柱部11に取り付けられたとき、水平方向に対して上方向に傾いていることが好ましい。これにより、ロール保持治具1を移動する際の振動、慣性力等によってロール20が滑り、支持部12から落ちてしまうことを防止できる。支持部12の上方向への傾き角度θは、0°を超え、10°以下であることが好ましい。傾き角度θが0°であると、上述したような支持部12からの滑り落ちを防止する効果が十分に得られない。傾き角度θが10°を超えると、ロール20が主柱部11側に片寄ってしまい、荷重がかかることにより、ロール20の傷つき、潰れ等の品質低下を招いてしまう虞がある。
支持部12は、棒又は管の形態でよく、図1及び図2に示す例では棒状である。支持部12は、例えばアルミニウム材、ステンレス鋼材等で形成される。
図3は、支持部12がロール20の内部を挿通している状態を示す部分拡大正面図である。支持部12が、図3に示されるように、単数若しくは複数のロール20又は単数若しくは複数のロールコア21を挿通することにより、ロール20は、図2に示されるように、台座部10と接触せずに浮いた状態で保持される。
【0016】
ロール保持治具1は、支持部13の主柱部11に接する側に配されており、かつロール20が主柱部11と接触することを防止するストッパー13を有していてもよい。
ストッパー13は、紙又はプラスチックから成る円管状の部材であり、支持部12により挿通されて、主柱部11に最も近い側に配される。詳しくは、図3に示されるように、主柱部11と、支持部12により挿通されたロール20との間にストッパー13が配される。これにより、ロール20と主柱部11の接触が防止され、ロール20の傷つき及び汚染を防止することができる。
ストッパー13は、移動の際の振動等によりロール20が揺れても、主柱部11への接触を防止するために十分な厚みを有していることが好ましい。
【0017】
以上説明してきたように、本考案のロール保持治具では、ロールを浮かせた状態で保持することができるので、ロールを傷つけたりすることなく、ロールの運搬が可能である。
【0018】
以上、本考案の実施の形態について説明してきたが、本考案はこれに限定されるものではなく、考案の趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更可能である。
【産業上の利用可能性】
【0019】
本考案によるロール保持治具は、ロールを浮かせた状態で保持することができるので、ロールを傷つけたりすることなく、ロールの運搬が可能となり、セパレータ用のロール保持治具として広く利用することができる。
【0020】
1 ロール保持治具
10 台座部
10a 枠体
10b 板体
11 主柱部
12 支持部
13 ストッパー
20 ロール
21 ロールコア(例えばプラコア)

(57)【要約】

【課題】ロールの傷つき及び汚染を抑え、容易に運搬することができるロール保持治具を提供する。【解決手段】板状の台座部10と、台座部10の一面に略垂直に配された主柱部11と、台座部10に対し横方向に主柱部11に取り付けられ、ロールの内部を挿通することにより、ロールを浮かせた状態で保持する支持部12と、を有することを特徴とするロール保持治具1。台座部10は、矩形状の枠体10aと、枠体10aの下側に取り付けられた板体10bとを有する。台座部10は、支柱部12に保持されるロールの重さを支えることができるように、支柱部12及びロールに対して十分な長さを有している。台座部10の長さは、保持されるロールの長さよりも長いことが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):