(54)【考案の名称】キャリーカート

(73)【実用新案権者】瀚堯工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、キャリーカートに関するものであり、さらに詳しくは、荷物固定構造を備えたキャリーカートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のキャリーカートの構造は、逆U字状フレームの下端両側に取り付けられた車輪を有し、フレームの下端には、荷物を載せる載置板が設けられるとともに、載置板とフレームとが90°になるように結合されて一体化され、荷物を載置板上に積み重ねてフレーム上によりかからせると、ユーザはキャリーカートを傾け、車輪を利用して曳くと荷物を搬送することができる。しかし、従来技術では荷物が載置板に固定されずに載置板上に直接積み重ねられていたため、搬送過程で荷物が振動によりずれて重心が不安定になる虞があった。特に、円筒状の荷物は、搬送する際に生じる揺れ又は振動により、荷物が倒れたり転がったりしてキャリーカートから落下してしまうことが従来のキャリーカートを使用する際の欠点であった。
かかる観点から、荷物が安定した状態で搬送可能なキャリーカートの開発が切望されてきた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従って、本考案の課題は、載置荷物が搬送過程において、振動などによりずれて重心が不安定となり落下するような状態の発生を防止することが可能な荷物固定構造を有するキャリーカートを提供することにある。

【効果】

【0008】
本考案は、上記の構成からなるものであり、載置荷物の振動を抑えて安定した状態で搬送可能なキャリーカートを提供することができる。また、固定ブロックの構造を変更することにより、サイズの相違する搬送荷物にも対することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】図1は、本考案の一実施形態に係る荷物固定構造を備えたキャリーカートを示す斜視図である。
【図2】図2は、本考案の一実施形態に係る荷物固定構造を備えたキャリーカートの示す分解斜視図である。
【図3】図3は、本考案の一実施形態に係る荷物固定構造を備えたキャリーカートを示す簡略図である。
【図4】図4は、本考案の一実施形態に係る荷物固定構造を備えたキャリーカートを使用する図である。
【図5】図5は、本考案の一実施形態に係る荷物固定構造を備えたキャリーカートに大型で筒状の荷物を載置した状態を示す簡略図である。
【図6】図6は、本考案の一実施形態に係る荷物固定構造を備えたキャリーカートに小型で筒状の荷物を載置した状態を示す簡略図である。

【0010】
図1及び図2を参照する。図1及び図2に示すように、本考案の一実施形態に係る荷物固定構造を備えたキャリーカートは、キャリーカート本体10及び2つの固定ブロック20を含む。
【0011】
キャリーカート本体10は、少なくとも2つの支持杆11を有する。これら2つの支持杆11の上端部には、握持部12が設けられている。2つの支持杆11の間には、接続ベース13が設けられている。接続ベース13の一側には、2つの嵌合溝131が凹設されている。2つの支持杆11の間には、結合ベース14が設けられている。結合ベース14の一側には、係合溝141が形成されている。2つの固定ブロック20は、当接面21と、当接面21と異なる箇所に形成された2つの結合面22とを有する。2つの固定ブロック20は、直角三角形状のブロック体であり、弧状を呈する当接面21を有する。2つの結合面22は互いに垂直であり、一方の結合面22は他方の結合面22より長く、当接面21が2つの結合面22により形成される直角端に対向する。2つの結合面22には、嵌合リブ221が設けられ、嵌合リブ221を介して固定ブロック20が接続ベース13又は結合ベース14に取り付けられると、キャリーカートの荷物固定構造が完成される。
【0012】
図1、図3及び図4に示すように、本実施形態の荷物固定構造を備えたキャリーカートを実際に使用する際、結合面22の嵌合リブ221が接続ベース13の嵌合溝131に嵌入されると、2つの固定ブロック20の当接面21を対応させて2つの固定ブロック20の間に円弧状の制限空間が画定される。キャリーカート本体10に、円柱状、円筒状の荷物を載せると、当接面21に円柱状、円筒状の荷物の外径が当接されて2つの固定ブロック20により制限されるため、円柱状、円筒状の荷物が揺れたり転がったりすることを防ぎ、載置荷物の安定性が高まり、荷物が落下することを防ぐことができる。
【0013】
また、2つの固定ブロック20は、一方の結合面22の長さが他方の結合面22より長くすることにより、載置荷物の寸法に応じて使用する固定ブロック20を決めてもよい。例えば、図5及び図6に示すように、載置荷物の直径が大きめである場合、長めの結合面22を接続ベース13に取り付けて2つの固定ブロック20の間の間隔を大きくすると、2つの当接面21により制限される範囲が大きくなるため、直径が大きめの円筒状荷物を載せることができる。載置荷物の直径が小さめである場合、短めの結合面22を接続ベース13に取り付けて2つの固定ブロック20の間の間隔を小さくすると、2つの当接面21により制限される範囲が小さくなるため、直径が小さめの円筒状荷物を載せることができる。このように載せる荷物の寸法に応じて固定ブロック20を変更することができるため、キャリーカートを快適かつ便利に使用することができる。
【0014】
上述したことから分るように、本考案のキャリーカートの荷物固定構造は、以下(1)及び(2)の長所を有する。
【0015】
(1)キャリーカート本体10の接続ベース13に2つの固定ブロック20が設けられ、2つの固定ブロック20がそれぞれ当接面21を有するため、キャリーカート10に円筒状の荷物を載せた際、2つの固定ブロック20により荷物の揺れを抑えてキャリーカート本体10上の荷物の安定性を高め、荷物が揺れたり転がったりしてキャリーカートから落下することを防ぐことができる。
(2)2つの固定ブロック20は、少なくとも2つの結合面22を有し、これら2つの結合面22は長さが異なり、2つの固定ブロック20の異なる結合面22によりキャリーカート本体10上に取り付ける間隔を変更し、荷物の寸法に応じて固定ブロック20の組み合わせ方式を調整することができるため、応用範囲が広くて実用的である。
【0016】
10 キャリーカート本体
11 支持杆
12 握持部
13 接続ベース
14 結合ベース
20 固定ブロック
21 当接面
22 結合面
131 嵌合溝
141 係合溝
221 嵌合リブ

(57)【要約】

【課題】キャリーカート上の荷物の安定性を高め、荷物が揺れたり転がったりしてキャリーカートから落下することを防ぐ、荷物固定構造を備えたキャリーカートを提供する。【解決手段】キャリーカートの荷物固定構造は、キャリーカート本体10及び2つの固定ブロック20を備える。キャリーカート本体10は、少なくとも2つの支持杆11を有する。これら2つの支持杆11の上端部には、握持部12が設けられる。2つの支持杆11の間には、接続ベース13が設けられる。接続ベース13の一側には、2つの嵌合溝が凹設されている。2つの固定ブロック20は、当接面21と、当接面21と異なる箇所に形成された2つの結合面22とを有する。2つの結合面22には、嵌合リブ221が設けられ、嵌合リブ221を介して固定ブロック20が接続ベース13に取り付けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):