(54)【考案の名称】組立式パレット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、運搬用の荷置台であるパレットに関し、特に簡易に組み立てることのできる組立式パレットに関する。

【従来の技術】

【0002】
倉庫作業において、フォークリフト、又はその他運搬機で荷物を移動させて積みあげ、又は積卸しを行う場合、荷物をパレット上に置くことが必然の選択となっている。
【0003】
初期のパレットは木材によってなり、通常は平行に並べた木材を桁として、その上に木材のデッキボードを釘着する。よって、デッキボードの底面と地面との間に間隔が形成され、ここにフォークリフトのフォーク、又は運搬機の桿体などを差し込んでパレットを持ち上げる。
【0004】
但し、木製のパレットは重く、使用しない場合の収納も不便である。
【0005】
そこで、プラスチック材によってなるパレットが開発された。また、折り畳み式のパレットすら開発された。但し、プラスチック材によるパレットにしても同様に材質が固定されており、収納に不便という問題が解決されていない。また、環境保全の観念にそぐわない。従来の折り畳み式のパレットに至っては、構造が複雑で製造コストが高く、強度の不足は否めない。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
この考案は、簡易に組立てることができ、十分な強度を具え、使用しない場合は容易に分解して収納することができ、使用時には容易に組み立てることのできるパレットを提供することを課題とする。

【効果】

【0015】
この考案によるパレットは、容易に組み立てることができ、かつ高い強度を具えるのみならず、廃棄された紙材、プラスチック材、木材、金属材などをリサイクルして製造することから、製造コストを低減させるとともに、パレットを廃棄処分する場合も材料をリサイクルして再利用できることから、環境保全の観念に適合するという利点を有する。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】この考案によるパレットの基本構造単位を示した分解図である。
【図2】図1に開示する基本構造単位の斜視図である。
【図3】図1に開示する基本構造単位の構造を示した説明図である。
【図4A】この考案の第1の実施の形態によるパレットの構造を示した分解図である。
【図4B】図4Aに開示するパレットの斜視図である。
【図5A】第2の実施の形態によるパレットの構造を示した分解図である。
【図5B】図5Aに開示するパレットの斜視図である。
【図6A】第3の実施の形態によるパレットの構造を示した分解図である。
【図6B】図6Aに開示するパレットの斜視図である。
【図7A】第4の実施の形態によるパレットの構造を示した分解図である。
【図7B】図7Aに開示するパレットの斜視図である。
【図8A】第5の実施の形態によるパレットの構造を示した分解図である。
【図8B】図8Aに開示するパレットの斜視図である。
【図9A】第6の実施の形態によるパレットの構造を示した分解図である。
【図9B】図9Aに開示するパレットの斜視図である。

【0017】
この考案は、簡易に組立てることができ、十分な強度を具え、使用しない場合は容易に分解して収納することができ、使用時には容易に組み立てることのできるパレットを提供するものであって、複数の貫通孔と、それぞれの貫通孔を囲繞して形成した複数の嵌合溝とを有する上板と、
中心の位置に貫通孔を穿設し、かつ底面には該上板の該嵌合溝に対応する位置に設けられて該嵌合溝に嵌挿する嵌合脚を形成した複数の嵌着部材と、
内部に軸方向に沿って貫通孔が形成された管体であって、上端面が該上板の該嵌合溝に当接して該嵌合溝に嵌挿された該嵌合脚を支持する複数の支持管と、
上面に該支持管の該貫通孔に対応する凸起部を形成し、かつ該凸起部の中心の位置に、上端から軸方向に沿ってねじ溝を形成した軸柱を立設してなる複数の底部脚と、
一端が該嵌着部材の貫通孔と、該上板1の該貫通孔とを通過して、該底部脚の該軸柱の該ねじ溝に螺着する複数のボルトと、を具えてなる。係るパレットの構造と特徴を説明するために、具体的な実施例を挙げ、図面を参照にして以下に詳述する。
【0018】
図1から図3に、この考案によるパレットの基本構造単位を構成するそれぞれの部材の関係、組み合わせを開示する。該基本構造単位を複製して複数個にし、さらに拡張してパレット全体を構成する。
【0019】
この考案によるパレット全体を見れば、上板1と、複数の基本構造単位を具え、即ち複数の支持管2と、複数の底部脚3と、複数の嵌着部材4と、複数のボルト5と、を具える。
【0020】
上板1は、廃棄された紙材を回収し、ハニカム構造を有する段ボール板にしてなる。即ち上板1は内部にハニカム構造を具え、上下両面から平面状の板材を貼着して覆い、高い強度を有する紙材のボードとする。また、上板1には複数の貫通孔11を穿設し、かつ貫通孔11を囲繞して複数の嵌合溝12を形成する。貫通孔11と複数の嵌合溝12とによって一組とし、かつ上板1上に複数組をマトリクス状に形成する。
【0021】
嵌着部材4は、廃棄されたプラスチック材を回収して製造し、上板1の貫通孔1と、貫通孔1を囲繞して形成される複数の嵌合溝12とによって構成される一組に対応する位置に設ける。中心の位置に貫通孔41を穿設し、かつ底面には上板1の嵌合溝12に対応する位置にそれぞれ嵌合脚42を形成する。嵌合脚42は上から下に嵌合溝12に嵌挿する。
【0022】
支持管2は、廃棄された紙材を回収して製造した管体であって、管壁の内部にハニカム構造を具えるとともに、内周面と外周面に平面状の板材を貼着して、高い強度を具える紙製の管体とする。よって、該管体は軸方向に沿った貫通孔21が形成される。
【0023】
また、支持管2は管壁の上端面が上板1の嵌合溝12に当接するように設ける。即ち、支持管2の上端は、嵌着部材4の嵌合脚42の下端に接して支持する。
【0024】
底部脚3は、廃棄されたプラスチック材を回収して製造する。底部脚3の上面には、支持管2の貫通孔21に対応する凸起部31を形成し、かつ凸起部31の中心の位置には上方に向かって所定の長さ延伸する軸柱32を立設する。軸柱32の上端は、軸方向に沿ってねじ溝321を形成する。
【0025】
ボルト5は廃棄された金属材を回収して製造する。
【0026】
図4A、4Bに、上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、ボルト5とによって構成するパレットの実施の形態を開示する。図面の開示によれば、支持管2は下端に底部脚3の凸起部31を嵌合し、且つ上端で上板1を支持する。この場合、支持管2の貫通孔21の中心点が上板1の貫通孔11の位置に対応する。
【0027】
嵌着部材4の嵌合脚42は、上板1のそれぞれの嵌合溝12に対して上から下に向かって嵌挿する。よって、嵌合脚2は図3に開示するように下端が支持管2の上端面に当接する。
【0028】
ボルト5は、一端が嵌着部材4の貫通孔41と、上板1の貫通孔11とを通過して軸柱32のねじ溝321に螺着する。
【0029】
上述するように、上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4とを組み合わせて固定し、図4Bに開示するパレットを構成する。
【0030】
図5A、5Bに第2の実施の形態を開示する。図面に開示するように、第2の実施の形態においては、前掲の上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、ボルト5とを組み合わせる以外に、さらに複数の底板6を加えてパレットを構成する。
【0031】
底板6は木材によってなり、かつ複数の貫通孔61を穿設する。
【0032】
第2の実施の形態によるパレットを組み立てる場合は、底板6の貫通孔61に対して下から上に向かって底部脚3の軸柱32の上端を通過させる。支持管2は下端を底板6の上面に立設され、かつ上端が上板1の底面を支持する。この場合、支持管2の貫通孔21の中心点が上板1の貫通孔11の位置に対応する。
【0033】
嵌着部材4の嵌合脚42は、上板1のそれぞれの嵌合溝12に対して上から下に向かって嵌挿する。よって、嵌合脚2は図3に開示するように下端が支持管2の上端面に当接する。
【0034】
ボルト5は、一端が嵌着部材4の貫通孔41と、上板1の貫通孔11とを通過して、軸柱32のねじ溝321に螺着する。
【0035】
上述するように、上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、底板6とを組み合わせて固定し、図5Bに開示するパレットを構成する。
【0036】
底板6を設けることによって、支持管2は下端が地面と隔離される。このため、支持管2が地面から湿気を受けることを防ぐことができる。
【0037】
図6A、6Bに第3の実施の形態を開示する。図面に開示するように、第3の実施の形態においては、前掲の上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、ボルト5とを組み合わせる以外に、さらに複数の底板6を加えてパレットを構成する。即ち、第3の実施の形態では、構成する部材、構造も同様であるが、但し、底板6は、両側端縁部が屈折して上方に延伸し、凸壁62を形成する。また、それぞれの凸壁62の間隔が支持管2の外径と等しくなるようにする。
【0038】
第3の実施形態によるパレットを組み立てる場合は、底板6の貫通孔61に対して下から上に向かって底部脚3の軸柱32の上端を通過させる。支持管2は下端を底板6の上面に立設され、かつ上端が上板1の底面を支持する。この場合、支持管2の貫通孔21の中心点が上板1の貫通孔11の位置に対応する。
【0039】
嵌着部材4の嵌合脚42は、上板1のそれぞれの嵌合溝12に対して上から下に向かって嵌挿する。よって、嵌合脚2は図3に開示するように下端が支持管2の上端面に当接する。
【0040】
ボルト5は、一端が嵌着部材4の貫通孔41と、上板1の貫通孔11とを通過して、軸柱32のねじ溝321に螺着する。
【0041】
上述するように、上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、底板6とを組み合わせて固定し、図6Bに開示するパレットを構成する。
【0042】
底板6を設けることによって、支持管2は下端が地面と隔離される。このため、支持管2が地面から湿気を受けることを防ぐことができる。また、支持管2は底板6の凸壁62によって制限を受けることから、外部からの力を受けて支持管2の位置がずれて変形することを防ぐことができる。
【0043】
図7A、7Bに第4の実施の形態を開示する。図面に開示するように、第4の実施の形態においては、前掲の上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、ボルト5とを組み合わせでパレットを構成する。
【0044】
但し、上板1の周辺には、上方に向かって所定の長さ延伸する側壁13を形成する。
【0045】
第4の実施形態によるパレットを組み立てる場合は、支持管2の貫通孔21に、下端から底部脚3の凸起部31を嵌合し、支持管2の上端は上板1の底面を支持する。この場合、支持管2の貫通孔21の中心点が上板1の貫通孔11の位置に対応する。
【0046】
嵌着部材4の嵌合脚42は、上板1のそれぞれの嵌合溝12に対して上から下に向かって嵌挿する。よって、嵌合脚42は図3に開示するように下端が支持管2の上端面に当接する。
【0047】
ボルト5は、一端が嵌着部材4の貫通孔41と、上板1の貫通孔11とを通過して、軸柱32のねじ溝321に螺着する。
【0048】
上述するように、上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4とを組み合わせて固定し、図Bに開示するパレットを構成する。
【0049】
上板1の周辺に側壁13を形成することによって、パレットに積載する荷物が側壁13によって制限を受け、パレットから落ちることを防ぐことができる。
【0050】
図8A、8Bに第5の実施の形態を開示する。図面の開示によれば、第5の実施の形態においては前掲の上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、ボルト5とを組み合わせる以外に、さらに複数の底板6を加えてパレットを構成する。即ち、第5の実施の形態では、基本的に構成する部材、構造が前述する第3、第4の実施の形態と同様である。
【0051】
底板6は両側端縁部が屈折して上方に延伸し、凸壁62を形成する。また、それぞれの凸壁62の間隔が支持管2の外径と等しくなるようにする。さらに、上板1の周辺には、上方に向かって所定の長さ延伸する側壁13を形成する。
【0052】
第5の実施形態によるパレットを組み立てる場合は、底板6の貫通孔61に対して下から上に向かって底部脚3の軸柱32の上端を通過させる。支持管2は下端を底板6の上面に立設され、かつ底板6の凸壁62によって支持管2の位置が制限される。また、支持管2の上端が上板1の底面を支持する。この場合、支持管2の貫通孔21の中心点が上板1の貫通孔11の位置に対応する。
【0053】
嵌着部材4の嵌合脚42は、上板1のそれぞれの嵌合溝12に対して上から下に向かって嵌挿する。よって、嵌合脚2は下端が支持管2の上端面に当接する。
【0054】
ボルト5は、一端が嵌着部材4の貫通孔41と、上板1の貫通孔11とを通過して、軸柱32のねじ溝321に螺着する。
【0055】
上述するように、上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、底板6とを組み合わせて固定し、図8Bに開示するパレットを構成する。
【0056】
底板6を設けることによって、支持管2は下端が地面と隔離される。このため、支持管2が地面から湿気を受けることを防ぐことができる。また、支持管2は底板6の凸壁62によって制限を受けることから、外部からの力を受けて支持管2の位置がずれて変形することを防ぐことができる。さらに、上板1の周辺に側壁13を形成することによって、パレットに積載する荷物が側壁13によって制限を受け、パレットから落ちることを防ぐことができる。
【0057】
図9A、9Bに第6の実施の形態を開示する。図面の開示によれば、第6の実施の形態においては前掲の上板1と、支持管2と、底部脚3と、嵌着部材4と、ボルト5とを組み合わせる以外に、さらに複数の底板6を加えてパレットを構成する。
【0058】
即ち、第6の実施の形態では、基本的に構成する部材、構造が前述する第5の実施の形態と同様である。但し、支持管2の上下端に、それぞれ底板6を設ける。底板6は両側端縁部が屈折して上方に延伸し、凸壁62を形成する。また、それぞれの凸壁62の間隔が支持管2の外径と等しくなるようにする。
【0059】
支持管2の上下端に設ける底板6は、上下対称に設ける。即ち、下方に位置する底板6の両側端縁部の凸壁62は上方に向かって延伸し、上方に位置する底板6の両側端縁部の凸壁62は下方に向かって延伸する。このため、支持管2は上下両端が底板6の出来壁62の制限を受けて、さらに高い強度を具える。
【0060】
1 上板
11 貫通孔
12 嵌合溝
13 側壁
2 支持管
21 貫通孔
3 底部脚
31 凸起部
32 軸柱
321 ねじ溝
4 嵌着部材
41 貫通孔
42 嵌合脚
5 ボルト
6 底板
61 貫通孔
62 凸壁

(57)【要約】

【課題】簡易に組立てることができ、十分な強度を具え、使用しない場合は容易に分解して収納することができ、使用時には容易に組み立てることのできるパレットを提供する。【解決手段】複数の貫通孔11と、それぞれの貫通孔11を囲繞して形成した複数の嵌合溝12とを有する上板1と、中心の位置に貫通孔41を穿設し、かつ底面には上板1の嵌合溝12に対応する位置に設けられて嵌合溝12に嵌挿する嵌合脚42を形成した複数の嵌着部材4と、上端面が上板1の嵌合溝12に当接して嵌合溝12に嵌挿された嵌合脚42を支持する複数の支持管2と、上面に支持管2の貫通孔21に対応する凸起部31を形成し、かつ凸起部31の中心の位置に、上端から軸方向に沿ってねじ溝321を形成した軸柱32を立設してなる複数の底部脚3と、一端が嵌着部材4の貫通孔41と、上板1の貫通孔11とを通過して底部脚3の軸柱32のねじ溝321に螺着する複数のボルト5と、によって構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):