(54)【考案の名称】お悔やみの言葉を書き込めるカード式芳名録

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、会葬者が故人への想い、遺族へのお悔やみの言葉を書き込むため、カードの裏面にメッセージ欄を設けたものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の芳名録では会葬者が、故人への想い、遺族へのお悔やみの言葉を書き込む事が出来なかった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
会葬者が遺族と充分に会話が出来ない慌ただしい葬儀の中で、従来の芳名録では、住所・氏名の項目は書けても、故人への想い、遺族へのお悔やみの言葉を書き込む事が出来ない難点があった。
本考案は、この課題を解決するためになされたものである。

【効果】

【0005】
慌ただしい葬儀の限られた時間内に会葬者は、故人への想い・遺族へのお悔やみの言葉を書き残す事が出来る。
このため葬儀後に遺族は落ち着いて読むことが出来、心が癒される。
【0006】
芳名録の裏面に、故人への想い・遺族へのお悔やみの言葉を書き込めるように四角で囲んだ枠内に、2段に分けたメッセージ欄を設ける。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の表面である。
【図2】本考案の裏面である。


(57)【要約】

【課題】会葬者が故人への想い・遺族へのお悔やみの言葉を書き残す事が可能となるカード式芳名録を提供する。【解決手段】カード式芳名録の裏面にメッセージ欄を設けることによって、会葬者が故人への想い・遺族へのお悔やみの言葉を、書き残せるようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):