(54)【考案の名称】携帯式電子装置

(73)【実用新案権者】群▲マイ▼通訊股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯式電子装置に関し、特に2つの表示パネルを備える携帯式電子装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
現在、携帯電話機及びタブレットパソコン等の携帯式電子装置は、それぞれ撮影機能を有する。一般的な携帯式電子装置は、本体部、カメラ及び表示パネルを備える。本体部には、互いに対向する第一表面及び第二表面を備え、この第二表面には光透過孔が設けられている。表示パネルは、本体部の第一表面に設けられている。カメラレンズは、光透過孔に対応するように本体部内に装着されている。撮影する際、ユーザは、携帯式電子装置を手に持ち、カメラレンズを被写体に向ける。この時、表示パネルは、カメラレンズを介してカメラがキャプチャした画像を表示し、ユーザは、ピントを合わせた後、シャッターを押して撮影する。
【0003】
しかし、ユーザが上記のような携帯式電子装置を使用して自分撮りする際、カメラレンズはユーザに面し、表示パネルはユーザに背面するため、ユーザは表示パネルに映る画像が見えない。従って、自分撮りに不便である。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案は、優れた自分撮り機能を備えた携帯式電子装置を提供することを目的とする。

【効果】

【0006】
本考案は、携帯式電子装置の背面側におけるカメラレンズの隣に補助表示パネルを設けているため、ユーザが自分撮りする際、補助表示パネルを介してカメラがキャプチャした自分の画像が見えるため、理想的な自分の写真を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の実施形態に係る携帯式電子装置の斜視図である。
【図2】図1に示した携帯式電子装置を反対側から見た斜視図である。
【図3】図1に示した携帯式電子装置の機能モジュールを示す図である。

【0008】
図1〜図3に示すように、本考案の実施形態に係る携帯式電子装置100は、携帯電話機及びタブレットパソコン等である。本実施形態においては、携帯電話機を例として説明する。携帯電話機100は、本体部11、カメラ12、主表示パネル13、補助表示パネル14、表示制御ユニット15、感知ユニット16、処理ユニット17、制御スイッチ18及び内容共有ボタン19を備える。
【0009】
本体部11は、互いに対向して配置された第一表面111及び第二表面112を備える。本体部11の第二表面112上には、光透過孔1121が設けられている。カメラ12は、本体部11の内部に固定され、且つカメラレンズ12aが光透過孔1121に対向して位置する。これにより、カメラ12は、光透過孔1121を介して光線を受けて、撮影することができる。
【0010】
主表示パネル13は、本体部11の第一表面111上に設けられている。補助表示パネル14は、第二表面112におけるカメラレンズ12aに近い箇所に設けられており、且つ主表示パネル13の反対側に位置する。主表示パネル13及び補助表示パネル14は、それぞれ携帯式電子装置100の時間、電池の残存量、通信状態、着信未応答通知、画像データ等を表示することができる。
【0011】
表示制御ユニット15は、カメラ12、主表示パネル13及び補助表示パネル14にそれぞれ電気的に接続されて、カメラ12が撮影した画像データを受信し、且つ前記画像データに対して画素の調節、解像度の向上、色補正等の処理を行なって、処理された後の画像データを主表示パネル13又は補助表示パネル14に伝送して、主表示パネル13又は補助表示パネル14により表示させる。
【0012】
具体的には、表示制御ユニット15は、第一表示制御ユニット151及び第二表示制御ユニット152を含む。第一表示制御ユニット151は、カメラ12及び主表示パネル13にそれぞれ電気的に接続されて、カメラ12が撮影した画像データを受信し、且つこの画像データを処理して、処理された後の画像データを主表示パネル13に伝送する。第二表示制御ユニット152は、カメラ12及び補助表示パネル14にそれぞれ電気的に接続されて、カメラ12が撮影した画像データを受信し、且つこの画像データを処理して、処理された後の画像データを補助表示パネル14に伝送する。
【0013】
感知ユニット16は、ユーザの顔を検出することができるセンサであり、本体部11内に設けられ、処理ユニット17に電気的に接続されている。感知ユニット16は、ユーザの顔を検知して、主表示パネル13がユーザに向いているか又は補助表示パネル14がユーザに向いているかを確定し、且つその感知結果を処理ユニット17に伝送する。
【0014】
処理ユニット17は、型番がMSM8260、MSM8660又はMSM8930の処理チップであり、多画面表示機能をサポートでき、且つ感知ユニット16の感知結果に基づいて、主表示パネル13及び補助表示パネル14のオン/オフを制御する。具体的には、処理ユニット17は、感知ユニット16が主表示パネル13はユーザに向いていると判断すると、主表示パネル13を起動すると共に、補助表示パネル14をオフする。この時、処理ユニット17は、時間、電池の残存量、通信状態、着信未応答通知、画像データ等の情報を主表示パネル13に伝送する。また、処理ユニット17は、感知ユニット16が補助表示パネル14はユーザに向いていると判断すると、補助表示パネル14を起動すると共に、主表示パネル13をオフする。この時、処理ユニット17は、時間、電池の残存量、通信状態、着信未応答通知、画像データ等の情報を補助表示パネル14に伝送する。また、感知ユニット16が処理ユニット17に如何なる感知結果も送信しない場合、処理ユニット17は、主表示パネル13を起動し、補助表示パネル14をオフするのを黙認する。
【0015】
制御スイッチ18及び内容共有ボタン19は、それぞれ携帯式電子装置100のキーエリアの文字キー又は機能キー(即ち、音量キー、電源キー等)に統合され、制御スイッチ18は、補助表示パネル14に電気的に接続されている。ユーザが自分撮りする際は、制御スイッチ18を介して補助表示パネル14のオン/オフを制御することができる。1つの表示パネルがオン状態にある場合、処理ユニット17は、内容共有ボタン19が生成した操作信号を受信し、且つ前記表示パネルの現在の表示画面を同時に他の1つの表示パネルにシェアする。例えば、主表示パネル13がオン状態にある場合、処理ユニット17は、内容共有ボタン19からの操作信号を受信すると、主表示パネル13の現在の表示画面を補助表示パネル14にシェアする。これにより、主表示パネル13及び補助表示パネル14は、同じ画面を同時に表示し、携帯式電子装置100を手に持っている人は他人と表示画面をシェアすることができる。
【0016】
上記の実施形態から分かるように、ユーザは携帯式電子装置100を使用して、人物又は風景を撮影する際、カメラレンズ12aを被写体にフォーカスして、主表示パネル13を介して、カメラ12がキャプチャした画像を確認できるため、シャッターを押すと、理想的な画像を得ることができる。また、ユーザは本考案の携帯式電子装置100を使用して、自分撮りする際、カメラレンズ12aを自分にフォーカスして、制御スイッチ18を介して補助表示パネル14を起動する。この時、ユーザは、補助表示パネル14を介してカメラ12によりキャプチャされた自分の画像が見えるため、最適な画像を確定できるため、シャッターを押すと、理想的な自分の写真を得ることができる。
【0017】
また、変形例として、携帯式電子装置100の処理ユニット17は、主表示パネル13及び補助表示パネル14からユーザまでの距離関係に基づいて、対応する表示パネルを起動し、他の1つの表示パネルをオフすることによって、電力を節約することができる。
【0018】
100 携帯式電子装置
11 本体部
111 第一表面
112 第二表面
1121 光透過孔
12 カメラ
12a カメラレンズ
13 主表示パネル
14 補助表示パネル
15 表示制御ユニット
151 第一表示制御ユニット
152 第二表示制御ユニット
16 感知ユニット
17 処理ユニット
18 制御スイッチ
19 内容共有ボタン

(57)【要約】

【課題】優れた自分撮り機能を備えた携帯式電子装置を提供する。【解決手段】携帯式電子装置100は、互いに対向して配置された第一表面及び第二表面を含む本体部と、本体部内に装着されたカメラ12と、本体部の第一表面に設けられた主表示パネル13と、を備える。携帯式電子装置100は、第二表面に設けられた補助表示パネル14及び表示制御ユニット15をさらに備え、表示制御ユニット15は、カメラ12、主表示パネル13及び補助表示パネル14にそれぞれ電気的に接続されて、カメラ12が撮影した画像データを受信し、且つ画像データを処理して、処理された後の画像データを主表示パネル13又は補助表示パネル14に伝送する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):