(54)【考案の名称】特殊折り紙用紙

(73)【実用新案権者】アンビーテン株式会社

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特殊な立体的模型を一枚の紙で折り曲げや切り込みを入れて形成出来る特殊折り紙用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
一枚の用紙で特殊な立体模型を作る技術は公知のものであり、これに用いられる用紙も各種のものがある。しかしながら、本考案のように極めて特殊な立体的模型を比較的簡単に、かつ正確に作り上げる単純な形態の用紙については見当らない。
本願出願人の調査によると次の「特許文献1」があるが、後に説明する本願とは相違するものである。
【0003】

【効果】

【0009】
本考案の請求項1の特殊折り紙用紙によれば、特殊な立体的模型を各種の線群を組み合わせ、これ等に従って折り曲げ、切り込みを入れることにより今までにない特殊な立体的模型を作成することが出来る。
【0010】
また、本考案の請求項2の特殊折り紙用紙によれば、使用する用紙の材質は何でもよいがセラミック用紙を用いることにより、比較的頑強な立体的模型を作ることが出来る。
【0011】
また、請求項3の特殊折り紙用紙によれば、用紙の各線群の一例が明示され、早速の実施が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案に使用される用紙を示す平面図。
【図2】用紙の詳細構造を説明するための平面図。
【図3】本考案の用紙を用いて作成された立体的模型の一実施例を示す斜視図。

【0013】
以上、本考案の特殊折り紙用紙の実施の形態を図面を参照して詳述する。
【0014】
図1に本考案の1つの実施例である特殊折り紙用紙100を示す。
中心点0を中心として3つの群が形成されている即ち、放射線群1と同心円群2と縦横線群3が夫々等間隔に形成されている。
【0015】
放射線群1は中心点0から放射線状に広がる群図であり、本実施例では36等分(間隔10°)で形成されているがこれに限定するものではない。
【0016】
同心円群2は図示のように中心点0を中心とした円心円であり、本実施例では6mmの間隔で形成されているがこれに限定するものではない。
【0017】
縦横線群3は中心点0を通る縦線及び横線を基にして等間隔で縦方向及び横方向に平行に広がる群図からなる。なお、本実施例では線間の間隔は6mmのものからなるがこれに限定するものではない。
【0018】
本考案では、以上の放射線群1と同心円群2と縦横線群の3つの群図からなるが、その群図は一枚の紙の表裏に同一のものが形成されている点に特徴を有する。
また、その群図も全く同一位置に重なり合って形成されている。
【0019】
以上の特殊折り紙用紙100を用いて立体的模型を作り上げる方法については1つのノウハウであり、教室を開いて指導しているものからなり、ここでは開示しない。
図3はその一例の錐形立体的模型200を示したものであり、線群に沿って折り曲げ又は切り込みを入れることにより複雑な立体的模型が形成されている。
【0020】
本考案は、以上の内容のものからなるが、本考案はこの内容に限定するものではなく、同一技術的範囲のものが適用されることは勿論である。
【産業上の利用可能性】
【0021】
本考案は、色々な多種類の立体的模型を作ることが出来、タイヤも作成可能であり、その利用範囲は極めて広い。
【0022】
1 放射線群
2 同心円群
3 縦横線群
100 特殊折り紙用紙
200 錐形立体的模型

(57)【要約】

【課題】一枚の折り紙用の用紙を用いて各種の立体的模型を形成することが出来る特殊折り紙用紙を提供する。【解決手段】立体的模型を紙により形成するために使用する特殊な折り紙用用紙であって、一枚の紙の表裏に全く同一の図形を背中合わせの同一位置に形成するものからなり、図形は、中心点より放射状に全周に対して広がる放射線群1と、前記中心点を中心として同一間隔で広がる同心円群2と、前記中心点を縦横に直角に通る線と夫々同一間隔で平行に形成される縦横線群3とから形成される。その図形を折り曲げ又は切り込みを線に沿って入れることにより所望の模型を形成することが出来る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):