(54)【考案の名称】ケーシングアタッチメント及び携帯電子機器ユニット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、様々な適用分野における使用のために、携帯電子機器について、液体が入った保護ケーシングを収納し持ち運ぶことができるようにすることに関する。本考案は、携帯電話、携帯音楽プレーヤーおよび携帯ビデオプレーヤーなどの携帯電子機器に関する。

【従来の技術】

【0002】
比較的多くの場合、人々は生活の様々な場面において彼らがより良い心地良さを感じるために大いに役立ち得る少量の様々な液体または香料を欠いている場面に遭遇する。
このことは、香水、デオドラント、殺菌剤(すなわち、手の除菌用ローション)、虫よけスプレー、髭剃り後につけるローション、口臭または口腔乾燥治療薬、ヴィセージリフレッシュウォーターまたはOCスプレー(護身用の催涙スプレーとして知られている)などの様々な種類の液体物質に関する。
【0003】
多くの場合、人々はクラブやダンス場にいる時もしくはデートまたはアウトドア活動の際にバッグやクラッチバッグを持ち歩きたくない。
通常、彼らのポケットの中には鍵、財布および携帯電話か他の携帯機器しか入っていない。したがって、人々は“軽快さ”と習慣的に用いる物(心地よさを生み出してくれる物)との間で妥協しなければならない。
【0004】
本考案の目的は、個人が種々のアイテムを持ち運ぶことを可能にする構成を作り出すことであり、可能な限りシンプルな最少の必要要素の態様で、機能性が向上し、かつ、使用が単純化されたアイテムが携行されることを許容する。
【0005】
本考案によれば、前記目的は携帯電子機器用のケーシングアタッチメントにより達成され、前記ケーシングアタッチメントは携帯電子機器の枠に取り付けられる取付手段と、液体を噴霧するための噴霧手段および液体容器とを有する噴霧ユニットと、を備える。
これにより、日常生活において常に持ち歩く携帯電話や他の電子機器等と同じように、いつでもどこでも必要な液体を手元に持つことが可能となる。
対象となる装置は様々な形状であり、かつ、様々な目的の物である。たとえば、MP3プレーヤー、携帯電話、スマートフォン、ネットブック、タブレットコンピュータなどであり、最近では、これらは実際に全ての年代の男女にとっていつでもどこでも利用可能となっている。
【0006】
現代の携帯電子機器の普及により、携帯電子機器は日常のケアに必要な物質をいつでも携行することができる手段となった。携帯電子機器を携帯する者は最小限のアイテムを持ち運ばなければならない。なぜならば、上述した心地良さ又は健康的に重要な液体は例えば携帯電話、スマートフォン、ネットブック、MP3プレーヤーおよびその他の携帯機器に組み込まれているからである。
【0007】
本考案による前記液体容器は使い捨て用のユニット、または液体を収容している詰め替え可能なユニットとして使用される。
【0008】
“液体”とは、通常、種々の密度を有する液体を意味する。携帯電話の場合、再装填用ユニットがバッテリーの上方で機器の背面において保持されるカートリッジの形状で提供され得る。
すなわち、ディスプレーと反対側の側面において保持され、前記ユニットと一体の噴霧手段により中身が噴霧される。前記再装填用ユニットのチャージャは“ドッキング”ボトルの形状、または容器の形状で提供され、前記容器の場合、再装填のために手動でスロット内へ液体容器をスライドまたは押し込むことで挿入され得る。
ショッピングセンターは、液体容器に異なる種類の液体が再充填される自動ドケッティングステーションの使用を提供してもよい。
【0009】
本考案の好ましい実施形態は、着脱自在に前記噴霧ユニットを収容する受入手段を備える前記ケーシングアタッチメントを提供する。
これにより、前記液体容器内の液体が消費された後に前記液体容器および前記噴霧手段を新たな液体容器および噴霧手段に取り換えることが可能となる。
【0010】
本考案の更に好ましい実施形態は、前記ケーシングアタッチメントの取付手段が弾性保持要素を有する着脱容易なスナップ式の留め具であり、前記弾性保持要素は前記携帯電子機器の前記枠の少なくとも一部と形状が一致し、これにより、前記携帯電子機器の前記枠に対して前記ケーシングアタッチメントの着脱可能な取り付けが可能となる。
【0011】
前記弾性保持要素の数および配置が前記携帯電子機器の前記枠の角の数および配置に対応しており、前記枠の角が前記弾性保持要素により少なくとも一部が覆われ得る場合、特に有利である。
これにより、極めてシンプルでコンパクトなケーシングアタッチメントの構造が可能となり、前記アタッチメントは上述の着脱容易なスナップ式の留め具により取り付けの信頼度が高い。
本形態の更に有利な点は、携帯電子機器の枠に関して前記ケーシングアタッチメントは更なる追加の手段を必要とすることなく既存の枠に使用できることである。
【0012】
前記ケーシングアタッチメントが携帯電話に用いられる場合、本考案は特に有利である。なぜならば、携帯電話はより頻繁に携行されるアイテムだからである。
【0013】
本考案のケーシングアタッチメントについて、前記ケーシングアタッチメントが前記携帯電子機器に取り付けられた際に前記携帯電子機器の作動を許容する少なくとも1つの構造要素を備えることが便利である。
携帯電話の場合、前記構造要素は開口を形成し、前記開口の位置は、前記携帯電話に取り付けられた状態で、前記携帯電話に組み込まれているレンズの位置と対応している。
更に、前記ケーシングアタッチメントの開口または切欠きは前記携帯電話の制御要素への自由なアクセスを可能にする。
【0014】
好ましくは、前記噴霧手段および液体容器は別々のパーツであり、互いに取り外し可能に連結される。
【0015】
本考案の別の目的は、ケーシングアタッチメント及び携帯電子機器を備える携帯電子機器ユニットであり、その形態は上述のとおりである。
【図面の簡単な説明】
【0016】
本考案の実施例は添付の図面により詳細に説明される。
【図1】図1は噴霧手段および液体容器を備える本考案にしたがったケーシングアタッチメントの分解斜視図である。
【図2】図2は携帯電話および前記ケーシングアタッチメントの分解斜視図である。
【図3】図3は図2の携帯電話がケーシングアタッチメントに取り付けられた後方斜視図である。
【図4】図4は図2の携帯電話がケーシングアタッチメントに取り付けられた前方斜視図である。

(57)【要約】

【課題】様々な適用分野における使用のために、携帯電子機器について、液体が入った保護ケーシングを収納し持ち運ぶことが出来るようにするケーシングアタッチメント及び携帯電子機器ユニットを提供する。【解決手段】携帯電子機器のためのケーシングアタッチメント1に関し、アタッチメント1を携帯電子機器の枠12に取り付ける取り付け手段と、液体を噴霧するための噴霧手段5および液体容器7を有する噴霧ユニット19と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):