(54)【考案の名称】携帯用電子機器の自分撮りスティック

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特にタッチパネルまたはスマホを取り付けて自分撮りできる道具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
既存のスマホやタッチパネルなどの携帯用電子機器には殆どカメラが付いており、その携帯用電子機器を有すれば、写真を撮ったりフィルムを撮影したりすることができて非常に便利であった。さらに、既存の携帯用電子機器にフロントカメラを設置するものもあるので、使用者がフロントカメラを利用して自分撮りできる。使用する時に、使用者がフロントカメラを切り替えて自分に向かうように適当な角度に調整し、人物と背景との映り具合をモニターでチェックしながら、バランスがよい画面を自分撮りできる。
【0003】
しかしながら、使用者が片手で携帯用電子機器を持ちながら撮影するのは本当に難しくて、人物と背景を一緒に撮るためにも、カメラ持ちの手が遠くまで伸びなければならなく、なお、その携帯用電子機器のサイズが大きければ大きいほど持ち難くすることから、不注意で携帯用電子機器を落として壊れてしまうおそれがあり、或いは、ついモニターを触ったりシャッターを切ったりして写真をうまく撮れないという問題もあった。
【0004】
上述した問題を解決するために、自分撮りスティックを開発した。携帯用電子機器を自分撮りスティックに装着すると、簡単に自分撮りできる。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、既存の自分撮りスティックを用いて簡単に自分撮りできるが、その構造が複雑で体積も大きいと共に、重くて持ち運び難いという問題があった。

【効果】

【0012】
本考案に係る携帯用電子機器の自分撮りスティックは、それらの保持爪との間の距離を自由に調整することができるので、携帯電話やタッチパネルなどのサイズが異なる携帯用電子機器をしっかりと挟持することができ、使用者が自分撮りできると共に、携帯用電子機器を落とすことも防止でき、不注意でモニターを触ったりシャッタを押したりすることを減少する。また、本考案に係る携帯用電子機器の自分撮りスティックを用いて携帯用電子機器により自分撮りできるだけではなく、人物または風景を撮影する時にも使用でき、操作上、非常に便利である。さらに、使用者が自分撮りスティックに携帯用電子機器を装着すると、そのカメラで写真を撮るだけではなく、ホームページを読んだり、インタネットでテレビを見たり、テレビ電話したり、ゲームをしたりすることもでき、体積が小さいと共に、重さが軽くてコンパクトで持ち運びやすく、生産コストも安くて、実用性が高い。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の第一実施例の前面視平面図である。
【図2】本考案の第一実施例の側面視断面図である。
【図3】本考案の第一実施例の他の側面視断面図である。
【図4】本考案の第一実施例において、使用状態を示す説明図である。
【図5】本考案の第二実施例の側面視平面図である。
【図6】本考案の第三実施例の前面視部分断面図である。
【図7】本考案の第三実施例において、使用状態を示す説明図である。
【図8】本考案の第四実施例の側面視断面図である。
【図9】本考案の第四実施例の他の側面視断面図である。
【図10】本考案の第四実施例において、使用状態を示す説明図である。
【図11】本考案の第五実施例において、使用状態を示す説明図である。

【0014】
以下、添付図面を参照して本考案の好適な実施の形態を詳細に説明する。尚、下記実施例は、本考案の好適な実施の形態を示したものにすぎず、本考案の技術的範囲は、下記実施例そのものに何ら限定されるものではない。
【0015】
図1乃至図3に示すように、本考案に係る携帯用電子機器の自分撮りスティックは、本体10を有し、該本体10は、柄部11と、復位部材12と、2つの保持爪13と、を備え、それらの保持爪13との間の距離を調整することができる。
【0016】
図1乃至図4に示すように、第一実施例において、その本体10は、内部にスペース14が形成され、上部に開口が形成され、該開口の内周面に環状の凸縁が設けられ、該凸縁の底面に第一端面15が形成される。その2つの保持爪13は、上下相対するように配置され、下側の保持爪13は、本体10の外周面に設けられ、上側の保持爪13は、開口から突出するように伸縮可能に本体10に取り付けられる。なお、その上側の保持爪13の下部に調整棒16が延設され、該調整棒16が上下摺動可能にスペース14に挿設され、該調整棒16の下端に棒体の外径より大径のヘッドが設けられ、該ヘッドの上面に第二端面17が形成される。前記復位部材12は、調整棒16に環設され、一端が第一端面15に、他端が第二端面17に当接するように取り付けられる。
【0017】
図5に示すように、本考案の第二実施例は、殆ど第一実施例と同一であるが、本体10の柄部11の開口近傍の外周面にクリップ20が取り付けられることが異なる。また、その復位部材12はばねであることが好ましい。
【0018】
図6及び図7に示すように、本考案の第三実施例は、本体10を有し、該本体10は、2つの復位部材12及び2つの保持爪13aを備える。その本体10における柄部11の上端に支持棒18が横方向に設けられ、該支持棒18の内部にスペース14aが形成され、該支持棒18の両端にそれぞれ開口が形成され、該開口の内周面に環状の凸縁が設けられ、該凸縁の内面に第一端面15aが形成される。それらの2つの保持爪13aは、左右相対するように配置され、該各保持爪13aは、開口から突出するように伸縮可能に支持棒18に取り付けられ、内部に第二調整棒16aが横方向に沿って延設され、該第二調整棒16aの内端により大径のヘッドが設けられ、該ヘッドの内面に第二端面17が形成される。該復位部材12は、第二調整棒16aに環設され、一端が第一端面15aに、他端が第二端面17aに当接するように取り付けられる。また、該支持棒18に支持面が形成される。
【0019】
図8乃至図10に示すように、本考案における第四実施例は、本体10を有し、該本体10は、復位部材12及び2つの保持爪13bを備える。その本体10における柄部11の上端に支持棒18bが横方向に設けられ、該支持棒18bの内部にスペース14bが形成され、該支持棒18bの一端に開口が形成され、該開口の内周面に環状の凸縁が設けられ、該凸縁の内面に第一端面15bが形成される。該柄部11に支持部19が設置される。それらの保持爪13bは、左右相対するように配置され、一方の保持爪13bは、支持棒18の外周面に設けられ、他方の保持爪13bは、開口から突出するように伸縮可能に支持棒18に取り付けられ、内部に調整棒16bがスペース14bへ延設され、該調整棒16bの内端により大径の第二端面17bが形成される。該復位部材12は、調整棒16bに環設され、一端が第一端面15bに、他端が第二端面17bに当接するように取り付けられる。
【0020】
図3、図7、図9に示すように、本考案に係る携帯用電子機器の自分撮りスティックは、2つの保持爪13、13a、13bとの間の距離を調整することができる。図4、図7、図10、図11に示すように、タッチパネルまたはスマホなどの携帯用電子機器30を縦方向または横方向にその自分撮りスティックの2つの保持爪13、13a、13bの間に装着して保持することができる。
【0021】
図3及び図4に示すように、携帯用電子機器30を縦方向に置いて上下配置の保持爪13の間に保持する時に、まず上側の保持爪13を上方へ引き上げて携帯用電子機器30を2つの保持爪13の間に放置し、この時、保持爪13の調整棒16も上方へ移動したことから、その底端の第二端面17により復位部材12を圧縮し、その復位部材12の付勢力によって上側の保持爪13を下方へ復位させ、それによれば、携帯用電子機器30をしっかりと挟持できる。
【0022】
図7に示すように、携帯用電子機器30を横方向に置いて左右配置の保持爪13aの間に保持する時に、まずその保持爪13aをそれぞれ右側または左側へ引いて携帯用電子機器30を保持爪13aの間に放置し、この時、第二調整棒16aもそれぞれ右側または左側へ移動したことから、その内端の第二端面17によりそれぞれ対応する復位部材12を圧縮し、その復位部材12の付勢力によって元に復位させるために、携帯用電子機器30をしっかりと挟持できる。
【0023】
図10に示すように、携帯用電子機器30を横方向に置いて左右配置の保持爪13bの間に保持する時に、まず携帯用電子機器30における、底部が支持部19に、一側が一方の固定している保持爪13bと接触するように放置し、他方の保持爪13bを該一方の保持爪13bから離れるように引き、この時、第二調整棒16bの内端の第二端面17により復位部材12を圧縮し、その復位部材12の付勢力によって元に復位させるために、携帯用電子機器30をしっかりと挟持できる。
【0024】
上述したように、使用者が保持爪を利用して携帯用電子機器30を保持する時に、片手で柄部11を持って簡単に自分撮りでき、また、カメラを上がったり、横に移動したりして、周りの人や障害物を避けるなどの状況であっても自由に操作でき、使用上に非常に便利である。また、不注意でモニターやシャッタを触って誤動作をしてしまうことも減少できる。本考案の携帯用電子機器の自分撮りスティックは、軽くてコンパクトであることから、カバンに収納してもよく、クリップ20によってカバンやポケットに掛止してもよい。
【0025】
さらに、本考案に係る携帯用電子機器の自分撮りスティックにおいて、保持爪13、13a、13bとの間の距離を自由に調整することができることから、使用者が柄部11を持って保持爪13によりタイプが異なる携帯用電子機器30でもしっかりと挟持できる。また、本考案に係る携帯用電子機器の自分撮りスティックは、従来の携帯電子機器のサイズが大きければ大きい程持ちにくいという問題を解除し、自分撮りに利用できるだけではなく、人物または風景を撮影する時にも使用でき、操作上、非常に便利である。また、使用者が自分撮りスティックに携帯用電子機器を装着すると、カメラで写真を撮るだけではなく、ホームページを読んだり、インタネットでテレビを見たり、テレビ電話したり、ゲームをやったりすることもでき、実用性が高い。
【0026】
10 本体
11 柄部
12 復位部材
13、13a、13b 保持爪
14、14a、14b スペース
15、15a、15b 第一端面
16、16a、16b 調整棒
17、17a、17b 第二端面
18、18b 支持棒
19 支持部
20 クリップ
30 携帯用電子機器

(57)【要約】

【課題】タッチパネルまたはスマホを取り付けて自分撮りできる道具を提供する。【解決手段】携帯用電子機器の自分撮りスティックは、柄部11と、復位部材と、該復位部材により互いの間の距離が摺動自在に調整できる2つの保持爪13と、を備える本体10を有するものである。これにより、タッチパネルまたはスマホなどの携帯用電子機器を縦方向または横方向にその自分撮りスティックの2つの保持爪13の間に装着して保持することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):