(54)【考案の名称】携帯式ソーラー充電器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、充電器に関し、特に、ソーラーエネルギーを利用して電気エネルギーを発生する携帯式ソーラー充電器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
通常、多くの電子製品が重複に充電することが可能な充電電池を利用することにより、地球環境を保護する目的を達成する。充電電池の電力が切れると、充電器に入れて充電することが必要である。従来の充電器は、商用電源の電力を変圧器によって一定の電圧に変圧して充電電源として、充電電池を充電する。
【0003】
しかし、ユーザが商用電源の電力を供給するソケットを見付けられない場所(例えば田舎や不毛の山など)では、このような充電器を利用することができない。
【0004】
このような問題を解決するために、多くのソーラー充電器が市販されている。しかし、このような充電器のソーラーパネル及び電池台が充電器に固定されているため、ソーラーパネルと電池台のうちの一つが故障すると、電池を充電することができない。このように、ユーザは電器(例えば携帯電話やタブレットパーソナルコンピュータなど)を利用することができない。
【0005】
故障したソーラーパネル又は電池台を直接に交換することができないため、ユーザは、故障したソーラー充電器を廃棄して、新品のソーラー充電器を購入することが必要である。このように、経済的負担が重くなり、そして廃棄するソーラー充電器のなかに使用できる部品があるため、全体のソーラー充電器を廃棄すると、資源を無駄にするという問題があった。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
本考案の主な目的は、身の回りに携帯することが可能であり、ソーラーパネルと電池台を便利に交換することが可能な携帯式ソーラー充電器を提供することにある。

(57)【要約】

【課題】身の回りに携帯することが可能であり、ソーラーパネルと電池台を便利に交換することが可能な携帯式ソーラー充電器を提供する。【解決手段】本体1は、複数のプレートとスライドカバー12とを有する。複数のプレートから収容空間が構成され、複数のプレートは、底板と、前板と、後板と、二つの側板と、を含む。底板の少なくとも一部は半透明部である。二つの側板は、前板と後板の間にそれぞれ設けられており、それぞれに第1レール溝が設けられている。スライドカバー12は、二つの第1レール溝に摺動可能に設けられている。電池台は本体1に脱着可能に設けられている。ソーラーモジュールは、収容空間に脱着可能に収容されており、電池台と電気的に接続している。ソーラーモジュールは少なくとも一つの吸光面を有し、吸光面は底板の半透明部に面している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):