(54)【考案の名称】ポストカード

(73)【実用新案権者】株式会社LIMIX

(73)【実用新案権者】株式会社三宝

(73)【実用新案権者】合同会社テイク

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ステッカーを備えるポストカードに関する。

【従来の技術】

【0002】
特許文献1に、装飾用ステッカーを備える絵葉書(ポストカード)が開示されている。係る特許文献1の絵葉書では、裏面に葉書印刷部が形成され、上面に絵印刷部および離型皮膜層が形成された剥離台紙と装飾用ステッカーとを備えている。装飾用ステッカーは、離型皮膜層上に、粘着剤層、ベース層、模様印刷部を記載順に下側から積層することで形成されている。粘着剤層は、油性粘着剤あるいは水性粘着剤で構成されている。
【0003】
特許文献2に、ハガキ(ポストカード)の片面にステッカーを貼り付けたステッカー付きのハガキが開示されている。係る特許文献2のハガキでは、ステッカーの非印刷面に弱粘着層を形成し、この弱粘着層を台紙の平滑面に接着することにより、ステッカーがハガキと一体化されている。
【0004】

【効果】

【0013】
本考案のポストカードにおいては、カード本体1のステッカー貼付エリア7に接着されるステッカー2の接着層11を、接着と剥離とを繰り返すことができる再接着性を備えるものとした。これによれば、壁面やガラス面などに対するステッカー2の再接着および再剥離を自在に行うことができる。これに伴い、ポストカードを受取ったユーザーは、壁面やガラス面などへ、ステッカー2を躊躇することなく気軽に接着させることができ、また、剥離の際にもステッカー2を簡便に剥離することができるので、ポストカードのステッカー2を有効に利用できる。従って、ステッカーを利用することにためらいを感じていた従来のポストカードに比べて、より興趣に富むポストカードを得ることができる。
【0014】
再接着性を備える接着層11を表面に微小凹部を多数備えたミクロ吸盤シート13で構成すると、ミクロ吸盤シート13は、多数のミクロ吸盤の吸着作用を利用するので、壁面やガラス面などが凹凸面を有する場合であっても、ミクロ吸盤シート13と凹凸面とが接触する部分で吸着作用を発揮して、ステッカー2を確実に接着することができる。加えて、ミクロ吸盤シート13で構成される接着層11には粘着剤が含まれていないので、壁面やガラス面などにステッカー2の貼り跡が残ることがない。粘着剤を含まない接着層11は、溶剤による肌アレルギーを懸念することもない。さらに、ミクロ吸盤シート13の接着力が低下した場合には、中性洗剤などでミクロ吸盤シート13の吸着面を洗浄することにより、接着力を回復させることができるので、ステッカー2を長期にわたって使用することができる。
【0015】
ステッカー貼付エリア7に設けた表面が平滑な貼付層8を介してステッカー2をカード本体1に接着すると、貼付層8に接着層11の吸着面を密着させることができ、接着層11が持つ接着力を最大に発揮させることができる。これにより、ポストカードの配送過程において、意図せずカード本体1からステッカー2が剥がれるのを防ぐことができる。
【0016】
ステッカー貼付エリア7を、剥離可能な保護シート30で覆うと、ステッカー2がカード本体1から捲れようとするのを保護シート30で阻止できる。従って、ポストカードの配送過程において、ステッカー2が他物と接触してカード本体1から剥がれ落ちるのを防止でき、さらに、ステッカー2が他物と接触して破損し、あるいは汚損されるのを確実に防止できる。
【0017】
ステッカー貼付エリア7が設けられるカード本体1の裏面1bが内面側に位置するようにカード本体1を長辺の中央で均等に2つ折りにし、折り位置を除く3方の周縁部を接着して、カード本体1を密閉袋状に形成すると、ステッカー2の外面をカード本体1で覆い隠して保護することができる。従って、ステッカー2が他物と接触して破損し、あるいは汚損されるのをさらに確実に防止できる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本考案の実施例1に係るポストカードの斜視図であり、ステッカーをポストカードから剥離した状態を示している。
【図2】(a)はカード本体の表面を示すポストカードの正面図であり、(b)はカード本体の裏面を示すポストカードの背面図である。
【図3】図2におけるA−A線断面図である。
【図4】本考案の実施例2に係るポストカードの斜視図であり、ステッカーをポストカードから剥離した状態を示している。
【図5】本考案の実施例3に係るポストカードの斜視図である。
【図6】本考案の実施例4に係るポストカードの斜視図であり、(a)は開封前の状態を示しており、(b)は開封後の状態を示している。

【0019】
(実施例1) 図1から図3は本考案に係るポストカードを、広告提供者が広告宣伝や販売促進を行う営業ツールとして使用した実施例を示す。本考案における左右、上下とは、図1に示す矢印と、各矢印の近傍に表記した左右、上下の表示に従う。図1において、ポストカードは、カード本体1とカード本体1に接着されるステッカー2とで構成されている。カード本体1は市販の郵便はがきを使用しており、短辺が100mmであり、長辺が148mmである。
【0020】
図2に示すように、カード本体1の表面1aには、上半部に送付先表示エリア4が設けられ、下半部に情報表示エリア5が設けられている。送付先表示エリア4には、広告提供者の顧客の住所、氏名、顧客を識別するIDナンバーなどが印刷される。情報表示エリア5には、イベントやキャンペーンなどの情報、商品広告などが印刷される。また、顧客を担当する企業の担当者が交代した場合には、旧担当者の挨拶や新担当者の紹介を印刷することで、遠方で直接訪問できない顧客に対して担当者が交代した旨を通知することができる。
【0021】
カード本体1の裏面1bには、上半部に広告提供者表示エリア6が設けられ、下半部にステッカー貼付エリア7が設けられている。広告提供者表示エリア6には、情報表示エリア5の情報を提供する広告提供者の企業名、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス、一次元バーコード、二次元コードなどが印刷される。上記各表示エリア4・5・6は、凸版印刷、オフセット印刷、レーザ式またはインクジェット式プリンタによる印刷など公知の印刷手法で印刷できる。ステッカー貼付エリア7には、表面が平滑なプラスチックフィルムで形成される貼付層8が設けられている。貼付層8は、カード本体1の裏面1bの下半部全体を覆うように設けられており、貼付層8に塗布した接着剤で、カード本体1の裏面1bに分離不能に接着固定されている。この貼付層8上にステッカー2を接着することにより、ステッカー2は、貼付層8を介してカード本体1に接着される。
【0022】
図1および図3に示すようにステッカー2は、プラスチックシートからなるステッカー本体10と、ステッカー本体10の一方の面に設けられる接着層11とを備えている。接着層11は、接着と剥離とを繰り返すことができる再接着性を備えている。具体的には、接着層11は、表面に微小凹部を多数備えたミクロ吸盤シート13で構成されている。ミクロ吸盤シート13は、油性粘着剤あるは水性接着剤を含まず、その表面の微小凹部からなる多数のミクロ吸盤の吸着作用を利用して接着力を発揮するようになっている。これより、接着面へのステッカー2の再接着および再剥離を自在に行うことができる。ステッカー本体10とミクロ吸盤シート13とは、ステッカー本体10に塗布した接着剤で接着固定されている。ステッカー2は、ミクロ吸盤シート13の吸着作用により、ステッカー貼付エリア7の貼付層8上に接着されている。ステッカー本体10の他方の面には、絵柄、文字、図形、キャラクターなどで構成される印刷層12が設けられている。印刷層12は、先の各表示エリア4・5・6と同様に、凸版印刷、オフセット印刷、レーザ式またはインクジェット式プリンタによる印刷など公知の印刷手法で印刷できる。
【0023】
本実施例のポストカードは、例えば以下の方法で製造できる。まず、カード本体1(郵便はがき)は、情報表示エリア5および広告提供者表示エリア6にレーザ式プリンタを用いて、広告情報と広告提供者の内容を印刷する。こののち、ステッカー貼付エリア7にポリプロピレンフィルムを接着固定し、貼付層8を形成する。ステッカー2は、所定寸法(例えばA4サイズ)に裁断したステッカー本体10とミクロ吸盤シート13とを接着固定する。このとき、ミクロ吸盤シート13の外側面(吸着面)には、剥離紙を貼り付けて吸着面への汚れの付着を防止する。次に、ステッカー本体10に所望の印刷層12を上記の印刷手法で印刷し、印刷層12が乾燥したのち、カッティングマシンを用いて、所望の形状に切り抜くことにより、ステッカー2を製造することができる。本実施例では、印刷層12として鳥が飛んでいる状態をイラスト化した絵柄が印刷してある。ステッカー本体10および接着層11は、印刷層12の外形形状に近似するひとまわり大きな形状に切り抜いてある。ステッカー2を製造したのちは、剥離紙を剥がしてステッカー貼付エリア7の貼付層8上にステッカー2を接着して、カード本体1とステッカー2とを一体化することにより、ステッカー2を備えるポストカードを得ることができる。上記製造方法は、ポストカードが小ロットの場合に適している。使用時には、得られたポストカードの送付先表示エリア4に顧客の住所、氏名等を印刷したのち発送する。
【0024】
ポストカードを子供のいる顧客に送付する場合には、ステッカー2を子供の成長に応じて、そのときの身長を壁面に表示するウォールステッカーとして利用できることを情報表示エリア5に記載して、半年毎など定期的に顧客に送付すれば、広告宣伝や販売促進のための営業ツールとしてポストカードを有用に活用できる。
【0025】
(実施例2) 図4に本考案に係るポストカードの実施例2を示す。この実施例では、ステッカー2をカード本体1と同サイズに形成した点と、貼付層8をカード本体1の裏面1bの全面を覆うように設けた点が、先の実施例1と大きく異なる。カード本体1の表面1aの上半部には、送付先表示エリア4が設けられており、下半部には、広告提供者表示エリア6が設けられている。また、カード本体1の裏面1bの略全面には、情報表示エリア5が設けられており、情報表示エリア5は、ステッカー貼付エリア7を兼ねている。ステッカー貼付エリア7には、貼付層8が設けられるが、情報表示エリア5を、視認できるようにするために、貼付層8は透明のポリプロピレンフィルムで形成し、透明の接着剤を用いて貼付層8をカード本体1に接着固定している。これにより、貼付層8を介して情報表示エリア5が視認できる。
【0026】
ステッカー2は、カード本体1と同じ短辺寸法および長辺寸法のステッカー本体10とミクロ吸着シート13(接着層11)とで構成されており、中央の第1ステッカー21と、第1ステッカー21を囲む第2ステッカー22とに分離できるように構成されている。第1ステッカー21と第2ステッカー22とは、周回状の切込み23で区分されており、切込み23は、8ヶ所の接続部24を介して断続している。全部の接続部24を切取ることにより、第1ステッカー21と第2ステッカー22とは分離することができる。第1ステッカー21には第1印刷層25が設けられており、第2ステッカー22には第2印刷層26が設けられている。それ以外の点は、先の実施例1と同様であるので、同一の部材には同様の符号を付して、その説明を省略する。本実施例では、ステッカー2を剥がしたときに初めて情報表示エリア5を視認できるので、情報表示エリア5の情報や商品広告のインパクトを高める効果が期待できる。
【0027】
以上のように、上記各実施例に係るポストカードによれば、カード本体1に接着されるステッカー2の接着層11を、接着と剥離とを繰り返すことができる再接着性を備えるものとしたので、壁面やガラス面などに対するステッカー2の再接着および再剥離を自在に行うことができる。これに伴い、ポストカードを受取った顧客は、ステッカー2を、壁面やガラス面へ躊躇することなく気軽に接着させることができ、また、剥離の際にもステッカー2を簡便に剥離することができるので、ポストカードのステッカー2を有効に利用できる。従って、ステッカーを利用することにためらいを感じていた従来のポストカードに比べて、より興趣に富むポストカードを得ることができる。ステッカー2が有効に利用できることに伴って、ポストカードに印刷されている情報や商品広告などが顧客の目に留まることが期待できる。
【0028】
また、接着層11をミクロ吸盤シート13で構成したので、接着面となる壁面やガラス面などが凹凸面を有する場合であっても、ミクロ吸盤シート13が壁面やガラス面などと接触する部分で吸着力を発揮して、ステッカー2を確実に接着することができる。加えて、ミクロ吸盤シート13で構成される接着層11には粘着剤が含まれていないので、壁面やガラス面などにステッカー2の貼り跡が残ることがない。粘着剤を含まない接着層11は、溶剤による肌アレルギーを懸念することもない。さらに、ミクロ吸盤シート13の接着力が低下した場合には、中性洗剤などでミクロ吸盤シート13の吸着面を洗浄することにより、接着力を回復させることができるので、ステッカー2を長期にわたって使用することができる。
【0029】
表面が平滑な貼付層8を介してステッカー2をカード本体1に接着したので、貼付層8にミクロ吸盤シート13(接着層11)の吸着面全体を密着させることができ、ミクロ吸盤シート13が持つ吸着力(接着力)を最大に発揮させることができる。これにより、ポストカードの配送過程において、意図せずカード本体1からステッカー2が剥がれるのを防ぐことができる。
【0030】
(実施例3) 図5に本考案に係るポストカードの実施例3を示す。この実施例では、ステッカー貼付エリア7の貼付層8を省略した点と、ステッカー貼付エリア7を含むカード本体1の裏面1b全体を、保護シート30で覆った点が先の実施例1と異なる。図5に示すように、保護シート30は、カード本体1と同じ短辺寸法および長辺寸法のプラスチックシートからなり、一方の面の全体に形成された粘着層31を介して、ステッカー貼付エリア7を含むカード本体1の裏面1bに接着されている。粘着層31は弱粘着性の粘着剤からなり、これより、保護シート30はカード本体1の裏面1bから剥離可能に構成されている。保護シート30を剥離することにより、ステッカー2をカード本体1から剥がすことができる。それ以外の点は、先の実施例1と同様であるので、同一の部材には同様の符号を付して、その説明を省略する。このように、カード本体1の裏面1b全体に保護シート30を接着して、ステッカー2の外面を保護シート30で覆ったので、ステッカー2がカード本体1から捲れようとするのを保護シート30で阻止できる。従って、ポストカードの配送過程において、ステッカー2が他物と接触してカード本体1から剥がれ落ちるのを防止でき、さらに、ステッカー2が他物と接触して破損し、あるいは汚損されるのを確実に防止できる。本実施例においては、カード本体1の裏面1b全体を保護シート30で覆うようにしたが、その必要はなく、少なくともステッカー貼付エリア7が保護シート30で覆ってあれば足りる。
【0031】
上記の実施例1から実施例3では、カード本体1として市販の郵便はがきを使用したが、公知の製造方法で製造される郵便はがきと同サイズの私製はがきであってもよい。また、私製はがきのサイズは郵便はがき以外のサイズであってもよく、形状も長方形状に限定されない。カード本体1の表面1aおよび裏面1bの両面にステッカー貼付エリア7を設けて、各ステッカー貼付エリア7・7にそれぞれステッカー2・2を接着してもよい。また、ステッカー2の印刷層12に風景を印刷することにより絵葉書として使用でき、または干支が印刷されたステッカー2を備える年賀状などとしても使用することができる。
【0032】
(実施例4) 図6に本考案に係るポストカードの実施例4を示す。この実施例では、カード本体1を2つ折りにし、ポストカードを密閉袋状に形成した点が先の実施例1と異なる。カード本体1は、短辺が148mmであり、長辺が200mmであり郵便はがきを2枚連結した大きさの横長長方形状に形成されている。図6(a)に示すように、カード本体1の表面1aの左半部には、送付先表示エリア4が設けられており、右半部には、広告提供者表示エリア6が設けられている。図6(b)に示すように、カード本体1の裏面1bの左半部の上下には、情報表示エリア5とステッカー貼付エリア7とが設けられており、右半部には、情報表示エリア5が設けられている。ステッカー貼付エリア7にステッカー2が接着されている。ステッカー貼付エリア7の貼付層8は省略してある。カード本体1は、裏面1bが内面側に位置するようにカード本体1を左右方向(長辺の中央)で均等に2つ折りされており、2つ折りされたカード本体1の折り位置を除く3方の周縁部32を接着して密閉袋状に形成している。この状態のカード本体1は、郵便はがきと同じサイズである。周縁部32の接着は、弱粘着性の粘着剤で接着することが好ましく、これより、接着部分を剥離可能に接着できる。周縁部32を剥離することにより、裏面1b側に露出したステッカー2を剥がすことができる。それ以外の点は、先の実施例1と同様であるので、同一の部材には同様の符号を付して、その説明を省略する。
【0033】
本実施例に係るポストカードによれば、カード本体1を密閉袋状に形成したので、ステッカー2の外面をカード本体1で覆い隠して保護することができる。従って、ステッカー2が他物と接触して破損し、あるいは汚損されるのを確実に防止できる。また、カード本体1の表面積が、郵便はがきの倍の面積であるので、情報表示エリア5を大きくすることができ、その分多くの情報を顧客に配信することができる。なお、カード本体1を密閉袋状に形成した状態のポストカードの大きさは、郵便はがきのサイズに限定されず、例えばA4サイズあるいはそれ以上のサイズであってもよい。要は、密閉袋状のカード本体1は、郵便または宅配などで配送可能なサイズであればよい。
【0034】
上記の各実施例のステッカー2の印刷層12は省略することができ、この場合には、ステッカー本体10の外形形状が絵柄、文字、図形、キャラクターなどに形成してあればよい。印刷層12はカレンダーや広告商品の写真などであってもよい。ステッカー本体10は紙で構成することができる。ステッカー2の製造工程において、ステッカー本体10とミクロ吸盤シート13との接着固定工程と、印刷層12の印刷工程とは、逆の順序で行ってもよい。
【0035】
1 カード本体
2 ステッカー
4 送付先表示エリア
7 ステッカー貼付エリア
8 貼付層
10 ステッカー本体
11 接着層
13 ミクロ吸盤シート
30 保護シート
32 周縁部

(57)【要約】

【課題】ポストカードが備えるステッカーを、再接着および再剥離を自在に行えるステッカーとして、より興趣に富むポストカードを提供する。【解決手段】送付先表示エリアを除くカード本体1の表面または裏面1bの少なくとも一方にステッカー2を接着する。ステッカー2は、ステッカー本体10と、接着層11とを備え、接着層11によりカード本体1に接着される。接着層11を、接着と剥離とを繰り返すことができる再接着性を備えるものとする。これより、壁面やガラス面などに対するステッカー2の再接着および再剥離を自在に行うことができ、これに伴い、ステッカー2を、壁面やガラス面へ躊躇することなく気軽に接着させることができる。また、剥離の際にもステッカー2を簡便に剥離することができる。従って、ポストカードのステッカー2を有効に利用でき、より興趣に富むポストカードを得ることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):