(54)【考案の名称】マッサージローラー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、マッサージローラーに関する。

【従来の技術】

【0002】
ハンディータイプのマッサージローラーとしては、複数のローラーが1組で回転するものが知られている。これらのマッサージローラーに使用されるローラーの基本形状は通常、円柱である。
【0003】
また、被施術者に通常とは異なる感覚を与えるため、ローラーに突起を付けたり、球体のローラーを使用したりするなど、ローラーの形状や皮膚への摺接面に変化を与えたものも多く市販されている。
【0004】

【効果】

【0013】
ローラーの回転軸を中心軸に対して偏芯させて設置すること、及びローラーの形状を楕円柱とすることにより1回転に起こる摩擦挙動に強弱を与え、被施術者に対し、手もみによるマッサージに匹敵する施術感覚を与える。
【0014】
手もみによるマッサージと同等の、高い水分・脂肪の絞り出し効果を生じさせる。
【0015】
本マッサージローラー表面に突起物を設ける、又は/及び本マッサージローラーをEMS(Electric Muscle Stimulation)と呼ばれる電気刺激タイプのマッサージ器に組み入れる構成とすることにより、より相乗的な水分・脂肪の絞り出し効果を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本マッサージローラーの斜視図である。(A)、(B)はそれぞれ経時的に異時点のマッサージローラーの状態を示す。
【図2】本実施形態のマッサージローラーに使用状態を示す縦断面図である。

【0017】
本実施形態においては、請求項2の考案について図を用いて説明する。
【0018】
図1は経時的に異なる時点(A)、(B)におけるマッサージローラー1の状態を示す斜視図である。図に示すように本実施例のマッサージローラーは形状が楕円柱であり、回転軸13は中心軸12に対して偏芯して設置されている。
【0019】
実際に機器に搭載する場合には、複数のマッサ−ジローラー1を、回転軸13を平行にして、平面上又は略円周上に配置する。図2は3個のマッサ−ジローラー1を水平に配置した機器を想定し、ローラー1の筋肉表面2への作用を示すものである。
【0020】
1個のローラー1について1回転中に起こる摩擦挙動が均一でないことに加え、3個のローラー1の各々の摩擦挙動が異なることから、3個のローラー1の筋肉表面2への総体的作用は複数の手による手もみに匹敵するものとなることが、筋肉表面2の動きから理解できる(図2)。
【0021】
以上、本考案の有する特徴及び優れた点を上記実施形態に記載したが、本考案は、本考案の原理の範囲内で、本願の実用新案登録請求の範囲で使用されている言葉を広く一般的な意味にまで広げて実施することが可能である。特に請求項1に記載のマッサージローラーの形状は多角柱その他の形状とすることができるほか、回転軸の偏芯の程度も多様に設定することが可能であり、それらは本考案の技術的範囲に含まれるものと解する。
【0022】
1 マッサ−ジローラー
12 中心軸
13 回転軸
2 筋肉表面

(57)【要約】

【課題】より手もみに近いマッサージ感覚と、高い水分・脂肪の絞り出し効果を有するマッサージローラーを提供する。【解決手段】マッサージ器具に搭載する柱状のマッサージローラーであって、回転軸13を中心軸12に対して偏芯して設ける。柱の形状が楕円柱であることが好ましい。1回転中に起こる摩擦挙動に強弱を起し、手もみによるマッサージに匹敵する感覚を与え、高い水分・脂肪の絞り出し効果を生じさせる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):