(54)【考案の名称】新聞綴じ具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、新聞綴じ部材の内部に新聞を吊下げる支持杆が設けられた新聞綴じ具において、綴じ部材が有する弾力性による押圧を弱め、さらに、新聞記事の一部が綴じ部材で読めないように塞ぐことを改善する新聞綴じ具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、新聞の綴じ具は、新聞を支え保持するカバー部材の内部に支持部材の一端を埋設し、当該支持部材で支えられた新聞が、カバー部材の開口縁で挟持された状態で使用し閲覧に供されていた(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
また、新聞を支える支持部材が、新聞を保持する把持部材内部の中央に水平方向に設けられた状態で、使用し閲覧に供されていた(例えば、特許文献2参照)。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案によれば、新聞を綴じ込む綴じ部材の下部において、新聞を綴じる挟持部の中央部分に形成された開放部と綴じ部材の末端方向に横長状楕円孔を形成したことにより、綴じ部材の挟持部分を少なくすることができる。したがって、綴じ部材が有する弾力性による押圧を弱め、支持杆を新聞の折り目に差し込み易く、綴じ部材の内部で新聞を容易に保持することができる。
【0012】
また、綴じ部材の内部において、保持部材の凸状頂部に中心点より偏心した位置に新聞を支える支持杆を設けたことにより、当該支持杆と新聞記事との間隔を狭め、記事の一部が隠れることをなくすことができる。

(57)【要約】

【課題】新聞を保持する綴じ部材が有する弾力性による押圧を弱め、かつ新聞の記事が隠れないようにする新聞綴じ具を提供する。【解決手段】弾力性を有する綴じ部材1の下部に、新聞を綴じる細長く開口した挟持部5と、当該挟持部5の中央部分を切欠して形成する開放部6と、挟持部5の末端方向に横長状の楕円孔4,4aを設け、さらに、綴じ部材1の後端開口部7に凸状に形成された保持部材8の中心点より偏心する位置に支持杆9の一端を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):