(54)【考案の名称】雨傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
雨傘を使用する際には、雨で濡れた雨傘を閉じる時に、雨傘から落ちてきた水滴で体が濡れてしまうことがある。また、雨傘を閉じた後も、雨傘についている水滴で服が濡れてしまったり、雨傘から落ちてくる水滴で床等が濡れてしまったりすることがある。そこで、一般的には、雨傘を閉じる時に体が濡れないように気を付けたり、雨傘についている水滴を振り落したりすることで対応している。しかし、いくら気を付けても体が濡れてしまうことを防止することは難しく、また、雨傘についている水滴を振り落すのは手間がかかり、面倒であるという問題があった。
【0002】
なお、近年では、閉じた雨傘をビニールの袋に入れて、雨傘についた水滴で服や床が濡れないようにすることも行われている(例えば、特許文献1参照)。これによれば、閉じた雨傘で服や床が濡れてしまうことを防止することができる。しかしながら、雨傘を閉じる時に体が濡れてしまうことは防止することができない。また、閉じた雨傘をビニールの袋に入れるのに手間がかかってしまうという問題や、ビニールの袋が使い捨てになり無駄になってしまうという問題があった。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案の雨傘によれば、中棒、上ろくろ、又は、石突きに振動モータが取り付けられているので、振動モータを駆動させることにより、雨傘を振動させて雨傘についている水滴を簡単に落とすことができる。よって、雨傘を閉じるときに体が濡れたり、閉じた後に雨傘の水滴が服についたり、床に落ちたりすることを防止することができる。また、振動モータを駆動させるだけでよいので、手間もかからず、簡単に行うことができる。更に、雨傘から水滴が落ちるのを防止するビニールの袋を使用しなくてもよくなり、無駄を削減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の一実施の形態に係る雨傘の構成を表す図である。
【図2】図1の一部を拡大して表す図である。

【0008】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照して詳細に説説明する。
【0009】
図1は、本考案の一実施の形態に係る雨傘10の構成を表すものであり、図2は、図1の一部を拡大して表すものである。この雨傘10は、例えば、中棒11の先端側に配設された上ろくろ12から骨13が張り出され、骨13に傘布14が配設されている。上ろくろ12の先端には、例えば、石突き15が配設されている。中棒11の持ち手側には、例えば、ハンドル16が配設されている。
【0010】
また、中棒11、上ろくろ12、又は、石突き15には、振動モータ20が取り付けられている。なお、図1及び図2では、振動モータ20を石突き15の内部に収納し、上ろくろ12に対して固定用ばね21により固定した場合を示している。振動モータ20は、どのようなものでもよく、例えば、回転子の重心が偏って作られ回転子自身が振動を作り出す重りとなっている小型振動モータや、超音波振動モータ、又は、圧電素子を利用した圧電モータでもよい。なお、振動モータ20を中棒11に配設する場合には、配設位置は傘布14に近い先端側が好ましい。
【0011】
ハンドル16の内部には、例えば、振動モータ15を駆動させるための電池を収納する電池収納部22が設けられている。ハンドル16の外側には、例えば、振動モータ20を駆動させる駆動スイッチ23が設けられている。中棒11の中には、例えば、図示しないが、伸長方向に伸長された空間部が設けられており、この空間部には電池と振動モータ20とを電気的に接続する配線24が配設されている。また、傘布14は、例えば、水をはじきやすいようにポリテトラフルオロエチレンなどのフッ素樹脂により加工がされているものが好ましい。
【0012】
この雨傘10では、例えば、雨で濡れた雨傘10を閉じる前に、振動モータ20を振動させて、傘布14についた水滴を振り落とす。これにより、濡れずに雨傘10を閉じることができる。また、雨傘10を閉じた後においても、更に、水滴を落としたい場合には、振動モータ20を駆動させてもよい。なお、図1及び図2に示した雨傘10を作製し、振動モータ20により水滴を振り落すことができるかどうかの試験をした。振動モータ20の振動電圧は3V、振動量は20m/sとした。その結果、振動モータ20を10秒間振動させたところで傘布14に付着していた水滴を除去することができた。
【0013】
このように本実施の形態の雨傘10によれば、中棒11、上ろくろ12、又は、石突き15に振動モータ20が取り付けられているので、振動モータ20を駆動させることにより、雨傘10を振動させて雨傘10についている水滴を簡単に落とすことができる。よって、雨傘10を閉じるときに体が濡れたり、閉じた後に雨傘10の水滴が服についたり、床に落ちたりすることを防止することができる。また、振動モータ20を駆動させるだけでよいので、手間もかからず、簡単に行うことができる。更に、雨傘10から水滴が落ちるのを防止するビニールの袋を使用しなくてもよくなり、無駄を削減することができる。
【0014】
以上、実施の形態を挙げて本考案を説明したが、本考案は上記実施の形態に限定されるものではなく、種々変形可能である。例えば、上記実施の形態で説明した各構成要素を全て備えていなくてもよく、また、他の構成要素を備えていてもよい。更に、上記実施の形態では、各構成要素について具体的に構造を説明したが、他の構造を有するように構成してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0015】
雨傘に使用することができる。
【0016】
10…雨傘、11…中棒、12…上ろくろ、13…骨、14…傘布、15…石突き、16…ハンドル、20…振動モータ、21…固定用ばね、22…電池収納部、23…駆動スイッチ、24…配線

(57)【要約】

【課題】簡単に水滴を落とすことができる雨傘を提供する。【解決手段】雨傘10は、中棒11の先端側に配設された上ろくろ12から骨13が張り出され、骨13に傘布14が配設されている。上ろくろ12の先端には、例えば、石突き15が配設されている。また、上ろくろ12には、石突き15の内部に収納された振動モータ20が配設されている。振動モータ20はハンドルの外側に設けられた駆動スイッチにより駆動させることができるようになっている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):