(54)【考案の名称】ネットワーク通信専用の携帯型電子装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯型電子装置に関し、特にSkype通信専用の携帯型電子装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
通信技術の不断の進歩に伴い、現在の遠距離通信は、従来の電話システムを介して行うことができる以外に、ネットワークを介して行うこともできる。また、ネットワークの帯域幅が漸次拡大されるに伴い、ネットワーク通信は、音声方式で行えるのみならず、ビデオ通話を行うことも可能である。これにより、通信の利便性が大きく向上し、多くのネットワーク通信ソフトウェアも漸次社交上、ビジネス上必要不可欠な通信ツールとなってきている。通信ソフトウェアSkype(登録商標)もそのうちの1つである。
【0003】
現在、通信ソフトウェアSkypeは、ユーザが自分で携帯電話又はコンピュータにダウンロードした後インストールをして実行する。しかしながら、現在、ユーザがSkype通信を実行しようとする場合は、まずコンピュータ内の通信ソフトウェアSkypeを起動しなければ、ネットワーク電話をかけることやその他の動作を始めることはできない。この点は、Skype通信機能を恒常的に使用する必要のあるユーザにとって不便であった。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案は、Skype通信専用の携帯型電子装置を提供することを課題とする。

(57)【要約】

【課題】ネットワーク通信専用の携帯型電子装置を提供する。【解決手段】本体10と、本体10と結合されたタッチスクリーン20と、本体10内に設けられ、ネットワークに接続するためのネットワーク通信装置30と、本体10内に設けられると共に、タッチスクリーン20及びネットワーク通信装置30と電気的に接続される制御ユニット50とを含む。このうち制御ユニット50は、実行モジュール51及び変更禁止モジュール52を含む。実行モジュール51は、複数のネットワーク通信用操作画面を含むネットワーク通信インターフェースのみを表示するようタッチスクリーン20を制御するのに用いられる。変更禁止モジュール52は、ユーザが内蔵されていないアプリケーションプログラムを携帯型電子装置1にインストールすることを禁止するのに用いられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):