(54)【考案の名称】シート状印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社ウイル・コーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、広告や宣伝のために配布されるチラシ、ブック状玩具、子供向け教材、雑誌や本の綴込み、又はダイレクトメールなどに使用される、取り外し可能なはがきやアンケート用紙などとそれに貼り付けられるシールが付いたシート状印刷物に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、チラシや本の綴込みなどのシートの一部が、取り外し可能なはがきとなっている印刷物が知られている。例えば特許文献1には、紙片を重ねて貼り合せた二層構造のはがきが、ミシン目から切り離せる構成が開示されている。
【0003】

【効果】

【0010】
このように構成された本考案のシート状印刷物は、シート本体が両面に印刷が施された面状材を折り重ねた二層構造を有している。そして、折り重ねただけの非接合部の周縁と、取り外し可能な台紙部とが、折り重ねた側と剥離可能となるように接合されている。
【0011】
このため、シート本体を一枚の面状材となるまで簡単に展開することができるので、より多くの情報や図などを掲載することが可能となる。また、面状材が剥離不能となるような接着を行わないので、糊などの接着剤の使用量を減らすことが可能となり、シート状印刷物を廉価に製作することができる。
【0012】
さらに、取り外し可能なはがきやアンケート用紙などとなる台紙部と、それに貼り付けるためのシール部とが設けられているので、はがきやアンケート用紙への記入の負担をシール部によって減らすことができるようになり、回収率を上げることができる。
【0013】
また、シート状印刷物を開くと、それに連動して起立部が立ち上がるようにすることで、利用者の関心を高めることができる。さらに、はがき本体に貼り付けるための複数のシール片がシール部に形成されていれば、利用者にその中から好みのシール片を選択させるなど好奇心を刺激することができるようになる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の実施の形態のシート状印刷物としてのはがき付き印刷物の使用状態を説明する斜視図である。
【図2】紙片を折り重ねる前の状態を示した説明図である。
【図3】紙片の両端を折り畳んだシート本体の状態を示した説明図である。
【図4】はがき付き印刷物の完成した状態を説明する平面図である。
【図5】はがき付き印刷物を展開した状態の構成を説明する平面図である。

【0015】
以下、本考案の実施の形態について図面を参照して説明する。図1は、本実施の形態のシート状印刷物としてのはがき付き印刷物1の構成及び使用方法を説明するための斜視図である。
【0016】
このはがき付き印刷物1は、取り外し可能な分離領域と残される残置領域とがシート本体2に形成される。そして、シート本体2は、図1−図3に示すように、両面に印刷が施された紙片(面状材)を折り重ねた二層構造となる。
【0017】
また、シート本体2には、分離領域として剥離可能なシール部4と、剥離されたシール部4のシール片41を貼り付けるための台紙部としてのはがき本体3が設けられる。一方、シート本体2のシール部4及びはがき本体3以外が、残置領域となる。この残置領域には、紙片を折り重ねただけの非接合部5が形成される。
【0018】
シート本体2となる折り重ねる前の紙片は、図2に示すように、短辺21A,21Bと長辺21C,21Dを有する略長方形(例えば、A4サイズの紙4枚分)に形成された1枚の紙である。シート本体2には、必要に応じて第一面2aと第二面2b(図2,3参照)の両面に広告、図、文字などの情報の印刷が施される。なお、図2中の矢印は、シート本体2に印刷されたものではなく、紙片の折り方向を示す矢印である。
【0019】
この略長方形のシート本体2となる紙片を、短辺21A,21Bと平行な折目22A,22Bでそれぞれ折り重ね、図3に示すように、左右の短辺21A,21B(端縁)をシート本体2の中央付近(折目22C付近)で対峙させて積層し、二層構造としている。この際に、折り返しの上側にきた層のうち、短辺21A側を第一の上層23Aとし、短辺21B側を第二の上層23Bとする。また、この上層23A,23Bの下側の層を下層24とする。
【0020】
はがき本体3は、図1,3に示すように、下層24に積層させる上層23Bに設けられ、取り外し可能な分離領域(切離部)となる。はがき本体3は、一方の面(例えば図2のシート本体2の第一面2a)への印刷によって宛名面3bが形成され、他方の面(例えば図3のシート本体2の第二面2b)への印刷によって通信面3aが形成される。
【0021】
はがき本体3は、その周縁に沿って第二の上層23Bのみを切り取る切取線33を設けることによって形成されている。このはがき本体3の宛名面3bには、図2に示すように周縁に沿った内側を囲繞するように剥離糊などが塗布された弱接合層32が設けられる。
【0022】
はがき本体3は、折り重ねた下層24の対峙する箇所に、この弱接合層32によって剥離可能となるように接合されている。このため、はがき本体3の周縁が切取線33によって連続して切断されていても、利用者の意図せぬ時機にはがき本体3が脱落することがない。
【0023】
はがき本体3は、例えば第一種郵便物の定形郵便物に該当する長方形に成形される。定形郵便物の最小形状は、長辺が14cmで短辺が9cmであり、最大形状は長辺が23.5cmで短辺が12cmで厚さが1cmである。なお、重さは50g以下であればよく、下限値の制限はないので1枚の紙片で成形することができる。
【0024】
シール部4は、はがき本体3と同じく第二の上層23B側に、はがき本体3に並んで設けられる。このシール部4に設けられる複数のシール片41,・・・は、はがき本体3の通信面3aのシール欄31,・・・に貼り付けられる。
【0025】
複数のシール片41の裏側には、図2に示すように剥離と再接着とが可能な粘着剤の塗布によって粘着層42が設けられる。粘着層42に用いられる粘着剤には、例えばアクリル系粘着剤などの不溶性の糊が使用される。
【0026】
また、折目22Bで折り返して上層23Bと下層24とを積層させた際に、粘着層42と対峙する箇所には、コーティング剤を塗布したコーティング層43を設ける。このコーティング層43に粘着層42を積層させることによって、シール片41を剥がしたり接着させたりを繰り返すことができる。
コーティング層43に用いられるコーティング剤には、例えばシリコーン樹脂を使用することができる。シリコーン樹脂には、溶剤型、無溶剤型、エマルジョン型などがあり、例えば、UVシリコーンが使用できる。
【0027】
また、非接合部5の上方には、図1に示すような起立部6が設けられる。この起立部6は、図1,3に示すように、紙片を両側からそれぞれ折り重ねたシート本体2の突き合わされる短辺21A,21Bを挟んで、第一及び第二の上層23A,23Bに形成されている。起立部6は、この第一及び第二の上層23A,23Bと下層24とを積層しただけの非接合部5に設けられる。
【0028】
起立部6は、図1に示すように、シート本体2から立体的に立上る起立片61A,61Bと、起立片61A,61Bを支持する基部62A,62Bとを有している。起立片61A,61Bを形成するため、第一及び第二の上層23A,23Bには、起立片61A,61Bの周縁に沿って起立用折目63A,63Bと起立用切込64A,64B,64C,64Dとが設けられている。
【0029】
また、基部62A,62Bは、下層24に接着剤を塗布して設けられた接着層65(図2参照)を介して、下層24に接着されている。この起立用折目63A,63B、起立用切込64A−64D及び接着された基部62A,62Bにより、起立片61A,61Bがシート本体2から切り離されたり、浮き上がったりすることなく起立可能となる。
【0030】
また、起立用折目63A,63Bは、起立片61A,61B側の短辺21A,21Bとのなす角が鈍角となるように形成される。この起立用折目63A,63Bは、ミシン目などで折れ易くしたものであっても、折る位置を線で示したものであっても、凹溝を設けて線を示したものであってもいずれでもよい。
【0031】
また、起立用切込64A,64Bは、短辺21A,21Bと平行に切り込まれるとともに、起立用切込64C,64Dは、長辺21Cと平行に切り込まれる。すなわち、起立用切込64A,64C(64B,64D)は、起立用折目63A(63B)の端部と短辺21A(21B)とを結ぶようにL字状に切り込まれる。この結果、起立用折目63A,63Bを起点にして起立片61A,61Bを起こす方向に折り曲げると、起立用切込64A,64C(64B,64D)と短辺21A(21B)とによって外形が形成される台形状の起立片61A(61B)を起立させることができる。
【0032】
さらに、起立片61A,61Bには、短辺21A,21Bの周辺に接合用折目66A,66Bが設けられている。この接合用折目66A,66Bは、起立用折目63A,63Bと略直交する方向に向けて形成される。この接合用折目66A,66Bも、ミシン目などで折れ易くしたものであっても、折る位置を線で示したものであってもいずれでもよい。
【0033】
そして、両側の起立片61A,61Bの接合用折目66A,66Bを折り曲げて、二等辺三角形状の端縁周辺の表面を互いに接着剤で接着して端縁接合部67A,67Bとする。この結果、図1に示すように、起立片61A,61Bを壁のような立体形状にすることができる。
【0034】
起立片61A,61Bの両面(第一面2a,第二面2b)には、文字や図などの情報が印刷されるが、特に重要な情報やメッセージなどを印刷することが好ましい。起立片61A,61Bが起立することで、これらの重要情報を、利用者に印象付けて提示することができる。
【0035】
また、二層構造のシート本体2の両側であって、はがき本体3、シール部4及び起立部6以外の残置領域(非接合部5)は、これらの利用方法、商品広告、講座情報などの情報を掲載する領域となっている。
【0036】
また、非接合部5の周縁の少なくとも一部は、折り重ねた側と剥離可能となるように接合される。例えば図2に示すように、非接合部5の周縁となる紙片の短辺21A,21B及び長辺21C,21Dに沿った内側には、剥離糊などが塗布された弱接合層51A−51Fが設けられる。
【0037】
シート本体2の上層23Aと下層24及び上層23Bと下層24は、折り重ねた際に弱接合層51A−51Fによって剥離可能となるように接合される。このため、シート本体が図3に示すような状態になっても、利用者の意図せぬ時機に図5に示すような展開された状態までになることはない。
【0038】
また、コーティング層43が設けられる箇所やはがき本体3を対峙させる箇所にも、文字や図などの広告情報等を印刷することができ、シール片41やはがき本体3を取り外した際にこれらの情報を視認することができる。したがって、より多くの広告情報等を提供することができる。
【0039】
シール片41は、全周縁が切込み44によって切り取られ、シート本体2の上層23Bから分離した状態でコーティング層43に接着されている。そのため、未使用時にはコーティング層43からシール片41が不測に剥がれることはないが、使用時にはシール片41をコーティング層43から容易に剥離することができる。
【0040】
複数のシール片41,・・・には、はがき本体3に貼り付けることで送り先(広告主など)に利用者の要望を伝えることができるような情報がそれぞれ印刷されている。利用者は、シール片41,・・・の中から、伝えたい情報が記載されたシール片41を選択して、はがき本体3のシール欄31に貼り付けることができる。
【0041】
以上のように構成されたはがき付き印刷物1において、はがき本体3及びシール部4のシール片41,・・・は、シート本体2から取り外し可能な分離領域となる。この分離領域以外の残される領域、すなわち、起立部6を含む非接合部5及びコーティング層43を含む領域が、残置領域となる。
【0042】
次に、図面を参照しながら本実施の形態のはがき付き印刷物1の製作方法及び使用方法について説明する。
【0043】
まず、ロール紙から紙片を引き出し、両面印刷機(図示せず)によってシート本体2の第一面2a及び第二面2bに印刷を行う。すなわち、はがき本体3、シール部4、起立部6及び非接合部5において広告等するのに必要な印刷は、この工程ですべて行う。
【0044】
印刷後に、リワインダー装置(図示せず)によって巻き取られた紙片をオフライン加工機(図示せず)にセットし、再び引き出された印刷済みの紙片(シート本体2)に対して、図2に示すように、第一面2aの所定の範囲にUVシリコーンを塗布してコーティング層43を形成する。
【0045】
そして、コーティング層43をUV硬化させた後に、第一面2aの所定の範囲に粘着剤を塗布して、粘着層42を形成する。また、第一面2aの所定の範囲に接着剤を塗布して、接着層65を形成する。さらに、第一面2aの所定の範囲に剥離糊を塗布して、弱接合層32,51A−51Fを形成する。
【0046】
シート本体2の粘着層42、接着層65及び弱接合層32,51A−51Fを設けた領域が、接合部となる。この接合部以外の領域には、接着剤や粘着剤や剥離糊を塗布しないことで、非接合部5が形成される。したがって、粘着剤や接着剤を全面に塗布した後に、上塗り印刷やコーティングなどによって粘着力や接着力を取り除く方法などに比べて、接着剤や粘着剤などの使用を必要最小限に抑えることができ、廉価な実施が可能となる。
【0047】
次に、紙片を折り重ねる工程に移行する。図2に示される一点鎖線は、山折りを表し、二点鎖線は谷折りを表す。まず、はがき付き印刷物1ごとに切断された紙片(シート本体2)を折目22A,22Bで谷折りに折り曲げ、左右の短辺21A,21Bをシート本体2の中央付近(折目22C付近)で対峙させて二層構造とし、第一の上層23A、第二の上層23B及び下層24を形成する。なお、この後の工程で、シート本体2が中央付近の折目22Cで折り畳み易くなるように、左右の短辺21A,21Bは、互いに接することなく、数ミリの間隙を介して対峙させる。
【0048】
そして、弱接合層51A−51F同士、粘着層42とコーティング層43及び弱接合層32と非接合部5とを貼り合わせて、図3に示した状態にする。なお、上層23A,23Bの所定領域が接着層65に接着されることで、起立部6の基部62A,62Bが形成される。
【0049】
次に、図3に示すように、上層23A,23Bと下層24とが折り重ねられた状態のまま、ダイカッタで上層23A,23Bのみに切込みやミシン目を入れる工程に移行する。この工程では、はがき本体3となる領域では、はがき本体3の形状に合わせて切取線33となる箇所に全周の切り込みを入れる。このとき、はがき本体3の切取線33は、ミシン目や少なくとも一箇所にアンカット部を残した切り込みにしてもよい。
ここで、はがき本体3は弱接合層32によって下層24に接合されているので、切り込みを入れても浮き上がったり、勝手に外れたりすることがない。
【0050】
また、シール部4では、シール片41,・・・の形状に合わせて全周を切り抜き、切込み44,・・・を形成する。このシール片41,・・・は、粘着層42によって下層24のコーティング層43に接合されているので、浮き上がったり、切り込みを入れてもめくれたりすることがない。
【0051】
さらに、起立部6の起立用折目63A,63Bとなる箇所及び起立用切込64A−64Dとなる箇所にミシン目を入れる。また、必要に応じて接合用折目66A,66Bにもミシン目を入れる。なお、起立用切込64A−64Dとなる箇所は、ミシン目ではなく切込みを入れてもよい。ここまでは、印刷、シート本体2の折り重ね、裁断に至るまで一貫した工程で行うことができる。
【0052】
次に、起立部6を形成する工程に移行する。まず、起立用切込64A−64Dとなる箇所に入れたミシン目を破断することで、起立片61A,61Bを形成する。続いて、起立用折目63A,63Bを折り曲げ、この起立用折目63A,63Bを起点として起立片61A,61Bをそれぞれ起立させる。その後、接合用折目66A,66Bを折り曲げて、二等辺三角形状の端縁周辺の表面を互いに接着剤で接着することで、端縁接合部67A,67Bを形成する。このように、端縁接合部67A,67Bによって第一、第二の上層23A,23Bを互いに一体にしても、図4に示すように、中央の折目22Cによってはがき付き印刷物1を閉じることができる。
【0053】
最後に、二層構造のシート本体2を、折目22Cで折り重ね、折目22Aと折目22Bとを少しずらして剥離糊などで接着させることで、図4に示すように、もとの紙片のほぼ4分の1のサイズ(例えば、A4サイズ)のはがき付き印刷物1を形成することができる。また、最上層に配置された第二面2bの折目22Aの下端付近に、その位置から剥離することを示す目印25が印刷されている。なお、シート本体2を折目22Cで折り重ねたときに、図4に示すように、折目22Aと折目22Bとが1cm程度ずれるような寸法合わせとすることで、はがき付き印刷物1を開き易くできる。
【0054】
このようにして製作されたシート状のはがき付き印刷物1は、新聞の折込み広告などで利用者に配布される。なお、図4に表示された第二面2bに、利用者の宛名を印刷することでダイレクトメールとして配布することもできる。
【0055】
このはがき付き印刷物1を受け取った利用者は、シート本体2の最上層や最下層の表面(第二面2b)に露出した部分に印刷された文字、図などの情報を視認する。これらの広告情報等に関心を持った利用者は、さらに情報を収集するために、目印25部分を保持して最上層を最下層から引き剥がして図1に示すようにはがき付き印刷物1を開く。最下層と最上層とは剥離糊によって接合されているだけなので、簡単に分離させてはがき付き印刷物1を開くことができる。
【0056】
すると、端縁接合部67A,67Bによって一体になった起立部6の起立片61A,61Bが、起立用折目63A,63Bを起点にして起立用切込64A−64Dから自然に起き上る。また、起立片61A,61Bの起立により、起立片61A,61Bが積層していた下層24の領域が露出する。
【0057】
このようにして起立片61A,61Bが、シート本体2の中央に立体的に現れることで、利用者に印象付けることができ、利用者の興味を引くことができる。利用者は、起立片61A,61Bの表面(第一面2a、第二面2b)や下層24の露出部分に印刷された広告情報や広告主のメッセージなどを視認して、さらなる情報の取得を欲することになる。
【0058】
また、はがき付き印刷物1を開くことで、図1に示すように、はがき本体3及びシール部4も露出する。非接合部5などに印刷されたはがき本体3の利用方法などを読んで関心を持った利用者は、切取線33からはがき本体3を切り離す。はがき本体3は、弱接合層32によって下層24に接合されているだけなので、簡単に取り外すことができる。
【0059】
一方、シール部4には、はがき本体3のシール欄31,31に貼り付けるためのシール片41,・・・が並んでいる。例えば、はがき付き印刷物1が、通信講座の申し込みを行うためのものである場合においては、返信はがきとなるはがき本体3を差し出すことによって利用者には希望する通信講座の資料等が届く仕組みとなっている。
【0060】
しかしながらはがき付き印刷物1に沢山の講座が紹介されていると、利用者はその中から選ぶのに時間がかかったり、迷いが多くなったりするため、はがき本体3を返信することを断念してしまうおそれがある。これに対して、シール部4に人気の高い講座の順にシール片41,・・・を並べておけば、利用者は選択がしやすくなってはがき本体3を送信する意欲を持続させ続けることができるようになる。
【0061】
さらに、自ら選択したシール片41をはがき本体3のシール欄31に貼り付けるだけで講座を選択できれば、文字を書く手間が省け、はがき本体3による申し込みがより簡単に行えるようになる。
【0062】
また、シール片41の粘着層42側やコーティング層43側に講座の人気度を示す順位が印刷された構成とした場合は、利用者は順位を当てるためにシール片41を剥がして、興味があればそのままはがき本体3に貼るという行為を楽しめるようになり、はがき本体3の返信率を高めることができる。
【0063】
さらに、図1に示した短辺21A,21Bから引き剥がすように上層23A,23Bを持ち上げることで、図5に示すようにシート本体2を左右に展開することができる。ここで、上層23A,23Bは、短辺21A,21B及び長辺21C,21D周辺に設けられた弱接合層51A−51Fによって下層24に接合されているだけなので、簡単に剥がれて開くことができる。
【0064】
そして、利用者は、上層23A,23Bによって隠されていた第一面2aに印刷された追加情報を視認することができるようになる。したがって、利用者に対して、さらに多くの情報を提供することができる。これにより、シート本体2の第一面2a及び第二面2bのほとんどすべてに印刷された情報を利用者が視認ができるようになる。
【0065】
次に、本実施の形態のはがき付き印刷物1の作用について説明する。
【0066】
以上のように構成された本実施の形態のはがき付き印刷物1は、シート本体2が両面に印刷が施された紙片を折り重ねた二層構造を有している。そして、紙片を折り重ねただけの非接合部5の周縁と、取り外し可能なはがき本体3とが、折り重ねた側(下層24側)と剥離可能となるように弱接合層51A−51F,32を介して接合されている。
【0067】
そのため、配布時などの意図しない時機に非接合部5が開いたり、浮き上がったり、捲れたりするのを防ぐことができる。さらに、分離領域の不測の脱落も防ぐことができ、利用者の好きなときに容易に分離領域のはがき本体3、シール片41などを取り外すことができる。また、非接合部5の周縁以外には接着剤や粘着剤を使用しないため、材料費を低減してはがき付き印刷物1を廉価に製作することができる。
【0068】
また、シート本体2を一枚の紙片となるまで簡単に展開することができるので、より多くの情報や図などを掲載することが可能となる。すなわち、上層23A,23Bを下層24から容易に剥がして合わせ面を開くことができ、この合わせ面に印刷された情報を利用者に提示することができる。このように、シート本体2の両面(2a,2b)を効率的に利用して、より多くの情報を掲載可能なはがき付き印刷物1とすることができる。
【0069】
さらに、取り外し可能なはがき本体3と、それに貼り付けるためのシール片41とが設けられているので、はがき本体3への記入の負担をシール部4によって減らすことができるようになり、返信はがきの回収率を上げることができる。
【0070】
また、シート本体2の中央に設けた起立部6の起立片61A,61Bが、はがき付き印刷物1を開いただけでシート本体2から起立することで、起立片61A,61Bに印刷した情報を立体的に見せて、利用者に強く印象付けることができる。
【0071】
すなわち、起立部6を設けた場合に、折り畳み時は起立片61A,61Bがはがき付き印刷物1の内側に収容され、折り畳みを解除した時に、情報が印刷された起立片61A,61Bが自然に起立することとなり、利用者により強い印象を与えることができる。
【0072】
以上、図面を参照して、本考案の実施の形態を詳述してきたが、具体的な構成は、この実施の形態に限らず、本考案の要旨を逸脱しない程度の設計的変更は、本考案に含まれる。
【0073】
例えば、前記実施の形態では、シート本体2が紙片によって形成される場合について説明したが、これに限定されるものではなく、合成樹脂などのシート、膜、薄板など、厚みが薄い面状材であればシート本体2にすることができる。
【0074】
また、前記実施の形態では、台紙部をはがき本体3として説明したが、これに限定されるものではない。例えば、台紙部をアンケートの回答用紙とし、回答候補(選択肢)をシール片41,・・・に印刷しておくこともできる。
【0075】
さらに、前記実施の形態では、はがき本体3、シール部4、起立部6などを長方形や台形に形成しているが、これに限定されるものではない。使用目的やデザインなどに応じて、正方形や他の多角形状、又は半円形状やドーム形状、若しくは、花形、星形など、デザイン化した形状とすることもできる。
【0076】
また、起立部6は、基部62A,62Bを接着してシート本体2から分離することのない残置領域としているが、これに限定されるものではない。例えば、起立部6にクーポンや招待券などを印刷して、起立用折目63A,63Bなどから切り離し可能、又は基部62A,62Bを剥離可能とすれば、立体的に飛び出してきたクーポン等に興味を示した利用者が、切り離して利用するという行動に結び付けることができる。なお、起立部6を省略して製作コストを抑えることもできる。
【0077】
さらに、前記実施の形態では、新聞の折込み広告として配布されるはがき付き印刷物1を使用する場合について説明したが、これに限定されるものではない。例えば、ダイレクトメール、住戸の郵便受けに投函される広告、街頭や店頭で配布される広告、又は雑誌や本の綴込みなどに本考案のシート状印刷物を使用することができる。
【0078】
1 はがき付き印刷物(シート状印刷物)
2 シート本体
2a 第一面
2b 第二面
23A,23B 上層
24 下層
3 はがき本体(分離領域、台紙部)
31 シール欄
32 弱接合層
4 シール部
41 シール片(分離領域)
5 非接合部
51A−51F 弱接合層
6 起立部
63A,63B 起立用折目
64A−64D 起立用切込

(57)【要約】

【課題】はがきやシールなどの取り外し可能な部分を設けることができるうえに、より多くの情報や図などを掲載することが可能なシート状印刷物を提供する。【解決手段】取り外し可能な分離領域と残される残置領域とがシート本体2に形成されるはがき付き印刷物1である。そして、シート本体は、両面に印刷が施された面状材を折り重ねた二層構造を有し、分離領域には、剥離可能なシール部4と、剥離されたシール部を貼り付けるためのはがき本体3とが設けられ、残置領域には面状材を折り重ねただけの非接合部5が形成されるとともに、非接合部の周縁の少なくとも一部とはがき本体の少なくとも一部とが折り重ねた側と剥離可能となるように接合されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):