(54)【考案の名称】点字ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社プレミアム

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、点字ラベルに関する。さらに詳しくは、点字となる突起を中空とし、細く高い形状に加工することで、剥がれにくく、点字が読み取り易く、披着体の質感を把握し易い点字ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の点字ラベルとして、図9に示す点字ラベルがある。この従来例は、紙からなるラベル基材110に視覚障害者用の点字加工が施された点字ラベル101において、ラベル基材110の点字加工用の凸ピンPを押圧する側に合成樹脂からなる補強用の樹脂フィルム111を貼り合わせ、点字加工が施された凹所に熱可塑性樹脂又は紫外線硬化型樹脂を充填して固化するというものである。
【0003】
前記従来の点字ラベル101では、図9に示すように、ラベル基材110の点字プリンタ等の点字加工用凸ピンPを押圧する側に合成樹脂からなる補強用の樹脂フィルム111が貼り合わされており、又は、補強用の樹脂フィルム111に加えて点字加工が施された凹所に充填樹脂112を充填して固化するので、点字加工の際にラベル基材110が破損しにくく、且つ、耐久性に優れ経時においても凹みにくいというものである。
【0004】
しかしながら、特許文献1のような樹脂フィルム111及び充填樹脂112は、点字ラベル101に強度を持たせることはできるが、使用に際しすぐに廃棄されてしまう製品のパッケージ等の強度や耐久性を必要としない製品には不向きであり、生産コストが高くなる上、製造工程も増え、複雑になるという問題があった。
【0005】
また、充填樹脂112が充填された凹所は、文字数が多く突起が密集した部分では硬い板のようになるため、柔らかい披着体を押圧した際の形状変化に追従することができず、空隙ができて剥離を引き起こす上、視覚障害者が指先で点字を読み取る際に、突起が密集して硬く板状になった箇所では披着体の柔らかさなどの質感を感じ取りにくいという問題があった。
【0006】
さらに、点字プリンタ等の凸ピンPを用い、ラベル基材110の裏側から凸ピンPを押圧して、点字加工を施す方法では、打刻の際、ラベル基材110の裏側からのみ力が加えられるため、突起を含む周辺部分が浮き剥離する問題や、打刻の際の衝撃によりフィルム及び剥離紙が破損するという問題があった。
【0007】

【効果】

【0015】
第1考案によれば、突起を細く高い形状としたことにより、突起が、読み取りに必要な頂点部分の幅を保持しながらも標準的な突起に比べて鋭敏になり、指先で感じ取り易くなる上、指先の押圧に応じて披着体と共に突起が沈んだ状態でも点字としての適正な高さを保つことができる。
【0016】
また、第1考案によれば、フィルム全体に披着体に沿って追従できるように均一な柔軟性を持たせているため、視覚障害者が、点字を読み取ると同時に披着体の柔らかさなどの質感を把握し易い。
【0017】
さらに、第1考案によれば、フィルム及び剥離紙が粘着層を介して一体化されているため、一体化された三層に同時に金型加工を施すことができ、製造工程を簡素化することができる。
【0018】
第2考案によれば、従来の合成樹脂等が充填された中実突起は、文字数が多く突起が密集した部分では硬い板のようになるため、柔らかい披着体を押圧した際の形状変化に追従することができず、空隙ができて剥離を引き起こす要因となっていたところ、突起を中空にしたことにより、中空突起自体が伸展するため、フィルム全体に均一に柔軟性を持たせることができる。
【0019】
すなわち、第2考案によれば、視覚障害者が、点字を読み取る際に行う押圧しながら順次スライドさせる指先の動きに沿って、突起や突起周辺部分が披着体の形状変化に滑らかに追従するため、披着体が柔らかい物であっても、披着体からフィルムが剥がれにくい点字ラベルを提供することができる。
【0020】
第3考案によれば、突起は、直径が1.35mmφより小さいと、指先が接触する面が少なくなり刺激が強すぎ、1.55mmφより大きいと、隣接する突起との間隔が狭くなるため、双方共に触読率が低下する虞があり、高さが0.55mmより低いと、披着体と共に突起が沈んでしまい、0.85mm以上であると、高すぎて指先で突起上部をスライドさせにくくなるため、双方共に触読率が低下する虞があったところ、直径を1.35〜1.55mmφとし、高さを0.55〜0.85mmとしたことにより、前記問題を解消しながら、指先で感じ取り易く、且つ、指先の押圧に応じて披着体と共に突起が沈んだ状態でも点字としての適正な高さを保つことができる点字ラベルを提供することができる。
【0021】
第4考案によれば、突起を細く高い形状としたことにより、突起が、読み取りに必要な頂点部分の幅を保持しながらも標準的な突起に比べて鋭敏になり、指先で感じ取り易くなる上、指先の押圧に応じて披着体と共に突起が沈んだ状態でも点字としての適正な高さを保つことができる。
【0022】
また、第4考案によれば、フィルム全体に披着体に沿って追従できるように均一な柔軟性を持たせているため、視覚障害者が、点字を読み取ると同時に披着体の柔らかさなどの質感を把握し易い。
【0023】
第5考案によれば、従来の合成樹脂等が充填された中実突起は、文字数が多く突起が密集した部分では硬い板のようになるため、柔らかい披着体を押圧した際の形状変化に追従することができず、空隙ができて剥離を引き起こす要因となっていたところ、突起を中空にしたことにより、中空突起自体が伸展するため、フィルム全体に均一に柔軟性を持たせることができる。
【0024】
すなわち、第5考案によれば、視覚障害者が、点字を読み取る際に行う押圧しながら順次スライドさせる指先の動きに沿って、突起や突起周辺部分が披着体の形状変化に滑らかに追従するため、披着体が柔らかい物であっても、披着体からフィルムが剥がれにくい点字ラベルを提供することができる。
【0025】
第6考案によれば、突起は、直径が1.35mmφより小さいと、指先が接触する面が少なくなり刺激が強すぎ、1.55mmφより大きいと、隣接する突起との間隔が狭くなるため、双方共に触読率が低下する虞があり、高さが0.55mmより低いと、披着体と共に突起が沈んでしまい、0.85mm以上であると、高すぎて指先で突起上部をスライドさせにくくなるため、双方共に触読率が低下する虞があったところ、直径を1.35〜1.55mmφとし、高さを0.55〜0.85mmとしたことにより、前記問題を解消しながら、指先で感じ取り易く、且つ、指先の押圧に応じて披着体と共に突起が沈んだ状態でも点字としての適正な高さを保つことができる点字ラベルを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】点字ラベルAの構成を示す平面図である。
【図2】(A)点字ラベルAの図1におけるA−A’断面図であり、(B)点字ラベルBの断面図である。
【図3】金型成形の説明に供する図であって、(A)押圧前を示す図であり、(B)押圧後を示す図である。
【図4】オス型金型の構成を示す図であって、(A)全体の平面図、(B)凸部分の断面図である。
【図5】メス型金型の構成を示す図であって、(A)全体の平面図、(B)凹部分の断面図である。
【図6】点字ラベルAにおいて、中空突起自体が変形して、全体として、滑らかに変形することを示す説明図である。
【図7】(A)点字ラベルAの製造方法の流れを示すフローチャートであり、(B)点字ラベルBの製造方法の流れを示すフローチャートである。
【図8】点字ラベルAの製造装置の概略図である。
【図9】従来の点字ラベルの構成の説明図である。

(57)【要約】

【課題】簡易な構成でありながら、柔らかい披着体であっても、剥がれにくく、点字が読み取り易く、披着体の柔らかさなどの質感を把握し易い点字ラベルを提供する。【解決手段】合成樹脂からなるフィルム1と、フィルム1の裏面に形成された粘着層と、粘着層を介して、フィルムに仮着される剥離紙2と、粘着層を介して一体化されたフィルム1及び剥離紙2が、加熱金型によって加温下で押圧されることでフィルム1側に形成される突起9とを備え、突起9は、内側を中空とし、細く高い形状に加工する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):