(54)【考案の名称】スコアボード

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、卓球やテニス等のスコアを表示するスコアボードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から卓球等に使用する簡易スコアボードとして、特許文献1に記載されているようなものが知られている。この簡易スコアボードは、支柱により支持した得点板吊り下げ部材にセット取得カードを吊り下げて固定した構造である。支柱は、カメラの三脚等の頂部に固定され、所定の高さにして使用される。
【0003】

(57)【要約】

【課題】スコアボードに近づくことなく、スコアを進めることができ、スコアをつける専用の者を配置しなくても良いスコアボードを提供する。【解決手段】平面板状であり内部に円形部分を有する凹部5が形成されると共に窓7が少なくとも片面に設けられた本体1と、本体の凹部に回転自在に配設され且つ表面にスコアを表示する字が設けられたスコア円板2と、本体内に挿通されて外に延出したスコアを進めるためのロープ4と、ロープの引き動作によりスコア円板を所定方向に回転させる回転機構3と、を備える。回転機構は、スコア円板の周囲に形成した字2aのピッチ角度と対応したピッチ角度を有するラチェット歯8と、凹部の下方に形成した溝6に沿って移動すると共にロープに連結され、爪10が移動時にラチェット歯と係合可能で且つ弾性部材15により本体内部に接続された爪棒9と、から構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):