(54)【考案の名称】タッチパネルを用いた汎用リモコン装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
家電製品(機器)の遠隔操作に関して特に多種多様な機器に対応できるリモコン装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
最近は多くの機器がリモコン化されておりテレビ、AV機器、照明、空調機器等ごとにまたメーカーごとに用意されているのでの多数のリモコン装置を保有する必要があり煩雑であるが1個のリモコン装置により多種多様の機器が制御出来れば煩雑さは解消出来る。
【0003】
従来、汎用リモコン装置に関しては被制御機器から赤外線双方向通信により操作方法の情報を得て被制御機器をリモコン制御する方式が公開されているが被制御機器がこの方式に対応していることが前提となっており普及には困難が伴うと思われる(特許文献1)。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案ではタッチパネルを有してソフトウェアキー(タッチパネルに表示してタッチすることによりキーの役割をさせるアプリケーション)による機器の選択画面を表示しタッチ操作により被制御機器の選択を行ってその機器に対応したリモコン用のキーデザインをタッチパネルに表示して画面タッチ等によりリモコン操作をすることで多数の機器に対応できるリモコン装置が可能となる、また同じ機器でもよく使う機能をまとめた簡易なキーデザインと複雑な操作を含むキーデザインのように複数のキーデザインに対応できる。
【0011】
インターネットに接続したパソコンをインターフェイスに接続して追加したい機器のリモコン制御情報を取得して新たな機器のリモコン操作を可能としたり、制御情報やリモコン装置自体の機能の更新やバグの修正が可能となり柔軟性、発展性が期待できる。
【0012】
家電メーカーにとっては、1個のリモコン装置で多種多様な機器が制御できるのでユーザーが同じメーカーの機器を購入する契機とすることや家電製品を専業としないメーカーでも多くの家電メーカーに対応したリモコン装置としての製造、販売が期待できる。
【0013】
構成要素であるタッチパネル、インターフェイス(事例としてUSBコネクター)は充分普及しており制御・記憶をつかさどるマイクロプロセッサー、メモリー等IC部品についてもリモコン用途としてはスマートホン、タブレット端末ほどの高機能、高速、高精細のものを必要としない、またソフトウェアキーを実現するプログラミング技術も広く普及しており容易にリモコン装置用としてリメイクできるのでユーザーが納得できる価格での製造が可能である。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の実施例の構成を示すブロック図である。

【0015】
本考案の実施例の構成を示すブロック図に基づき説明する、なお電源(電池)は省略してある。
【0016】
図1は実施例の構成要素をブロックで示すブロック図であり、各要素間の制御・情報信号は5の相互接続部を経由して伝達される。
【0017】
1のタッチパネル上にソフトウェアキーとして表示された機器から狙いの被制御機器を選択してその情報を3の記憶・制御部が受信し処理して事前に記憶していた該当の被制御機器の操作に対応するキーデザインを1のタッチパネル上にソフトウェアキーとして表示する、そのソフトウェアキーの操作の情報を再度3の記憶・制御部が受信、処理して4の赤外線送信部を駆動して被制御機器を制御できる。
【0018】
3の記憶・制御部はインターフェイスである2のUSBコネクターにパソコンへ接続するUSBコードを接続することによりインターネット経由で新たな機器のリモコン用キーデザインや制御情報を入手、記憶することが出来るので対象とする被制御機器を増やすことが出来る。ソフトウェアのバージョンアップやバグ対応も可能である。
【0019】
1・・・・・タッチパネル
2・・・・・インターフェイス
3・・・・・記憶・制御部
4・・・・・赤外線送信部
5・・・・・相互接続部

(57)【要約】

【課題】電化製品(機器)ごとに用意された多数のリモコン装置を操作する煩雑さを解消するために多種多様な機器に対応できる汎用リモコン装置を提供する。【解決手段】表示および操作部をタッチパネル1としてタッチパネル上で被制御機器を選択してその機器に適したキーデザインをタッチパネル上に表示して違和感の無いリモコン操作を実現し、加えてインターフェイス(実施例USBコネクター)2を設けてパソコンおよびインターネット経由で新たに制御情報を入手、保存して制御可能な機器を増やして1台で多種多様な多くの機器に対応できるリモコン装置を実現する事が出来る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):