(54)【考案の名称】イヤホン分離可能の携帯電話

(73)【実用新案権者】光碁科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話に関し、特に、イヤホンを分離可能で、携帯に便利になり、また、使用や保管がより簡単になる携帯電話に関する。

【従来の技術】

【0002】
日常生活には、携帯電話が、既に、不可欠の物になり、従来の携帯電話は、殆ど、ハンドフリーイヤホンや無線受送信設備を有せず、使用過程において、手で持つことが必要となるが、多い状況において、従来の携帯電話を利用できなく、例えば、運伝や運動等の場合、非常に不便であり、また、従来の携帯電話の手で持って受送信を行うことを解消するために、外部接続式有線イヤホンや無線ブルートゥースイヤホンがあり、ユーザーが、運伝や運動等を行いながらも、利用することができる。
【0003】
上記の従来の携帯電話の上記外部接続式イヤホンと上記無線ブルートゥースイヤホンは、次の問題がある。
1.上記従来の携帯電話に、上記外部接続式有線イヤホンや上記無線ブルートゥースイヤホンを収納することができないため、紛失や見つけない問題がある。
2.上記外部接続式有線イヤホンを、上記従来の携帯電話に接続する時、上記従来の携帯電話の上記外部接続式有線イヤホンに接続する接続線が、容易に絡みつく問題がある。
3.上記無線ブルートゥースイヤホンを、上記外部接続式有線イヤホンの代わりに使用する場合、使用過程において、上記従来の携帯電話自身の受送信設備が使用されなくて、無駄になり、また、上記無線ブルートゥースイヤホンを適当な収納方法を有しないため、ユーザーが、常に上記無線ブルートゥースイヤホンを、耳に掛けなければならなく、長時間に、耳に掛けると、ユーザーの耳が、不快適になる問題がある。
【0004】
本考案者は、上記欠点を解消するため、慎重に研究し、また、学理を活用して、有効に上記欠点を解消でき、設計が合理である考案を提案する。

(57)【要約】

【課題】攜帶便利や使用簡単かつ紛失なくて便利的に収納できる利点が得られるイヤホン分離可能の携帯電話を提供する。【解決手段】上端部に凹槽11が形成され、外側において横方向に沿って凹槽11に連通された貫通穴14が形成される携帯電話本体10と、内部に充電電池とブルートゥース装置があり、縦方向に沿って対応するように凹槽11内に挿設され、貫通穴14に位置して携帯電話本体10に電気的に接続されるイヤホン20と、が含有される。そのため、イヤホン20が貫通穴14に挿設されると受信することができ、また、イヤホン20と携帯電話本体10とが分離されると、イヤホン20をブルートゥースイヤホンとして利用できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):