(54)【考案の名称】太陽光発電装置を組み込んだ組立式多目的利用テーブルベンチセット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電源のない建物屋上、庭園、海浜、山間部、公園等任意の場所に容易に一人で搬入、組立、設置することがでる組立式多目的利用の太陽光発電テーブルベンチセットに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年、移動式、可搬式、組立式の太陽光電池発電装置が開発されている。
【0003】
しかし、従来の太陽光電池発電装置の移動式や可搬式は通路や搬入路、可搬重量に制限があり、また制御部が防水でない為に常に天候によって移動を考慮しなければならない。組立式のソーラーパネルは専用の架台に固定され、制御部は屋内に設置されるので移設には費用もかかり不適切である、また制御部が屋外に設置されている型式でも制御部が防水でない為に常に天候によって移動を考慮しなければならず固定が出来ない。またこれらの装置は電源を供給するだけの装置である。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案の太陽光発電装置を組み込んだ組立式多目的利用テーブルベンチセットは接続部をパイプ差し込み接続とし、任意の場所に一人の人力で容易に組立を可能にした。固定ネジとアンカーボルトの取付と蓄電池と制御機器を防水収納箱に設置することで装置の長期固定設置を可能にした。テーブルをソーラーパネルの架台とする為に、テーブルの天板に強化ガラスのソーラーパネルを有効利用し、多目的利用の屋外ベンチセットの空間を確保した。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の太陽光発電装置を組み込んだ組立式多目的利用テーブルベンチセットの外観斜視図である。
【図2】本考案の太陽光発電装置を組み込んだ組立式多目的利用テーブルベンチセットの鍵付き収納箱を引き出した状態の外観斜視図である。
【図3】本考案の太陽光発電装置を組み込んだ組立式多目的利用テーブルベンチセットの組立斜視図である。

【0011】
図1及び図3に示すように、本考案の太陽光発電装置を組み込んだ組立式多目的利用テーブルベンチセット1(以下単に「組立式多目的利用テーブルセット」と称す)は組立部品の重量を10kg以内として一人で搬入組み立てるようにした。テーブル枠1に4本のテーブル脚4を差し込み接続しテーブル脚4に前後のベンチ脚5を接続することによってテーブルは安定する。さらに2枚のベンチ天板2を接続することにより強固な躯体となる。次に鍵付き引き出し式電池及び制御機器収納箱6をセットし制御結線し最後にソーラーパネルテーブル天板1をセットする。常時設置には接続部固定ネジ12と脚部アンカーボルト13で固定する。
【0012】
図2に示すように装置を常時設置とするために電池及び制御機器の収納箱6を完全防水タイプとし、テーブルの天板の下に設置しメンテナンスの為引き出し式とし、施錠付とする。
【0013】
図1に示すように有効利用と簡素化の為テーブルの天板にソーラーパネルのテーブル天板(強化ガラス)1を使用し、テーブルをソーラーパネルの架台として利用する。
【0014】
1. ソーラーパネルのテーブル天板(強化ガラス)
2. 穴あきベンチ天板入力書面
3. テーブル枠
4. テーブル枠
5. ベンチ脚
6. 電池及び制御機器の収納箱
7. 電圧警報灯
8. AC100V出力
9. 充電灯
10.オン―オフスイッチ
11.AC100V入力
12.固定用穴
13.アンカーボルト穴
14.照明灯

(57)【要約】

【課題】一人で組立、搬入、設置可能で、短期設置、常時設置が可能な太陽光発電装置を組み込んだ組立式多目的利用テーブルセットを提供する。【解決手段】細分化した部品を異径管の差し込み接続することにより簡単に搬入、組立、設置が可能で、テーブル天板1に強化ガラスのソーラーパネルを有効利用し、ソーラーパネルの架台としてテーブルを利用する。電池及び制御機器収納箱6を防水型とし、接続部に固定ネジ、脚部5にアンカーボルトを取り付けることにより常時設置を可能にした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):