(54)【考案の名称】ハガキ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【従来の技術】

【0002】
日本郵政発行の年賀及暑中お見舞ハガキには、抽選番号があり当選者のみに商品等が与えられるのが現状である。
【0003】

(57)【要約】

【課題】年賀ハガキ及暑中お見舞ハガキの表下枠にある抽選番号を有する懸賞付きハガキにおいて、抽選番号の下部に同一の抽選番号を記載しキリトリ線により、差出人は控として持っておき当選を確認する事が出来る仕組みを有するハガキを提供する。【解決手段】同一の抽選番号をハガキ下部の二列にわたって印刷2,3し、一方の抽選番号を切り取り可能な切り取り線4を列と列の間に設けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):