(54)【考案の名称】美顔ローラ

(73)【実用新案権者】スペランザジャパン株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は美顔ローラに関する。

【従来の技術】

【0002】
美顔ローラはゴム製や金属製の回転ローラ部を備えており、顔面、あご回り、首筋、二の腕などの肌に回転ローラを当て、肌の上で転がすように移動させることによって美容マッサージを行う。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案は、優れた美容効果が得られる美顔ローラを提供することを目的とする。

【効果】

【0005】
本考案により提供される美顔ローラを用いて肌をマッサージすると、回転ローラの回転によるマッサージ効果と、回転ローラに含まれるマグネシウム系物質による美肌効果とが同時に発揮されるので、優れた美容効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の美顔ローラの一例(美顔ローラ101)の正面斜視図である。
【図2】本考案の美顔ローラの一例(美顔ローラ101)の背面図である。

【0007】
図1及び図2に、本考案に属する美顔ローラ101を示す。美顔ローラ101は、柄1の一端が二股に分かれており、左右一対のローラ部2(右側ローラ部2R、左側ローラ部2L)が軸回転可能に取り付けられている。各ローラ部2は、軸受け孔を有するローラ支持部3の略円筒状側面に、リング乃至タイヤ形状の回転ローラ4が2つずつ、軸方向に間隔を空け並列させて、嵌め込み固定されたものであり、柄1の先端の軸部にローラ支持部の軸受け孔が挿入され、軸回転可能に支持される。
回転ローラ4は、例えばゴムローラ、金属ローラなどであり、マグネシウム、マグネシウム合金、マグネシウム合金以外のマグネシウム化合物よりなる群から選ばれる物質(「マグネシウム系物質」と総称する)を含有する材料で表面の少なくとも一部が形成されている。この回転ローラがゴムローラの場合には、ゴム原料にマグネシウム系物質の粉末を混合し、成形すればよい。また、金属ローラの場合には、金属ローラ全体がマグネシウム合金などマグネシウム系物質からなるものであってもよい。
【0008】
上記美顔ローラ101の回転ローラ4を顔面などの肌に当て、転がすように移動させてマッサージすると、回転ローラの回転によるマッサージ効果と、回転ローラに含まれるマグネシウム系物質による美肌効果とが同時に発揮されるので、優れた美容効果が得られる。
マグネシウム系物質による美肌効果としては、美白、肌をきめ細かくするなどの効果がある。美顔ローラを風呂などで用いるときに回転ローラに含まれるマグネシウム系物質が水と反応して水素を発生し、その水素が肌に作用することがマグネシウム系物質による美肌効果が発揮される一要因になっていると推測される。
【0009】
なお美顔ローラの形状や回転ローラの数は図示した例のものに限定されるわけではない。
図示した例では、柄の二股となった先端のそれぞれにローラ部2を一対となるように設けているが、柄の一端に単純に一つだけローラ部を設けても良い。一つのローラ部2に2つの回転ローラ4を並列に固定するのではなく、一つのローラ部に、幅広の回転ローラを一つだけ固定してもよい。回転ローラは柄の一端側寄りに設ければよく、柄の最先端に設ける必要はない。
また、図示した例ではリング状の回転ローラが柄の先端を中心にして軸回転するが、柄の先端に球状の回転ローラをベアリングを介して取付けて、軸回り方向に規制されずに自由な方向に回転するようにしてもよい。
【0010】
101:美顔ローラ
1:柄
2(2R、2L):ローラ部
3:ローラ支持部
4:回転ローラ

(57)【要約】

【課題】優れた美容効果が得られる美顔ローラを提供する。【解決手段】美顔ローラ101は、柄1の一端に、マグネシウム、マグネシウム合金、及び、マグネシウム合金以外のマグネシウム化合物よりなる群から選ばれるマグネシウム系物質を含有する回転ローラ4を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):