(54)【考案の名称】素材の配置・構成が連続加工・成型できる巾着袋

(73)【実用新案権者】システムポリマー株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、袋本体のみでなく それに装填される紐も 袋が成型・加工されると同時に紐も装填・裁断・熔着され、必要に応じ連続量産もできる製法である。

【従来の技術】

【0002】
従来巾着袋は 袋として出来上がった 開口部の二重構造部分に紐を通して後 結んで完成した物であるが、人手・手間を必要として、量産には不向きな物であった。

【効果】

【0009】
本考案の巾着袋は、特に人件費削減と量産が可能で 低原価な製造方法である

(57)【要約】

【課題】袋本体のみでなく、それに装填される紐も袋が成型・加工されると同時に装填・裁断・熔着され、必要に応じ連続量産もできる巾着袋製造用フィルムの構造を提供する。【解決手段】袋本体1となるフィルムの両端のそれぞれに紐3を配置し、両端のそれぞれにおいて紐を包み折返し、紐に沿って熔接して紐通しを形成し、紐通しが重なるようにフィルムを二つ折りし、紐に対して垂直にフィルムを複線熔接し、その間隙へ破線状切れ目を施したことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):