(54)【考案の名称】太陽光発電に用いる電子装置の筐体

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】群光電能科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電装置の接続装置もしくは逆変換装置等の電子装置に関わるもので、特に、これらの電子装置の筐体に係わる。

【従来の技術】

【0002】
環境保護の提唱により、太陽光発電技術は既に省エネルギーによる環境保護の重要な手段の一つになっている。現在、政府は極力太陽光発電所及び一般家用太陽光発電システムを普及させようとしており、太陽光発電技術は日々広く応用されるようになっている。
【0003】
太陽光発電技術は、ソーラーパネルで光エネルギーを直接電気エネルギーに転換し、次にケーブルを通してソーラーパネルで発生した電気エネルギーを伝送して利用する。そのため、太陽光発電技術は接続装置もしくは逆変換装置等の電子装置が必要で、ケーブルで光電の転換箇所で接続装置を用いて転換するか、もしくはソーラーパネルで発生した電気エネルギーを、逆変換装置で直流電流(Direct Current,DC)を交流電流(Alternating Current,AC)に転換する。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案の太陽光発電に用いる電子装置の筐体は、太陽光を用いた電子装置の防水、防塵能力が向上するという利点がある。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の太陽光発電に用いる電子装置の筐体第一実施例の立体分解図である。
【図2】本考案の太陽光発電に用いる電子装置の筐体第一実施例の別の一立体分解図である。
【図3】本考案の太陽光発電に用いる電子装置の筐体第一実施例の立体組立図である。
【図4】本考案の太陽光発電に用いる電子装置の筐体第一実施例の別の一立体組立図である。
【図5】本考案の図4の5-5断面線に沿った断面指示図である。
【図6】本考案の図5A部分の局部拡大図である。
【図7】本考案の図4の7-7断面線に沿った断面指示図である。
【図8】本考案の図7B部分の局部拡大図である。

【0009】
掛合部によって掛合接続部を対応して掛合し、環状凸稜を動かして環状凹溝内に嵌入し、環状凸稜が防水シール材を押さえ防水シール材を変形させ、防水シール材が更に筐体周壁にしっかりと密着し、太陽光を用いた電子装置の防水防塵能力を高める太陽光発電に用いる電子装置の筐体を提供することを本考案の目的の一つとする。
【0010】
上述の目的を達成するため、本考案は該環状凹溝に防水シール材を埋設した太陽光発電に用いる電子装置の筐体を提供する。それは以下を含む。
【0011】
第一筐体は、筐体周壁、該筐体周壁内に形成した納置空間及び該筐体周壁内側に配置した少なくとも一掛合接続部を備え、該筐体周壁は最上部から内向きに環状凹溝を成形する
【0012】
防水シール材は、該環状凹溝に埋設する。
【0013】
第二筐体は、該第一筐体と連接し、該納置空間に対応して蓋をし、環状凸稜及び該環状凸稜内側に配置した少なくとも一つの掛合部を備え、該掛合部は該掛合接続部に対応して掛合し、該環状凸稜を動かして該環状凹溝内に嵌入し、それによって該環状凹溝に埋設された該防水シール材が該環状凸稜及び該筐体周壁の間に挟持される。
【0014】
本考案の詳細説明及び技術内容について、図式と共に以下に説明するが、図式は説明するためであり、本考案を限定するものではない。
【0015】
図1から図8に示すとおり、本考案は太陽光を用いた電子装置の第一実施例であり、その太陽光発電に用いる電子装置の筐体10は、第一筐体1、防水シール材2及び第二筐体3を含む
【0016】
図1から図4に示すのは、本願の太陽光を用いた電子装置10であり、逆変換装置、接続装置もしくは接続及び逆変換機構を統合した装置である。本実施例の太陽光を用いた電子装置10は接続及び逆変換機構を統合した複合装置とするが、それに制限されない。
【0017】
図1から図8に示すとおり、第一筐体1は筐体周壁11、筐体周壁11内に形成した納置空間12及び筐体周壁11内側に配置した一もしくは複数の掛合接続部13を備え、筐体周壁11は上縁部から内側に向かって環状凹溝111を形成する。
【0018】
以下に詳しく説明すると、筐体周壁11は内壁14を備え、掛合接続部13は内壁14に形成する。その掛合接続部13は内壁14に開設した挟持溝141によって構成される。
【0019】
その他、筐体周壁11の相対する両側には、それぞれ一もしくは複数の掛合溝113を設けて、その掛合溝113は筐体周壁11上縁の内側から外側に向かって設置したL型通孔114によって構成される。本実施例の掛合溝113の数量は複数とするがそれに限定されない。
【0020】
その他、筐体周壁11の一側には複数のAC出力孔117及び複数のDC出力孔118を設置する。AC出力孔117はAC電源伝送線を定位するのに用い、DC出力孔118はDC電源伝送線を定位するのに用い、更に、第一筐体1は納置空間12内に向かって複数の仕切板15が延びる。
【0021】
図1から図8に示すとおり、防水シール材2は、環状凹溝111内に埋め込む。この防水シール材2は市場でよく見られる防水リング21であり、その防水リング21はゴム、シリコン等の防水弾性材質で構成されるか、もしくは環状凹溝111内を囲むPU(Polyurethane,ポリウレタン)発泡スチロールから構成される。
【0022】
図1から図8に示すとおり、第二筐体3と第一筐体1は連接し、更に納置空間12に対応して蓋合する。第二筐体3は環状凸稜31及び環状凸稜31内側に配置する一もしくは複数の掛合部32を備え、掛合部32は掛合接続部13に対応して掛合し、環状凸稜31を環状凹溝111内に嵌入し、それによって防水シール材2が環状凸稜31及び筐体周壁11の間に挟持される。
【0023】
更に詳説すると、第二筐体3には納置空間12向きに一もしくは複数の押圧突起33を延長して形成し、掛合部32を押圧突起33の末端に成形する。
【0024】
その他、掛合部32は押圧突起33末端から突出した挟持突起331で構成され、挟持突起331は挟持溝141に対応して掛合し、掛合部32を掛合接続部13に対応して掛合する。同様にして、掛合接続部13は内壁14から延びた挟持突起で構成され、掛合部32は押圧突起33末端から開設した挟持溝で構成され、上述の機能及び効果を達成する。
【0025】
更に、内壁14の最上部と第二筐体3の間は間隔距離Sを備え、掛合部32を掛合接続部13に対応して掛合した時、間隔距離Sを掛合部32及び掛合接続部13の間に保つ。
【0026】
本実施例の掛合部32及び掛合接続部13の数量は複数とするがそれに限定されない。拠って、押圧突起33の数量も複数とする。各押圧突起33は、それぞれ第二筐体3の相対する両側に成形し、第二筐体3両側の掛合部32を内壁14両側の掛合接続部13に対応して掛合した時、環状凸稜31の両側も力を受けて動かされ、環状凹溝111内に押圧嵌入し、更に防水シール材2が環状凸稜31及び筐体周壁11の間に挟持される。
【0027】
また、第二筐体3の相対する両側には、それぞれ一もしくは複数の掛合突起34が延長形成され、掛合突起34は第二筐体3の突出したL型突起35から構成され、L型突起35はL型通孔114に対応して掛合し、掛合突起34を掛合溝113に対応して掛合し、第二筐体3と第一筐体1は相互に掛合接続する。本実施例の掛合突起34の数量は、複数とするがそれに限定されない。
【0028】
図1から図3に示すとおり、本考案の太陽光を用いた電子装置10は、更に回路板4及び複数のコネクタ5を具える。回路板4及び各コネクタ5は納置空間12に納置して互いに電気的に接続する。
【0029】
更に、回路板4は電気的に接続した第一回路板41、第二回路板42及び第三回路板43からなる。第一回路板41及び第二回路板42は共同で逆変換回路を構成し、第三回路板43は接続回路を構成し、各コネクタ5は第三回路板43上に溶接する。仕切板15は第一回路板41、第二回路板42及び第三回路板43の間に設置する。
【0030】
図4から図6に示すとおり、本考案の太陽光を用いた電子装置10は、第一筐体1に筐体周壁11、筐体周壁11内に形成した納置空間12及び筐体周壁11内側に配置した掛合接続部13を備える。筐体周壁11は、最上部から内向きに環状凹溝111を設置する。防水シール材2は環状凹溝111に埋設する。第二筐体3と第一筐体1は連接し、納置空間12に対応して二を閉じる。第二筐体3は環状凸稜31及び環状凸稜31内側に配置した掛合部32を備え、掛合部32は掛合接続部13に対応して掛合し、環状凸稜31を動かして環状凹溝111内に嵌入する。それによって防水シール材2が環状凸稜31及び筐体周壁11の間に挟持される。これらに拠って、環状凸稜31が防水シール材2を押さえて防水シール材2を変形させ、更に防水シール材2をよりしっかりと筐体周壁11に密着させ、太陽光を用いた電子装置10の防水防塵能力を向上させる。
【0031】
図4から図6に示すとおり、本考案の太陽光を用いた電子装置10の使用状態として、第一筐体1に筐体周壁11内側に配置した掛合接続部13を備え、筐体周壁11は最上部から内向きに環状凹溝111を設置し、防水シール材2は環状凹溝111に埋設する。第二筐体3は環状凸稜31内側に配置した掛合部32を備え、掛合部32は掛合接続部13を対応して掛合し、環状凸稜31を動かして環状凹溝111内に嵌入する。それらに拠って、防水シール材2は環状凸稜31及び筐体周壁11の間に挟持される。筐体周壁11内側に配置した掛合接続部13及び環状凸稜31内側に配置した掛合部32は相互掛合し、環状凸稜31を下に押して環状凹溝111内に嵌入し、防水シール材2を押さえる。そして防水シール材2が変形し更に緊密に環状凹溝111内壁及び環状凸稜31に密着し、太陽光発電に用いる電子装置の筐体10の防水防塵能力が向上する。
【0032】
そのうち,掛合接続部13は筐体周壁11内側に配置し、掛合部32は環状凸稜31内側に配置する。掛合接続部13及び掛合部32の構造は外へ露出しないので、美観の問題を考慮しなくても済む。掛合部32及び掛合接続部13の構造を安定及び緊密にすることで、更に確実に環状凸稜31が下へ動いて環状凹溝111に嵌入し、防水シール材2を押圧して密封する。
【0033】
他に、筐体周壁11は内壁14を備え、掛合接続部13は内壁14上で形成し、内壁14の最上部と第二筐体3の間は間隔距離Sを備える。掛合部32が掛合接続部13に対応して掛合した時、間隔距離Sは掛合部32及び掛合接続部13の間に配置し、弾性圧縮空間を形成し、掛合部32及び掛合接続部13の掛合有空間を微妙に調整し、掛合部32及び掛合接続部13の結合を更に安定して緊密にする。
【0034】
更に掛合部32は押圧突起33末端から突出した挟持突起331で構成され、掛合接続部13は内壁14上から開設された挟持溝141で構成される。挟持突起331は挟持溝141に対応して挟持し、太陽光を用いた電子装置10を簡単な部品によって環状凸稜31が防水シール材2を押圧して密封する目的を達成する。
【0035】
また、公知の太陽光を用いた電子装置の筐体は、ほとんどが固定方式で組み立てる。そのため、太陽光を用いた電子装置が修理を必要とする時、通常工具(例としてドライバー)を用いてやっと取り外すことができるため、修理を行う者は時間がかかり不便である。これに対して、本考案の太陽光を用いた電子装置10は、筐体周壁11の相対する両側に掛合溝113を設置し、第二筐体3の相対する両側には掛合突起34が延び、掛合突起34が掛合溝113に対応して掛合するので、第一筐体1及び第二筐体3の組立は、ネジが必要でなく、太陽光を用いた電子装置10の組立の便利性を達成する。
【0036】
並びに、太陽光を用いた電子装置10は接続装置もしくは接続及び逆変換機構の統合複合装置であり、筐体周壁11一側にはAC出力孔117及びDC出力孔118を設置し、AC出力孔117及びDC出力孔118を一側に統一集中し、更に太陽光を用いた電子装置10と外部との電気的接続を便利にする。
【0037】
且つ、第一筐体1は納置空間12内向きに仕切板15が延び、仕切板15は第一回路板41、第二回路板42及び第三回路板43の間に設置する。そのため、仕切板15は第一回路板41、第二回路板42及び第三回路板43の間で絶縁作用を提供し、第一回路板41、第二回路板42及び第三回路板43の間に発生する火花を防止し、太陽光を用いた電子装置10は良好な安全使用性を備える。
【0038】
10 太陽光発電に用いる電子装置の筐体
1 第一筐体
11 筐体周壁
111 環状凹溝
113 掛合溝
114 L型通孔
117 AC出力孔
118 DC出力孔
12 納置空間
13 掛合接続部
14 内壁
141 挟持溝
15 仕切板
2 防水シール材
21 防水リング
3 第二筐体
31 環状凸稜
32 掛合部
33 押圧突起
331 挟持突起
34 掛合突起
35 L型突起
4 回路板
41 第一回路板
42 第二回路板
43 第三回路板
5 コネクタ
S 間隔距離

(57)【要約】

【課題】太陽光発電に用い、防水、防塵性の向上を図った電子装置の筺体を提供する。【解決手段】電子装置筐体は、第一筐体1、防水シール材2及び第二筐体3を具え、第一筐体は、筐体周壁11内に納置空間を形成し、筐体周壁内側に掛合接続部13を備える。筐体周壁上縁には内向きに段差を有する環状凹溝111を設けて防水シール材を埋設する。第二筐体は第一筐体に対して納置空間を設けて蓋をし、第二筐体に環状凸稜31を設けると共にその内側に配置した掛合部33を掛合接続部13に掛合して、環状凸稜を環状凹溝内に埋設した防水シール材を押圧させて密封する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):