(54)【考案の名称】着替え用テントの横置き自立構造

(73)【実用新案権者】ビーズ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は着替え用テントが横置き状態で自立するための構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
着替え用テントとは、テント側面に配置された4本の円形フレーム(1,2,4,5)から構成される、着替えを行うために設計されたテントである。
【0003】
中に入った人は立ったまま着替えることができるが、床部分の広さは通常120×120cm程度のため、寝転がることは不可能である。
【0004】
テントを横置きにすれば、人が寝転がって休憩することも可能であるが、従来の構造では横置き状態での自立は構造上、不可能である。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案は、以上のような従来の問題点を解決するため、着替え用テントが横置き状態でも自立することを目的としている。

【効果】

【0007】
着替え用テント底面のループが対角線上に引っ張られた状態であれば、張力により、着替え用テントは横置き状態でも自立することができる。その結果、着替え用テントは着替えるためだけではなく、寝転がって休憩する用途のためにも使用可能となった。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】テントを前方から見た斜視図
【図2】テントを上方から見た平面図
【図3】テントを底面から見た平面図
【図4】テント底面に取り付けるフレームの平面図

【0009】
1,2,4,5はテント側面の円形フレーム、3はテントの入口、6,7,8,9は10をテント底面に取り付けるためのループ、10はテント底面に取り付ける円形フレーム、11は10をテント底面の6,7,8,9に取り付けるためのフック、12は10と11をつなぐための生地であることを表す。

(57)【要約】

【課題】横置き状態でも自立する着替え用テントを提供する。【解決手段】フックが付いた円形フレームを着替え用テントの底面に取りつけて、フックにより底面4箇所に取付けられたループ6,7,8,9を対角線上に引っ張る。その張力により、着替え用テントが横置きでも自立し、寝転がって休憩する用途にも使えるようになる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):