(54)【考案の名称】立体式ソーラーパネル架台

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は一定の迎角を持って斜め上方に高く伸びる構造を持つ2本の傾斜支柱(図1
傾斜支柱A,B)にソーラーパネルを横方向に渡して搭載し、斜め上方に高く伸びる構造を持つ2本の傾斜支柱を支えるほぼ垂直に屹立する2本の垂直支柱(図1垂直支柱A,B)を結合する立体式ソーラーパネル架台に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、有り余る空間を利用せず、極めて有限で平坦な土地や、面積が極端に狭い民家の屋根やビルの屋上ばかりを利用してソーラーパネルを平面的に並べて設置してゆく平面式ソーラーパネル架台(図2)があった。

(57)【要約】

【課題】ソーラーパネルを山岳地帯や河川湖沼に浮かぶ小さな島々、干潟などにも敷設することを可能にしたことを特徴とする立体式ソーラーパネル架台を提供する。【解決手段】ソーラーパネル架台は、ソーラーパネルを載せる架台を従来のように地面に対して平面的に且つ地面にくっつくように接近して地面とほぼ平行に四方八方に並べてゆく平面式ソーラーパネル架台ではなく、その下端が地面に強固に固定され大きな迎角をもって地面から上に伸びる。傾斜しかつ平行な2本の長大な傾斜支柱3,4と、この2本の傾斜支柱を支えるためにその下端が地面に強固に固定され垂直で上方に伸びる並行且つ長大な垂直支柱5,6で構成される。2本の垂直支柱の上端と2本の傾斜支柱の上端は互いに連結固定され、ソーラーパネル架台1は傾斜支柱の長さに応じて数個から数十個を2本の傾斜支柱に横渡しにして搭載し固定することを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):