(54)【考案の名称】面鏝

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、コンクリート床面や道路面などに面引きする際に使用する面鏝に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に面鏝は、コンクリート床面の面引、道路面引などの面引き作業に使用される鏝である。この面鏝は、面引きの角度や使用状態に応じて羽根の長さや角度を変えた多くの種類が設けられている。
【0003】
特許文献1に記載の左官コテも面鏝の一種で、コンクリート床面から排水溝に至る勾配面を面取りするように構成したものである。すなわち、排水溝を形成する型枠天端に押し付ける逆L字状を成した部位と、排水溝に至る勾配面を面取りする羽根とを設けたものである。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案の請求項1によると、羽根2の長手側縁から副甲ら3が水平に延長され、且つ、該副甲ら3の長手側縁から補助羽根4が屈曲延長されたことにより、面引きの仕上がり形状を変更することができ、床面端部の強度を高めると共に、同時に見た目の美しさも兼ねる仕上がりをすることが可能になった。
【0012】
請求項2のごとく、羽根2と補助羽根4との屈曲角度は、水平な甲ら1と副甲ら3とに対して同位角となるように構成したことで、羽根2及び補助羽根4にて形成される面の角度は同一角度になり、調和がとれた面引きが形成されるので、外観形状において見た目の美しさを提供することができる。
【0013】
請求項3のように、甲ら1の下面に、筋引き用の突条を1本又は複数本突設したことで、面引きと共に、コンクリートやモルタル面に筋目を入れることが可能になる。この結果、これまでには存在しなかったデザインの面引きやヒビ引きが可能になるものである。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の一実施例を示す斜視図である。
【図2】本考案の一実施例を示す概略側面図である。
【図3】本考案の他の実施例を示す概略側面図である。
【図4】本考案の他の実施例を示す概略側面図である。

【0015】
本考案によると、面引きの仕上がり形状を変更することができ、床面端部の強度を高めると共に、同時に見た目の美しさも兼ねる仕上げをすることに成功した。
【0016】
以下、図面を参照して本考案を詳しく説明する。本考案面鏝は、コンクリート床面の面引、道路面引などの面引き作業に使用される鏝である。この種の面鏝は、水平面を形成する甲ら1の長手側縁から面を形成する羽根2が屈曲形成されたもので、面引きの角度や使用状態に応じて羽根の長さや角度を変えて形成されている。
【0017】
本考案面鏝は、羽根2の長手側縁から副甲ら3が水平に延長され、且つ、この副甲ら3の長手側縁から補助羽根4が屈曲延長されたものである(図1参照)。甲ら1の上面には、把手Pが設けられている。甲ら1と副甲ら3は、いずれも水平面を慣らす部位であるため平行に設けられている。
【0018】
羽根2は甲ら1から屈曲形成され、副甲ら3は補助羽根4から屈曲形成されている。これら羽根2と補助羽根4との屈曲角度は、水平な甲ら1と副甲ら3とに対して同位角となるように構成している。図示例では、甲ら1と副甲ら3との下面に対してそれぞれ135度の角度に形成している(図2参照)。これら羽根2と補助羽根4との屈曲角度は、甲ら1と副甲ら3との下面に対してそれぞれ直角に形成することも可能である(図示せず)。
【0019】
図3及び図4は、本考案の他の実施例を示している。すなわち、図3は、甲ら1の下面に、筋引き用の突条5を平行に2本突設したものである。この突条5は、例えば床のモルタルなどに筋を入れる仕上げに使用するもので、本考案では、面引き仕上げに隣接した筋目が形成されることになる。
【0020】
図4は、甲ら1の下面に、筋引き用の突条5を1本突設したものである。このように、突条5の数は任意に設定することが可能である。
【0021】
尚、本考案の実施例は図示例に限られるものではなく、例えば、甲ら1、羽根2、副甲ら3、補助羽根4の形状や角度の変更、材質の置換、あるいは把手Pなどの形状等は、本考案の要旨を変更しない範囲で自由に変更できるものである。
【0022】
P 把手
1 甲ら
2 羽根
3 副甲ら
4 補助羽根
5 突条

(57)【要約】

【課題】面引きの仕上がり形状を変更することができ、床面端部の強度を高めると共に、同時に見た目の美しさも兼ねる仕上げをすることができる面鏝を提供する。【解決手段】水平面を形成する甲ら1を形成する。該甲ら1の長手側縁から面を形成する羽根2を屈曲形成する。これら甲ら1と羽根2とを備えた面鏝を構成する。羽根2の長手側縁から副甲ら3を水平に延長する。この副甲ら3の長手側縁から補助羽根4を屈曲延長する。羽根2と補助羽根4との屈曲角度は、水平な甲ら1と副甲ら3とに対して同位角となるように構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):