(54)【考案の名称】伝言メモ

(73)【実用新案権者】欧文印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、伝言があることを視覚に訴えつつ、伝言の内容を第三者から視認しづらくした伝言メモに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から情報を相手に伝える手段として伝言メモが用いられている。
この種のメモについては、様々なものが提案されており、例えば、特許文献1に記載の立体カードや、特許文献2に記載の折り畳みメモ用紙を挙げることができる。
【0003】
特許文献1には、表示部と絵柄部の分かれ目に切り込み線を入れることで、ワンタッチで絵柄部の立体形成が可能な立体カードが記載されている。
特許文献1に記載の立体カードによれば、絵柄がポップアップされる視覚効果により、例えば、デスク上に、他のメモやノート等とともに置かれていたとしても、伝言があることを気づき易いといったメリットを有する。
特許文献2には、縁辺に平行な2本の折線を用紙に施し、折線に沿って三つ折りする折り畳みメモ用紙であって、折り畳む際に用紙の一端を、他端の切り込みに差し込んで使用するものが記載されている。
特許文献2に記載のメモ用紙によれば、伝言欄を三つ折りして隠しつつ封止することができるため、伝言の内容を容易に見られなくすることができる。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案によれば、伝言の存在を視覚を通じて容易に認識することができ、伝言の内容は第三者から視認しづらい伝言メモを提供することができる。

(57)【要約】

【課題】伝言があることを斬新な立体的なデザインにより容易に認識することができ、かつ、伝言の内容を第三者から視認しづらくした伝言メモを提供する。【解決手段】用紙を二つ折りして用いる伝言メモであって、二つ折りにした状態で、表表紙面、及び表表紙面の裏側である第一内面110を備えた第一用紙部101と、裏表紙面、及び裏表紙面の裏側である第二内面120を備えた第二用紙部102とからなり、第二用紙部102の所定領域に折り曲げ可能に切り込みを施した突設部60を備えると共に、第一用紙部101における突設部60に対応する位置に切欠き70を備え、突設部60を折り曲げて切欠き70に差し込み、第一用紙部101と第二用紙部102とを二つ折りにすることによって、突設部60が切欠き70と係合して起立するようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):