(54)【考案の名称】無断開封抑止機能付カード

(73)【実用新案権者】AD印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば、無断開封抑止機能付カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、日常生活やビジネス社会において、メッセージカードが使用されている。また、メッセージカードの様々なデザイン、種類あるいは機能が開発されている。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案によれば、第1平面部のスペースを露出するときに、第2平面部の切取線を切り取る。これにより、第2平面部の一部である形跡部が第1平面部側に残り、第2平面部の一部である開封部がスペースの少なくとも一部を露出させる。これにより、開封したときには必ずその形跡が残るため、無断開封を知らせることができる。また、無断開封を事前に防ぐことも可能になる。
【0011】
また、メッセージ記入欄にメッセージを記入することができる。また、メッセージ記入欄の無断開封が抑止されるため、記入内容の秘密性が維持される。
【0012】
また、接着部が第2平面部の第1平面部と面接する側に設けられていることにより、カードの封止作業が容易になる。
【0013】
さらに、無断開封抑止機能付カードに広告宣伝機能を持たせることができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の第1実施形態の無断開封抑止機能付カードが開封した状態を示した図である。
【図2】本考案の第1実施形態の無断開封抑止機能付カードが閉じた状態を示した図である。

【0015】
本考案の第1実施形態に係る無断開封抑止機能付カードについて、図面を参照して説明する。なお、無断開封抑止機能付カードは、例えば、紙媒体で形成されている。
【0016】
図1及び図2に示すように、無断開封抑止機能付カード10は、例えば、所定のスペースが形成された第1平面部12と、第1平面部12と面接可能に構成され第1平面部12と面接することによりスペース18の少なくとも一部を覆う第2平面部14と、第1平面部12と第2平面部14とを相互に接着する接着部16と、を有する。
【0017】
第1平面部12の正面側には、所定のスペース18が形成されている。スペース18には、例えば、メッセージを記入するためのメッセージ記入欄18Aと、宛名等を記入するための宛名記入欄18Bと、が形成されている。
【0018】
ここで、本実施形態では、メッセージ記入欄18Aは、第2平面部14が折線BLで折り返された場合に第2平面部14で覆われる領域に位置している。また、宛名記入欄18Bは、第2平面部14が折線BLで折り返された場合に第2平面部14が重ならない領域に位置している。
【0019】
第2平面部14は、例えば、第1平面部12と面接し接着部16により接着した状態から開封するときに切り取られる切取線CLと、切取線CLで切り取られたときに第1平面部12側に残る形跡部14Aと、切取線CLで切り取られたときにスペース18の少なくとも一部を露出させる開封部14Aと、を有する。
【0020】
すなわち、第2平面部14は、切取線CLを境界にして形跡部14Aと開封部14Bとに区画される。切取線CLとして、例えば、ミシン線が利用される。
【0021】
第2平面部14の正面側には、形跡部14Aと開封部14Bとに跨って接着部16が設けられている。接着部16は、例えば、第1平面部12と第2平面部14とが一旦接着した後であっても、引き剥がし可能な材質で構成されている。
【0022】
第2平面部14の正面側の接着部16の上方には、保護シート20が取り付けられている。保護シート20は、形跡部14Aと開封部14Bとにわたって貼り付けられる。保護シート20は、未使用時に接着部16を保護するシートであり、メッセージ記入欄18Aにメッセージを記入した後に、接着部16から剥がされる。
【0023】
保護シート20の正面側に、無断開封抑止機能付カード10の使用方法の説明を記載しておくことが好ましい。これにより、無断開封抑止機能付カード10の使用方法の説明が目に付きやすく、使い勝手が良くなる。
【0024】
保護シート20の正面側に、所定の広告を表示するための広告表示スペースを設けてもよい。これにより、無断開封抑止機能付カード10に広告宣伝機能を持たせることができる。
【0025】
ここで、第2平面部14は、第1平面部12に対して一体的に形成されている。詳細には、第1平面部12と第2平面部14との境界には折線BLが形成されており、折線BLにて第2平面部14が折り返されて第1平面部12と面接可能になる。
【0026】
また、第1平面部12及び第2平面部14の背面側には、例えば、社名等を表示するための広告表示スペースとして利用することができる。特に、第2平面部14が第1平面部12と接着したときには、第1平面部12及び第2平面部14の背面側が目に付き易くなり、広告宣伝効果を高めることが可能になる。
【0027】
次に、無断開封抑止機能付カード10の使用方法について説明する。
【0028】
図1に示すように、無断開封抑止機能付カード10の使用前の状態において、メッセージ記入欄18Aに所定のメッセージを記入し、宛名記入欄18Bに所定の宛名を記入する。
【0029】
次に、第2平面部14側に貼り付けられた保護シート20を剥がす。これにより、第2平面部14の接着部16が露出する。そして、図2に示すように、折線BLを基準として、第2平面部14側を第1平面部12側に向かって折り返す。これにより、第1平面部12の正面側と第2平面部14の正面側とが面接して、両者が接着部16により接着する。
【0030】
このとき、第1平面部12のメッセージ記入欄18Aは、第2平面部14に完全に覆われた状態になり、外部から視認することができない。また、宛名記入欄18Bは、第2平面部14で覆われず、外部から視認することができる。これにより、宛名記入欄18Bの宛名を外部に露出しつつ、メッセージ記入欄18Aの内容を秘密の状態で維持することができる。
【0031】
次に、無断開封抑止機能付カード10を受け取った本人が、第2平面部14の開封部14Bを切取線CLで切断しながら剥がす。開封部14Bを第1平面部12側から完全に剥がすことにより、メッセージ記入欄18Aが露出してメッセージの内容を確認することが可能になる。
【0032】
このとき、第2平面部14の一部を構成していた形跡部14Aが第1平面部12に接着された状態で残る。換言すれば、無断開封抑止機能付カード10を開封するときには、第2平面部14が開封部14Bと形跡部14Aに分断され、形跡部14Aだけが第1平面部側に接着した状態になる。これにより、無断開封抑止機能付カード10が一度開封されていたことが判明する。
【0033】
また、無断開封抑止機能付カード10の開封時において第2平面部14が分断されることは、容易に想像することが可能であるため、無断開封抑止機能付カード10の無断開封を抑制する効果も発揮する。
【0034】
なお、上記実施形態は一例を示したものであり、様々な設計変更が可能である。
【0035】
例えば、第2平面部14の切取線CLの近傍に切欠き部(図示省略)を設けておくことにより、開封部14Bの端部を指の爪等で剥離し易くなる。これにより、開封作業が容易になる。
【0036】
また、第1平面部12と第2平面部14とが一体形成された構成を示したが、これに限られるものではない。例えば、第1平面部12と第2平面部14とを分離した紙媒体で形成され、使用時において第2平面部14の保護シート20を剥がし、第1平面部12側に接着するように構成してもよい。
【0037】
10 無断開封抑止機能付カード
12 第1平面部
14 第2平面部
14A 形跡部
14B 開封部
16 接着部
18 スペース
18A メッセージ記入欄
18B 宛名記入欄
20 保護シート
BL 折線
CL 切取線


(57)【要約】

【課題】無断開封を抑止するとともに、開封された場合にはその形跡が残る無断開封抑止機能付カードを提供する。【解決手段】所定のスペース18が形成された第1平面部12と、第1平面部と面接可能に構成され第1平面部と面接することによりスペース18の少なくとも一部を覆う第2平面部14と、第1平面部と第2平面部とを相互に接着する接着部16と、を有する無断開封抑止機能付カード10であって、第2平面部は、第1平面部と面接し接着部16により接着した状態から開封するときに切り取られる切取線と、切取線で切り取られたときに第1平面部側に残る形跡部と、切取線で切り取られたときにスペース18の少なくとも一部を露出させる開封部と、を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):