(54)【考案の名称】ソーラエネルギージャンクションボックス及びその導線接続構造

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】群光電能科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラパネルの周辺装置に関し、特に、ソーラエネルギージャンクションボックス及びその導線接続構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
ソーラエネルギー発電技術は、省エネルギー環境保護に適した重要な発展産業の一つとなっている。現在のソーラエネルギー発電技術は、ソーラパネルによって光エネルギーを電気エネルギーに変換し、ソーラパネルが発生する電気エネルギーを導線により伝送する。また、ソーラパネルが発生する電気エネルギーは、通常、ソーラエネルギージャンクションボックスにより電気エネルギーをその他の電気エネルギー保存装置に伝送する。
【0003】
一般のソーラエネルギーモジュールに使用されるソーラエネルギージャンクションボックスの多くは、構造が四方形を呈する中空箱体を具え、箱体内に回路板及び回路板上に搭載される複数の導線接続構造装置を設け、その実施方式は、該導線接続構造装置をソーラパネルと外部の2つの導電端子の間を接続する。しかしながら、この種の類型のソーラエネルギージャンクションボックスの体積は、過度に大きく、ソーラパネルに設置する時、ソーラパネルの使用面積を占有する。また、ソーラパネルの導線は、導線接続構造装置から脱落して断線し易く、メンテナンス頻度が高くなり、運用効率が低くなる。
【0004】
これに鑑み、本考案者は、上記現有技術に対して、研究に専念し、学理の運用を合わせ、上記問題の解決に資することが、本考案者の目標となっている。
【0005】

【効果】

【0010】
従来技術に比較し、本考案の導電接続構造の第1導電接続舌片は、該回路板上に垂直に挿入設置され、U形嵌合片を有するソーラパネル導電片により第1導電接続舌片上に被さってフックし、最後に絶縁体を使用してソーラパネル導電片に対応して被さり合い、ソーラパネル導電片及び第1導電接続舌片の間は、直立して結合し、従来のフルフラット式結合方式に比較して、本考案のソーラエネルギージャンクションボックスは、幅及び体積を大幅に減縮することができる。また、ソーラパネル導電片は、U形嵌合片により被さりフックして第1導電接続舌片上に安定して結合でき、容易に離脱することがなく、ソーラパネル導電片及び回路板の第1導電接続舌片上の間で安定した結合及び電気接続を達成することができ、更に、本考案の実用性を増加させる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案のソーラエネルギージャンクションボックスの立体外観説明図である。
【図2】本考案のソーラエネルギージャンクションボックスの導線接続構造の部分立体分解説明図である。
【図3】本考案のソーラエネルギージャンクションボックスの導線接続構造の組み合わせ断面図である。
【図4】本考案のソーラエネルギージャンクションボックスの導線接続構造の第2実施例である。

【0012】
本考案の詳細な説明及び技術内容について、以下に図面を合わせて説明するが、図面は、参考及び説明に資するものであって、本考案に対して制限を加えるものではない。
【0013】
図1〜図3を参照する。
それぞれ本考案のソーラエネルギージャンクションボックスの立体外観説明図、部分導線接続構造の立体分解説明図及びその組み合わせ断面図である。本考案のソーラエネルギージャンクションボックス1は、殻体10及び導線接続構造具える。該導線接続構造20は、該殻体10内に設置され、ソーラエネルギージャンクションボックス1を構成する。
【0014】
前記殻体10は、該導線接続構造20を覆い、該導線接続構造20が水分又は外部からの衝撃を受けることを防止する。該導線接続構造20は、回路板30、複数の第1導電接続舌片40、複数のソーラパネル導電片50、複数の絶縁体60及び1対の第2導電接続舌片70を有する。該第1導電接続舌片40、複数のソーラパネル導電片50、複数の絶縁体60及び該対第2導電接続舌片70は、何れも該回路板30上に設置される。
【0015】
更に詳細に述べれば、該第1導電接続舌片40は、間隔をおいて該回路板30上に対応して結合される。該ソーラパネル導電片50は、それぞれ該第1導電接続舌片40上に対応して結合される。各該ソーラパネル導電片50は、ソーラパネル(図示せず)に接続する延伸片51及び該延伸片51から湾折延伸するU形嵌合片52を含む。各該U形嵌合片52は、該第1導電接続舌片40上に被さってフックされる。
【0016】
複数の絶縁体60は、それぞれ該ソーラパネル導電片50上に対応して被さり合う。該第2導電接続舌片70は、間隔をおいて該回路板30の板面上に平らに貼合する。本考案の導線接続構造20は、2つの導電端子2を接続することに用い、該2つの導電端子2は、それぞれ該対第2導電接続舌片70に電気接続される。これにより、該ソーラパネル導電片50に伝達される電気は、この導線接続構造20を介して該2つの導電端子2に伝送され、最後に該2つの導電端子2の導電接続によって伝送されて使用されるか、その他の電気エネルギー保存装置に伝送される。
【0017】
好ましくは、該導線接続構造20は、更に、複数のダイオード80を具える。該ダイオード80の設置は、逆向きの電圧の発生を防止することに用いる。本考案の実施例において、該第1導電接続舌片40及び該対第2導電接続舌片70は、該回路板30の同一側に設置され、該ダイオード80は、該対第2導電接続舌片70に相対して回路板30の他側面上に設置される。
【0018】
図1に示すように、該回路板30は、各該第1導電接続舌片40に対応して複数の挿入孔31を設け、各該第1導電接続舌片40の底面は、複数の接続ピン41を有し、該接続ピン41は、該挿入孔31中に対応して挿入設置され、該第1導電接続舌片40を該回路板30上に直立して設置する。また、U形嵌合片52は、係止板521及び該係止板521二側に位置する2つの挟持片522を具える。該係止板521は、該第1導電接続舌片40の上面に係止し、該2つの挟持片522は、それぞれ該第1導電接続舌片40の二側面に対応して貼合する。
【0019】
更に、各絶縁体60は、被せ環61及びジャケット62を具える。該被せ環61は、矩形環状の枠体であり、それは、該U形嵌合片52外側を囲うように設けられる。また、該ジャケット62は、半密閉式の矩形環状のソケットであって、該被せ環61及び該U形嵌合片52の上面を覆う。
【0020】
本考案の実施例において、該ソーラエネルギージャンクションボックス1は、更にインバータ(inverter)90を有する。該2つの導電端子2は、該インバータ90の一側に設置され、該ソーラパネル導電片50が伝送する電気は、該2つの導電端子2及び該インバータ90を介して伝送されて使用されるか、その他の電気エネルギー保存装置に伝送される。
【0021】
図4を参照する。
本考案のソーラエネルギージャンクションボックスの導線接続構造の第2実施例である。該導線接続構造20aは、回路板30a、複数の第1導電接続舌片40a、複数のソーラパネル導電片50a、複数の絶縁体60a、1対の第2導電接続舌片70a及び複数のダイオード80aを具える。該第1導電接続舌片40a、複数のソーラパネル導電片50a、複数の絶縁体60a、該第2導電接続舌片70a及び該ダイオード80aは、何れも該回路板30a上に設置される。
【0022】
本実施例及び第1実施例の異なる箇所は、該対第2導電接続舌片70a及び該第1導電接続舌片40aは、該回路板30aの二側面に相対して設置されることにある。該ダイオード80aは、該第1導電接続舌片40aに相対して該回路板30aの同一側面上に設置され、その他の部材の設置は、第1実施例と同一である。
【0023】
なお、本考案では好ましい実施例を前述の通り開示したが、これらは決して本考案に限定するものではなく、当該技術を熟知する者なら誰でも、本考案の精神と領域を脱しない均等の範囲内で各種の変動や潤色を加えることができることは勿論である。
【0024】
1 ソーラエネルギージャンクションボックス
2 導電端子
10 殻体
20,20a 導線接続構造
30,30a 回路板
40,40a 第1導電接続舌片
41 接続ピン
50,50a ソーラパネル導電片
51 延伸片
52 U形嵌合片
521 係止板
522 挟持片
60,60a 絶縁体
61 被せ環
62 ジャケット
70,70a 第2導電接続舌片
80,80a ダイオード
90 インバータ


(57)【要約】

【課題】ソーラパネルと外部端子とを安定して接続するソーラエネルギージャンクションボックスの導線接続構造及びそれらを有したソーラエネルギージャンクションボックスを提供する。【解決手段】ソーラパネルに接続するソーラパネル導電片50と回路板上の外部導電端子2を接続する導線接続構造であって、第1導電接続舌片20を間隔をおいて回路板上に垂直に設置し、ソーラパネル導電片から延長して形成した延伸片及び延伸片から湾折延伸するU形嵌合片を設けて、U形嵌合片を第1導電接続舌片に被せてフックして係合し、ソーラパネル導電片のU形嵌合片上に複数の絶縁体を被せて設け、回路板面上に間隔をおいて平らに貼合された2つの外部導電端子に接続する1対の第2導電接続舌片と電気的に接続する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):