(54)【考案の名称】環バーコード読み取り装置

(73)【実用新案権者】株式会社トップランナー

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、環バーコード読み取り装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、物品の認識方法および管理方法として、バーコードが利用されている。黒および白の各トラックが直線状に並んで配置されているバーコードや、黒および白の各トラックを同心円に配することにより、任意の方向からバーコードリーダを走査可能にした環バーコードが従来技術として知られている(例えば、特許文献1および特許文献2)。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案によれば、任意の方向から読み取りが可能であり、かつ、簡易な構造で安価に製造可能な構造のバーコードおよびバーコード読み取り装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案のレジスター玩具セットの説明図
【図2】本考案の環バーコードの実施形態を示す平面図
【図3】本考案の環バーコード読み取り装置の斜視図
【図4】本考案の環バーコード読み取り装置に環バーコードを重ね合わせた図
【図5】本考案の環バーコード読み取り装置に商品玩具が嵌合した状態を示す図

【0010】
添付の図面を参照しながら、本考案の実施形態について以下に説明する。
【0011】
図1に、レジスター玩具セットの構成例を、図2に、本考案の実施形態に係る環バーコードを示す。
【0012】
図1に示すように、同玩具は未就学児童などの低年齢者がお飯事に使用するレジスター玩具セット100であり、レジスター玩具101と被検知体である商品玩具102(102A乃至102C)とから構成される。レジスター玩具101には、商品玩具102の底部に設けられた凸部30に嵌合する凹部103が形成されており、同凹部103の底部に環バーコード読み取り装置10を備えている。また、同環バーコード読み取り装置10によって識別した商品玩具102A乃至102Cの情報を表示する液晶表示部104を有し、さらにこの液晶表示部104に隣接して、テンキー105や操作ボタン106を備える。
【0013】
図2に示すように、各商品玩具102A乃至102Cの凸部30の裏面には環バーコード20が装着されている。環バーコード20は、所定の幅を有する濃色および淡色のトラックTを、中心Oの同心円状に配列した構成である。本実施形態では、中心Oを含む円をトラックT0、その周囲の同心円状のトラックTを内側からT1、T2、T3、T4、T5とする。トラックT0乃至T5は黒および白の色を有し、トラックT0乃至T5の幅は全て3mmに設定されている。環バーコード20が備えられる商品玩具102には、環バーコード20と略同じ直径の円形の凸部30が設けられ、凸部30に形成される、裏面の円形平面部31に環バーコード20が備えられる。なお、環バーコード20はシールとすることにより、商品玩具102A乃至102Cの底部に設けられた凸部30の円形平面部31に貼付することができる。
【0014】
次に、図3及び図4を参照しながら、本考案の実施形態に係る環バーコード読み取り装置について説明する。
【0015】
図3に示すように、凹部103の底部に備えられた環バーコード読み取り装置10は、環バーコード載置部11、受光素子12、発光素子13、読み取りスイッチ14、を有する。
【0016】
環バーコード載置部11は円形であり、直径が環バーコード20が備えられた凸部31の直径よりも同一かわずかに大きい。環バーコード載置部11には、受光素子12および発光素子13が設けられる。
【0017】
図4に示すように、受光素子12は、環バーコード載置部11上の、載置される環バーコード20の同心円中心Oに対向する点O'と環バーコード20の最外部のトラックT5幅の中心線に対向する仮想円L5上の点とを結ぶ直線の中点Mに設けられている。
【0018】
受光素子12としては、半導体素子、例えば、フォトダイオードを使用することができる。受光素子12は、環バーコード20が反射した発光素子13からの光を受光し、その反射光量によって環バーコード20の各トラックTを検知する。
【0019】
図4に示すように、発光素子13は、環バーコード載置部11において、環バーコード20の各トラックTに対向する位置に配置されている。すなわち、環バーコード載置部11上の点Mを中心とし、環バーコード20の同心円中心Oに対向する位置O'とを結ぶ直線を半径とする円Cと、環バーコード20のトラックT2中心線に対向する仮想円L2、トラックT3中心線に対向する仮想円L3、トラックT4中心線に対向する仮想円L4およびトラックT5中心線に対向する仮想円L5の各円との交点の一か所又は接点P2、P3、P4、P5に、各発光素子13b乃至13eが設けられている。また、点O'に発光素子13aが設けられている。発光素子13が光を放出する放出口は、環バーコードの各トラックTの幅と同一又は狭い幅に設定される。なお、さらに、トラックT1に対応する位置に発光素子13を設けてもよい。
【0020】
発光素子13としては、半導体素子、例えば、波長850nm前後の光を発振する赤外発光ダイオードを使用することができる。また、各発光素子13は同じ光量を放出するように設定される。各発光素子13は、載置された環バーコード20の各トラックTに対向する結果、発光素子13から放出された光は、対向するトラックTのみによって反射される。それぞれの反射光は、受光素子12によって受光される。
【0021】
各発光素子13は同一の円C上に配置されるため、その円Cの中心Mに配置される受光素子12と各発光素子13との距離は等距離である。したがって、受光素子12が受光する各トラックTの反射光量は、トラックTの色彩が同一であれば同じ光量である。このため、受光素子12が受光する各トラックTの反射光量にムラが生じず、受光素子12は正確に環バーコード20を読み取ることができる。
【0022】
図4に示すように、読み取りスイッチ14は、環バーコード載置部11において、受光素子12および発光素子13の位置を除く部分に、環バーコード20の最外部のトラックT5に対応する位置に、2個対称に設けられている。
【0023】
読み取りスイッチ14は、環バーコード載置部11に、環バーコード20が備えられた商品玩具102が載置されることにより押圧され、環バーコード20が環バーコード読み取り装置10に載置されたことを検知し、読み取り作業を開始する。本実施形態では、読み取りスイッチ14としてラバー製の押しボタンを採用しているが、環バーコード20の近接を検知可能であれば、光センサ、圧力センサなどいかなるセンサであってもよい。
【0024】
次に、環バーコード読み取り装置10を使用して環バーコード20を読み取る手順について説明する。
【0025】
図5に示すように、使用者が被検知体である商品玩具102の凸部30をレジスター玩具101の凹部103にはめ込むことにより、凸部30に備えられた環バーコード20が環バーコード読み取り装置10に所定の相対位置で対向する。このとき、商品玩具102の凸部30が読み取りスイッチ14を押圧することにより、環バーコード20の備えられた被検知体である商品玩具102が載置されたことが検知され、自動的に環バーコード読み取り装置10が読み取り作業を開始する。
【0026】
読み取りスイッチ14が商品玩具102の載置(すなわち環バーコード20の載置)を検知後、発光素子13a、13b、13c、13d、13eが1個ずつ順次、所定の時間発光した後、消光する。環バーコード20のトラックT0は、発光素子13aから放出された光、トラックT2は発光素子13bから放出された光、トラックT3は発光素子13cから放出された光、トラックT4は発光素子13dから放出された光、トラックT5は発光素子13eから放出された光を、順次、反射する。受光素子12は、トラックT0、T2、T3、T4、T5によって反射された光を順番に受光し、環バーコード20を読み取る。本実施形態の場合、それぞれのトラックにおいて黒を1、白を0で読み取るため、5本のトラックにより2=32種類の情報を関連づけることができる。
【0027】
図4に示すように、発光素子13は、読み取り対象のトラックTごとに、トラックTが形成する円に対応する位置に設けられている。このため、環バーコード20の備えられた商品玩具102がどのような向きで環バーコード載置部11に載置されても、各発光素子13と対抗する同一のトラックTによってそれぞれの発光素子13から放出された光が反射されるため、反射光量は一定である。
【0028】
また、環バーコード載置部11と環バーコード20の備えられた商品玩具102の凸部30とは直径がほぼ同一の円形で嵌合しているため、環バーコード読み取り装置10が環バーコード20を読み取っている最中に、商品玩具102が回転しても発光素子13から放出された光を反射するトラックTがずれることなく同一のままであるため、認識不能や誤認識が生じることはない。
【0029】
本実施形態の環バーコード読み取り装置10が使用されるレジスター玩具101において、環バーコード読み取り装置10が読み取った環バーコード20に対応する情報が図示しないメモリから呼び出される。例えば、レジスター玩具101において、商品玩具102を環バーコード読み取り装置10に載置することにより、環バーコード20が読み取られ、商品玩具102の種類に応じてレジスター玩具101において異なる価格を表示する。このように、環バーコード読み取り装置10を備えたレジスター玩具101は、環バーコード20から読み取られた情報に応じて異なる挙動をすることができる。
【0030】
本考案の実施形態によれば、バーコード情報を読み取る際に、環バーコード20と環バーコード読み取り装置10との方向合わせが不要となる。これにより、低年齢者であっても、容易にバーコード情報を読み取らせることができる。また、環バーコード20のトラックTごとに、それぞれ定位置の発光素子13から光が放出されるため、環バーコード20読み取り用の発光素子を環バーコード20の同心円中心Oを通過するように走査させる必要がない。したがって簡易な構造で安価に環バーコード読み取り装置を提供することができる。
【0031】
なお、本考案の他の構成として、トラック数及びセンサ数を増減することは自由である。また、トラックを白黒2値で表現したが、金属色を使って反射しやすいトラックを構成してもよいし、また、梨地表面などを使ってモールドにより反射を制御してもよい。
【0032】
10 環バーコード読み取り装置
11 環バーコード載置部
12 受光素子
13 発光素子
14 読み取りスイッチ
20 環バーコード
30 凸部
31 円形平面部
100 レジスター玩具セット
101 レジスター玩具
102 商品玩具
103 凹部

(57)【要約】

【課題】任意の方向から読み取りが可能な、簡易な構造の環バーコード読み取り装置を提供する。【解決手段】同心円状の濃色又は淡色の複数のトラックを組み合わせた環バーコード読み取り装置10であって、受光素子12と、受光素子12の周囲に配置された複数の発光素子13から構成され、発光素子13は濃色又は淡色の複数のトラックの位置に一致するように配置され、さらに発光素子13は順次発光し、受光素子12がトラックの濃淡を検知する。発光素子12が1個ずつ順次、一定時間発光した後、消光し、環バーコードのトラックは、発光素子12から放出された光を順次、反射する。受光素子12はトラックによって反射された光を順番に受光し、環バーコードを読み取る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):