(54)【考案の名称】横坑掘進用エントランス

(73)【実用新案権者】株式会社金澤製作所

(73)【実用新案権者】株式会社東京設計事務所

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、横坑掘進用エントランスに関し、特に円筒形立坑より掘進される掘進マシンおよび掘進後に設置される管路等に当接されるシーリングチューブ又はワイヤーブラシパッキンが円筒形立坑の掘進開口部内側に三次元状に密着されて止水機能を保持することができる横抗掘進用エントランスを提供する。
【0002】
前記せる横坑掘進用エントランスは、立坑に対して斜坑を形成する場合でも、円筒形立坑より掘進される掘進マシンおよび掘進後に設置される管路等に当接されるシーリングチューブ又はワイヤーブラシパッキンが、円筒形立坑の掘進開口部内側に三次元状に密着されて止水機能を保持することができるので、斜坑形成にも応用することができる横坑掘進用エントランスである。

【従来の技術】

【0003】
円筒形立坑又は角筒形立坑より掘進マシンによる掘削において、開口からの掘削泥土や地下水の流出を防止するエントランスに関する種々の創案が開発されている。
従来、立坑での発進坑口は立坑内側に設置され、シールド工事終了後の立坑は維持管理用の人孔として共用されることから、坑内に設置された坑口は撤去されることになるが、このとき、立坑躯体と管路又はセグメント間の止水性を確保することができなかった。
【0004】
また、掘進マシンを立坑やシールドトンネルから発進させるには、坑口からの泥土や地下水の流出を完全に防止する必要があり、一般的には坑口形成部にエントランスを設置して止水機構を形成すると共に、坑口形成部を囲繞している周辺の地盤に薬液注入等による地盤改良部を形成している。
【0005】

【効果】

【0014】
本発明によれば、リング状鋼板の内側に二連のフラップが揺動自在に連設され、円筒形立坑側壁の掘進開口部の内側に止水機能を有するシーリングチューブ又はワイヤーブラシパッキンが当接され、仮設側壁に配置された圧送用パイプを経て、二連のフラップの外周に止水材を充填し、又はシーリングチューブの内側に止水材または空気及び水」を充填し、又はワイヤーブラシパッキンの内側に止水材を充填できるように構成されているので、円筒形立坑より掘進される掘進マシン及び掘進後に設置される管路等に当接されるシーリングチューブはワイヤーブラシパッキンは円筒形立坑の掘進開口部内側に三次元状に密着されて止水機能を保持することができる。
【0015】
また、前述の技術内容に基づいて、立坑に対して斜坑を形成する場合でも、円筒形立坑より掘進される掘進マシンおよび掘進後に設置される管路等に当接されるシーリングチューブ又はワイヤーブラシパッキンは、円筒形立坑の掘進開口部内側に三次元状に密着されて止水機能を保持することができるので、斜坑形成に応用することができる。
【0016】
また、前述においては円筒形立坑について説明しているが、角筒型立坑の場合でも、前述の技術内容を利用して実施することができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】 円筒形立坑に横抗を形成した斜視図である。
【図2】 角筒形立坑に横抗を形成した斜視図である。
【図3】 円筒形立坑の側壁内側斜視図である。
【図4】 図3のB−B線断面図である。
【図5】 図1のA−A線部分断面図である。
【図6】 エントランス部分断面斜視図である。
【図7】 フラップ取付斜視図である。
【図8】 エントランス部分断面斜視図である。
【図9】 エントランス部分断面斜視図である。
【図10】 エントランス部分断面斜視図である。
【図11】 ワイヤーブラシパッキン取付断面図である。
【図12】 ワイヤーブラシパッキン取付断面図である。
【図13】 ワイヤーブラシパッキン取付断面図である。
円筒形立坑開口部シーリングチューブ展開図である。 円筒形立坑開口部ワイヤーブラシパッキン展開図である。
【0018】
円筒形立坑1の内側より掘進マシン3を発進させ、横坑2を形成するために円筒形立坑1の内側に掘進マシン発進用円形凹部10が形成されており、該掘進マシン発進用円形凹部内縁111にリング状鋼板152を取付け、該リング状鋼板152にシーリングチューブ16とフラップ15を取付け、又は、ワイヤーブラシパッキン200を取付け、坑口仮設側壁12の内側のリング状鋼板142に揺動自在の複数のフラップ14を取付け、または、内側のリング状鋼板142,132に揺動自在の複数のフラップ14,13を二連に取付ける。
【0019】
坑口仮設側壁12の内側に固定されたリング状鋼板142,132の内側に二連のフラップ14,13が揺動自在に連設され、円筒形立坑側壁11の掘進開口部110の内側に止水機能を有するシーリングチューブ16又はワイヤーブラシパッキン200が固定され、シーリングチューブ16内には圧送用パイプ151を経て止水材20又は空気が充填され、ワイヤーブラシパッキン200内にはグリス材21が充填される。
【0020】
グリス材21はグリス注入パイプ156を経て注入口155より注入され、裏込材またはパテグリスは、裏込材注入パイプ150またはグリス注入パイプ156を経て注入される。
【0021】
また、仮設側壁に配置された圧送用パイプ131,141を経て、二連のフラップ13,14の外周に止水材18,19が充填される。
【0022】
円筒形立坑1より掘進される掘進マシン3又は掘進後に設置される管路等31に当接されるシーリングチューブ16又はワイヤーブラシパッキン200が円筒形立坑1の掘進開口部110の内側に三次元状に密着され、止水機能を保持することができる。
【0023】
1 円筒形立坑
10 掘進マシン発進用円形凹部
110 掘進開口部
111 掘進マシン発進用円形凹部内縁
112 切削可能な補強材
113 円筒形立坑側壁内面
11 円筒形立坑側壁
110 掘進開口部
2 横抗
3 掘進マシン
31 管路
4 角筒型立坑
5 横抗
6 掘進マシン
12 坑口仮設側壁
13 フラップ
131 圧送用パイプ
132 リング状鋼板
14 フラップ
141 圧送用パイプ
142 リング状鋼板
15 フラップ
150 裏込材注入パイプ
151 圧送用パイプ
152 リング状鋼板
153 ワイヤブラシ保持部材
154 ボルト
155 注入口
156 グリス注入パイプ
16 シーリングチューブ
17 圧送ポンプ
18 止水材
19 止水材
20 止水材
21 グリス材
200 ワイヤーブラシパッキン

(57)【要約】

【課題】円筒形立坑より掘進される掘進マシンおよび掘進後に設置される管路等に当接されるシーリングチューブ又はワイヤーブラシパッキンが円筒形立坑の掘進開口部内側に三次元状に密着されて止水機能を保持することができる横坑掘進用エントランスを提供する。【解決手段】円筒形立坑の内側より掘進マシン3を発進させ、横坑を形成するために円筒形立坑の内側に掘進マシン発進用円形凹部が形成されており、掘進マシン発進用円形凹部内縁にリング状鋼板152を取付け、リング状鋼板にシーリングチューブ16とフラップ15を取付け、又は、ワイヤーブラシパッキンを取付け、坑口仮設側壁12の内側のリング状鋼板142に揺動自在の複数のフラップを一連または二連に取付ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):