(54)【考案の名称】寄せ書きセット

(73)【実用新案権者】パイロットインキ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、寄せ書きセットに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、結婚、卒業等の記念に、複数人がひとつの色紙等に寄せ書きすることが知られている。(例えば、特許文献1)
【0003】

【効果】

【0022】
本考案の寄せ書きセットは、書き直しても見栄えを損なうことがない寄せ書きが得られる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】本考案の実施の形態の寄せ書き前の寄せ書き用媒体と熱変色性筆記具を示す外観図である。
【図2】図1の寄せ書き後の寄せ書き媒体を示す外観図である。
【図3】可逆熱変色性色材の変色挙動を示す説明図である。

【0024】
本考案の実施の形態を図1及び図2に示す。
本実施の形態の寄せ書きセット1は、寄せ書き用媒体2と、該寄せ書き用媒体2に加熱により消色する筆跡22を形成可能な複数本の熱変色性筆記具3とからなる。
【0025】
前記寄せ書き用媒体2は、四角形のシート状物よりなる色紙、冊子、写真プリント、または旗、のれん、手ぬぐい、ハンカチ、垂れ幕等である。前記寄せ書き用媒体2は、色紙、冊子、写真プリント等の場合、紙により形成され、旗、のれん、手ぬぐい、ハンカチ、垂れ幕等の場合、布帛により形成される。前記寄せ書き用媒体2の中央には、非熱変色色材による印刷像21が形成される。前記印刷像21により、メッセージ等の文字や、イラスト等が設けられる。
【0026】
・熱変色性筆記具
前記熱変色性筆記具3は、可逆熱変色性色材を備える。前記熱変色性筆記具3は、液状またはゲル状の可逆熱変色性色材(即ち可逆熱変色性インキ)が内部に収容され且つ該可逆熱変色性色材を寄せ書き用媒体2上に供給するペン先31を備える。前記熱変色性筆記具3を用いて寄せ書き用媒体2に筆記することにより、前記可逆熱変色性色材による筆跡22が寄せ書き用媒体2上に形成される。前記可逆熱変色性色材は、常温では有色(例えば、黒色、赤色、青色、緑色、桃色)に発色し、60℃以上では無色(透明)に可逆的に変化する。
【0027】
本実施の形態の寄せ書きセット1では、可逆熱変色性色材の発色状態の色、及びペン先31の種類が互いに異なる複数種の熱変色性筆記具3を備える。それにより、カラフル且つメリハリの利いた寄せ書きが得られる。前記ペン先31の種類が異なるとは、ペン先31の形状が異なること、ペン先31の大きさが異なること、ペン先31の構造が異なること等が挙げられる。
【0028】
・加熱消去具
前記寄せ書き用媒体2に形成された筆跡22は、加熱消去具により消去することできる。前記加熱消去具は、例えば、筆跡22を摩擦することにより摩擦熱を発生させる摩擦具、アイロン等の加熱部を筆跡22に押し当てて使用する接触型加熱具、ドライヤー等の温風を筆跡22に吹き付けて使用する非接触型加熱具が挙げられる。本実施の形態の熱変色性筆記具3は、本体の一端部またはキャップの一端部に弾性材料からなる摩擦部32を備える。前記摩擦部32により筆跡22を摩擦熱で消去できる。
【0029】
本実施の形態の寄せ書きセット1は、熱変色性筆記具3で寄せ書き用媒体2に加熱により消色する筆跡22を形成でき、もし、誤記した場合であっても、加熱により誤記した筆跡22を消去し、寄せ書き用媒体2の筆跡22を消去した部分に、再度、熱変色性筆記具3で筆記することができ、その結果、書き直しても見栄えを損なうことがない寄せ書きが得られる。
【0030】
本実施の形態の寄せ書きセット1は、前記寄せ書き用媒体2が紙または布帛からなることによって、寄せ書き用媒体2に熱変色性筆記具3による筆跡22を容易に形成することができる。
【0031】
本実施の形態の寄せ書きセット1は、ユーザーが寄せ書きする前に、予め印刷像21が寄せ書き用媒体2に設けられているため、ユーザーが好みの印刷像21を有する寄せ書き用媒体2を購入すれば、ユーザーが前記印刷像21に相当する文字やイラスト等を書く手間が不要となる。
【0032】
本実施の形態の寄せ書きセット1は、可逆熱変色性色材の発色状態の色及びペン先31の種類が互いに異なる熱変色性筆記具3の複数種を備えたことにより、色彩豊かで且つ筆跡22に強弱のあるメリハリの利いた寄せ書きが得られる。
【0033】
1 寄せ書きセット
2 寄せ書き用媒体
21 印刷像
22 筆跡(寄せ書き)
3 熱変色性筆記具
31 ペン先
32 摩擦部

(57)【要約】

【課題】書き直しても見栄えを損なうことがない寄せ書きが得られる寄せ書きセットを提供する。【解決手段】寄せ書きセット1は、寄せ書き用媒体2と、寄せ書き用媒体に加熱により消色する筆跡を形成可能な熱変色性筆記具3とからなる。寄せ書き用媒体は紙または布帛からなる。寄せ書き用媒体に非熱変色性色材による印刷像21を設ける。熱変色性筆記具は複数種を備え、各々の熱変色性筆記具が可逆熱変色性色材を備え、可逆熱変色性色材の発色状態の色またはペン先31の種類が互いに異なる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):