(54)【考案の名称】太陽光発電装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】有限会社丸高重量

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は太陽光を電気に変換する太陽光発電装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽光発電装置の一例として実用新案登録第3154215号公報に記載されたものがある。
【0003】
図4は同公報に記載された太陽光発電装置10の斜視図である。
【0004】
図4に示す太陽光発電装置10は、太陽光パネル1と、太陽光パネル1を支持する二つのスタンド2と、スタンド2の各々に結合されている傾斜調整用柱3と、からなる。
【0005】
二つのスタンド2は太陽光パネル1の同じ側に位置する二つの角部のそれぞれにおいて太陽光パネル1を支持している。
【0006】
二つのスタンド2の各々の底部下方には蓄電器21が設置されており、太陽光パネル1が発電した電気は蓄電器21に蓄えられる。
【0007】
また、二つのスタンド2の各々には蓄電器21に蓄電された電気を取り出すためのインターフェイス22(例えば、コンセントまたはUSBスロット)が設けられており、太陽光パネル1が発電した電気はインターフェイス22を介して外部に供給される。
【0008】
さらに、二つのスタンド2の各々にはスタンド2の高さを調節することができる高さ調節装置23が設けられている。
【0009】
図5はスタンド2の一部拡大斜視図である。
【0010】
図5に示すように、各スタンド2には上下方向に3個の挿入口24(図4には示されていない)が形成されている。
【0011】
各傾斜調整用柱3は、その一端(スタンド2とは反対側の端部)において太陽光パネル1の裏面に回動自在に取り付けられており、他端31において各挿入口24に挿入可能な形状に形成されている。
【0012】
各傾斜調整用柱3の他端31を一番上の挿入口24、中間の挿入口24及び一番下の挿入口24の何れかに挿入することにより、太陽光パネル1の傾斜を3段階に調節することができる。
【0013】

【効果】

【0021】
太陽光パネルは主柱の他端(例えば、上端)を中心として回転可能である。このため、例えば、第一支柱を伸長させると、太陽光パネルは主柱の他端を中心として、例えば、反時計回りの方向に回転する。逆に、第一支柱を収縮させると、太陽光パネルは主柱の他端を中心として時計回りの方向に回転する。
【0022】
このように、本考案に係る太陽光発電装置においては、太陽光パネルは、第一支柱を伸縮させることにより、主柱の他端を中心として回転し、太陽光パネルを任意の方向に向けることが可能である。
【0023】
このため、太陽光パネルを常に太陽に向けておくことが可能であり、太陽光の集光効率を最大化することができる。

(57)【要約】

【課題】太陽の高さ及び方角にかかわらず、太陽光パネルの適切な傾斜角度を実現する太陽光発電装置を提供する。【解決手段】太陽光発電装置100は、太陽光パネル110と、一端において地面に固定され、他端において太陽光パネルの裏面に回動自在に取り付けられている主柱120と、一端が主柱の下端に回動自在に取り付けられ、他端は太陽光パネルの裏面の端部に回動自在に取り付けられている伸縮自在の第一支柱130と、からなる。主柱120も伸縮自在であることが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):