(54)【考案の名称】接続ポート拡張装置

(73)【実用新案権者】大阪京實業股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、拡張装置に関し、特に接続ポート拡張装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
科学技術の発展により、ディスプレイ、オールインワンパソコン(All In One Desktop)といった多くの電子装置において、異なるインターフェースの接続ポートが設けられることが一般的となっている。製造メーカは、往々にして美観のためにこれら接続ポートを電子装置の背面に設ける。しかしながら、ユーザは、他の装置をこれら接続ポートに挿入接続する必要がある場合、労力を費やして電子装置の後方まで手を伸ばさなければならない。特に壁掛式ディスプレイのように壁面に掛けられている場合には、ユーザが接続ポートに挿入接続する動作を行うことができる十分な空間がないことになる。
【0003】

【効果】

【0009】
本考案に係る接続ポート拡張装置では、電子装置の後方に位置する接続ポートの挿入接続方向が電子装置の前方に向くようにすることができ、使用において便利となる。更に、接続ポート拡張装置の湾曲箇所は、ユーザが下流ポートに接続される下流装置を收納するのに有利である。また、位置決め溝の構成によって、電子装置200の放熱孔を塞ぐことを回避することができるとともに、排熱を補助することができる。また、1つ又は複数の上流ポートと、1つ又は複数の下流ポートと、それらと組み合わされた拡張回路モジュール(マルチプレクサ、ディマルチプレクサ及びプロトコル変換回路を含む)とを設けることによって、電子装置の接続ポートの機能と下流装置の接続数とを拡充することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置の使用状態を示した図である。
【図2】本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置の斜視図である。
【図3】図2におけるA−A’線に沿った断面図である。
【図4】本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置の分解図である。
【図5A】本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置と電子装置の装着を示した図である。
【図5B】図5AにおけるBエリアの局部拡大図である。
【図6】本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置の変更例を示した図である。
【図7】本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置の他の斜視図である。
【図8】本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置と電子装置の装着の変更例を示した図である。
【図9A】本考案の第2の実施例に係る接続ポート拡張装置と電子装置の装着を示した図である。
【図9B】図9AにおけるCエリアの局部拡大図である。
【図10】本考案の第3の実施例に係る接続ポート拡張装置の斜視図である。
【図11】本考案の第4の実施例に係る接続ポート拡張装置の斜視図である。
【図12】本考案の第5の実施例に係る接続ポート拡張装置の斜視図である。
【図13】本考案の第6の実施例に係る接続ポート拡張装置の斜視図である。

【0011】
以下において言及する空間関係の専門用語、例えば「先端」、「上端」等は、図面に示す要素又は特徴と他の要素又は特徴を記述するための簡単な関係の説明である。これら空間関係の専門用語の語意には、図面に描画する方向の外、外部に使用される又は組み合わされる装置の異なる方向が含まれることを理解すべきである。例えば、図面における装置が裏返されると、他の要素又は特徴との関係が「下面の」と記述された要素は、他の要素又は特徴との関係が「上面の」ものとして形成されるように変わる。従って、表示性の専門用語である「下面の」には、「〜の上」及び「〜の下」という方向を含むことができる。図面に描画される装置は、その他の方向づけ(例えば90度回転又は他の方向に位置する)としてもよく、使用された空間関係の記述に合わせてその相対的方向を解釈することができる。
【0012】
図1を参照して説明する。図1は、本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置100の使用状態を示した図である。
【0013】
接続ポート拡張装置100は、電子装置200に適用することができる。電子装置200の装置筐体210の背面220には、接続ポート230が設けられている。電子装置200は、例えば液晶ディスプレイ又はオールインワンパソコン等の装置であってよい。接続ポート230は、ユニバーサルシリアルバス(USB)又はオーディオ用ソケット等と互換性を有するものであってよい。
【0014】
図2乃至図4を併せて参照して説明する。図2は、本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置100の斜視図である。図3は、図2におけるA−A’線に沿った断面図である。図4は、本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置100の分解図である。
【0015】
接続ポート拡張装置100は、拡張筐体110及び拡張回路モジュール130を含む。拡張筐体110は、互いに接続されたホルダ部111及び延在部112を含む。ホルダ部111の内部と延在部112の内部とが互いに連通して収容空間113を形成する。
【0016】
ホルダ部111は、少なくとも1つの下流開口114(本実施例においては複数の下流開口114)及び上流開口115を含む。下流開口114は、ホルダ部111の先端に位置する。上流開口115は、延在部112の末端に位置する。ホルダ部111は、ホルダ部111の上端に位置する位置決め溝116を更に含む。本実施例において、ホルダ部111は、概ね長方体形状である。
【0017】
拡張回路モジュール130は、収容空間113内に設けられる。拡張回路モジュール130は、少なくとも1つの下流ポート131(本実施例においては複数の下流ポート131)及び上流ポート132を含む。下流ポート131は、それぞれ下流開口114に対応して設けられる。上流ポート132は、上流開口115を通って拡張筐体110から突出する。これにより、装着状態において、上流ポート132と接続ポート230とが接合されると共に、装置筐体210の下縁の一部が位置決め溝116中に位置する(図5Aに示す)。
【0018】
図5Aは、本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置100と電子装置200の装着を示した図であり、側面から見た局部を示す図である。図5Bは、図5AにおけるBエリアの局部拡大図である。
【0019】
図5A及び図5Bを併せて参照して説明する。ユーザが下流装置(又は下流装置の接続端子)を下流ポート131に接続しようとする場合、ホルダ部111が装置筐体210の前表面240の下縁に当接されることで、挿入接続時の前から後ろへの力が相殺される。更に、下流ポート131が電子装置200の前方を向いているため、ユーザは、電子装置200の後方にまで労力を費やして下流装置を接続ポート230に接続する必要がない。下流装置は、フラッシュディスク、ICレコーダー又は携帯電話等であってもよい。
【0020】
図4に示すように、拡張回路モジュール130は、下流ポート131と上流ポート132とが電気的に接続された回路基板133を更に含む。下流ポート131は、回路基板133上に設けられ、上流ポート132は、導線134を介して回路基板133上に接続される。回路基板133は、下流ポート131が下流装置に接続された場合に、下流装置と電子装置200とが接続ポート拡張装置100を介して互いに協同運作することができるように、マルチプレクサ/ディマルチプレクサを有してもよい。図面が過剰に煩雑となることを避けるために、図面においては回路基板133の細部構造(例えば配線、マルチプレクサ/ディマルチプレクサ等チップ及びその他の電子部品)は描出していない。
【0021】
図2に示すように、下流ポート131と上流ポート132とは、同一の接続インターフェースであり、ここではいずれもUSBインターフェースである。但し、本考案に係る実施例はこれに限定されず、下流ポート131と上流ポート132とは異なる接続インターフェースであってもよく、又は下流ポート131同士の間は異なる接続インターフェースであってもよい。例えば、上流ポート132はUSBインターフェースであり、下流ポート131はイーサネット(登録商標)インターフェースであり、他の下流ポート131はUSBインターフェースである。電子装置200がUSBインターフェースを介してイーサネット(登録商標)インターフェースを有するモデムと互いに通信することができるようにすべく、回路基板133はUSBイーサネット(登録商標)プロトコル変換モジュールを更に有する必要がある。
【0022】
図2に示すように、延在部112は、ホルダ部111の後端から上向きに湾曲して延在される。延在される距離はおよそ電子装置200の接続ポート230から装置筐体210下端までの距離である。しかしながら、延在部112がホルダ部111のどの部位から延在されるかに応じて、延在される距離を適宜調整することができる。例えば、ホルダ部111の上端から延在される場合、延在距離はホルダ部111の後端から延在される距離よりも短くてもよく、装置筐体210の下縁の一部を装着状態において位置決め溝116中に位置させることができればよい。
【0023】
図2に示すように、延在部112とホルダ部111との間の湾曲箇所117は、弧面を成している。但し、他の実施例において、湾曲箇所117には弧面ではない凹部を有してもよい。即ち、拡張筐体110は、ホルダ部111と延在部112との間の湾曲箇所117に位置する配置溝を更に含むことができる。これにより、ユーザは物品を配置溝中に配置することができる。例えば、携帯電話が伝送ケーブルを介して下流ポート131に接続される場合(例えば充電する場合)、携帯電話を湾曲箇所117に置くことで、収納として用いることができる。
【0024】
図1に示すように、本実施例において、電子装置200の接続ポート230の開口方向は、水平方向において若干下向きであり、接合がぴったり合うようにすべく、上流ポート132の接合方向D1と延在部112の延在方向D2との間には鋭角を挟む。但し、本考案に係る実施例はこれに限定されず、他の開口方向を有する接続ポート230が適用された電子装置200では、接合方向D1と延在方向D2との間の角度は他の角度の鋭角であってもよく、又は直角若しくは鈍角であってもよい。
【0025】
図2に示すように、延在部112は、その幅がホルダ部111に隣接する一端から延在方向D2(即ち、ホルダ部111から遠ざかる方向)に漸減して、扇形118を形成すると共に、扇形118の縮小端から幅が不変であるグリップ部119が延在される。但し、本考案に係る実施例はこれに限定されず、例えば1つの実施例において、延在部112のグリップ部119は、上流開口115(即ち、上流ポート132)に対応する両側が内側に凹んで首部120が形成されてもよい(図6に示す)。図6は、本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置100の変更例を示した図である。
【0026】
図4を参照して説明する。拡張筐体110は、上下の蓋が分離する構造(上蓋121及び下蓋122を含む)であってもよく、嵌合又はそれにロック固定が併用されてもよい。
【0027】
次いで、位置決め溝116の細部結構を更に説明する。図5Bに示すように、位置決め溝116は、底面123、前側面124、後側面125及びストッパー126を含む。底面123は、位置決め溝116の底部に位置する。前側面124は、ホルダ部111の先端(即ち、延在部112から遠ざかる一端)に近接すると共に、底面123に接続され、装着状態において装置筐体210の前表面240と接触する。後側面125は、底面123に接続されると共に、前側面124と対向する(即ち、位置決め溝116の延在部112に近接する一端に位置する)。ストッパー126は、前側面124と底面123との接続箇所に設けられると共に、ストッパー126の高さは前側面124の高さよりも低く、装着状態において装置筐体210の下表面250と接触する。これにより、位置決め溝116の前側面124と装置筐体210の前表面240とが接触することによって、挿入接続の力と相反する反作用力を提供することができ、接続ポート拡張装置110が挿入接続の力によって後向きに移動することを回避することができる。同時に、電子装置200の下表面250が複数の放熱孔260を有する可能性があることから、ストッパー126によって装置筐体210の下表面と位置決め溝116の底面123とが接触することを防止できることを介して、接続ポート拡張装置110が放熱孔260を塞ぐことを回避できると共に、気体を流動させる空間を保持することができる。
【0028】
図7は、本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置100の他の斜視図である。
【0029】
図5A、図5B及び図7を併せて参照して説明する。位置決め溝116は、複数の凸リブ127を更に含んでもよい。各凸リブ127の一端は、ストッパー126に接続される。各凸リブ127の長さは、位置決め溝116の後側面125からストッパー126までの間の距離よりも短い。また、凸リブ127の高さは、ストッパー126の高さと同一である。これにより、これらの凸リブ127によって仕切られ形成された複数の放熱空間が、装着状態において装置筐体210の放熱孔260に対応する。即ち、装着状態において、各放熱空間は、1つの放熱孔260の下方に位置する。
【0030】
前側面124と後側面125とは、略平行に対向する。
【0031】
図8を参照して説明する。図8は、本考案の第1の実施例に係る接続ポート拡張装置と電子装置の装着の変更例を示した図である。この例では、凸リブ127の高さは、ストッパー126の高さよりも低くてもよい。これにより、空気をより簡単に位置決め溝116の両側に向かって流出させることができる。
【0032】
図9Aは、本考案の第2の実施例に係る接続ポート拡張装置100と電子装置200の装着を示した図である。図9Bは、図9AにおけるCエリアの局部拡大図である。
【0033】
図9A及び図9Bに示すように、後側面125は底面123からホルダ部111の後端に斜めに向かう斜面であってもよく、これによって斜面と電子装置200の装置筐体210との間により大きな放熱空間を確保することができる。
【0034】
図10は、本考案の第3の実施例に係る接続ポート拡張装置100の斜視図である。
【0035】
図10に示すように、本実施例は第1の実施例と略同じであり、相違点は、本実施例に係る接続ポート拡張装置100のホルダ部111が複数の気流通路128を更に含むことである。
【0036】
気流通路128は、ホルダ部111の上端に位置する。各気流通路128の開口端は、位置決め溝116に連通し、気流通路128は、延在部112に向かって延在される。気流通路128は、溝形態であってもよく(即ち、開口端が位置決め溝116の後側面125の上端辺縁に位置する)又は管形態であってもよい(即ち、開口端が位置決め溝116の後側面125の中間エリアに位置する)。これにより、位置決め溝の左右両側に向けて放熱される外、後ろ方向への放熱経路を追加することができ、放熱效果を高めることができる。
【0037】
開口端は、装着状態においてそれぞれ装置筐体210の放熱孔260に対応する。即ち、開口端は、前述した放熱空間に対応して設けられる。換言すると、凸リブ127は、2つの隣接する気流通路128の仕切り箇所129に対向する。但し、本考案に係る実施例はこれに限定されず、他の実施例において、複数の気流通路128が1つの放熱孔260に対応するようにしてもよい。
【0038】
上述した説明から分かるように、前述した実施例に係る接続ポート拡張装置100は、背面220に接続ポート230を有する電子装置200に適用することができると共に、単一の接続ポート230よりも多くの拡張機能を提供することができる。更に、ユーザは、電子装置200の正面で下流装置を挿入接続することができる。上述した説明は、位置決め溝116が装置筐体210の前表面240の下縁に当接することを例としているが、本考案に係る実施例はこれに限定されず、位置決め溝116は、装置筐体210の前表面240の側辺又は上縁に当接されるようにしてもよく、前表面240と接触しさえすればよい。
【0039】
次いで、本考案の第4の実施例に係る接続ポート拡張装置100を説明する。図11は、本考案の第4の実施例に係る接続ポート拡張装置100の斜視図である。本実施例に係る接続ポート拡張装置100は、前述した実施例に係る接続ポート拡張装置100が複数の下流ポート131を有するのとは異なり、1つの下流ポート131のみを有する。下流ポート131及び上流ポート132は、いずれもUSBインターフェースの接続ポートである。但し、本考案に係る実施例は、上流ポート132、下流ポート131がいずれも同一のインターフェースであることに限定されない。
【0040】
図12は、本考案の第5の実施例に係る接続ポート拡張装置100の斜視図である。本実施例の前述した第1の実施例との相違点は、1つの下流ポート131のみを有することであり、且つ第4の実施例における上流ポート132、下流ポート131がいずれも同一のインターフェースであるのとは異なり、本実施例の下流ポート131はICカード、キャッシュカード等のカード300をサポートするリーダーインターフェースであり、上流ポート132はUSBをサポートするインターフェースである。
【0041】
図13は、本考案の第6の実施例に係る接続ポート拡張装置100の斜視図である。説明すべきことは、前述した実施例がいずれも単一の上流ポート131を例としたのに対し、本考案の実施例はそれに限定されず、接続ポート拡張装置100は、複数の上流ポート131を有してもよく、電子装置200の複数の接続ポート230に対応して接続される。更に、これらの上流ポート131は、それぞれ拡張回路モジュール130中における異なる変換回路而を介して、異なる1つ又は複数の下流ポート132に接続される。
【0042】
本実施例は、同一のインターフェースである上流ポート131を例とするが、これら上流ポート131は、それぞれ異なるインターフェースであってもよい。例えば、一方の上流ポート131はUSBインターフェースであり、USBインターフェースである下流ポート132に対応し、且つSDメモリカードインターフェースである下流ポート132をサポートする。そして他方の上流ポート131はオーディオインターフェースであり、オーディオインターフェースである下流ポート132に対応する。
【産業上の利用可能性】
【0043】
このように、本考案に係る接続ポート拡張装置100は、電子装置200の後方に位置する接続ポート230の挿入接続方向が電子装置200の前方に向くようにすることができ、使用において便利となる。更に、接続ポート拡張装置100の湾曲箇所117は、ユーザが下流ポート132に接続される下流装置を收納するのに有利である。また、位置決め溝116の構成によって、電子装置200の放熱孔260を塞ぐことを回避することができるとともに、排熱を補助することができる。また、1つ又は複数の上流ポート131と、1つ又は複数の下流ポート132と、それらと組み合わされた拡張回路モジュール(マルチプレクサ、ディマルチプレクサ及びプロトコル変換回路を含む)とを設けることによって、電子装置200の接続ポート230の機能と下流装置の接続数とを拡充することができる。
【0044】
以上、本考案について実施例によって説明したが、これらは本考案を限定するものではなく、当業者は、本考案の趣旨及び範囲を逸脱しない範囲において、本考案に対して変更及び修正を加えることができる。従って、本考案の保護範囲は、本考案の実用新案登録請求の範囲に特定した内容を基準としなければならない。
【0045】
100 接続ポート拡張装置
110 拡張筐体
111 ホルダ部
112 延在部
113 収容空間
114 下流開口
115 上流開口
116 位置決め溝
117 湾曲箇所
118 扇形
119 グリップ部
120 首部
121 上蓋
122 下蓋
123 底面
124 前側面
125 後側面
126 ストッパー
127 凸リブ
128 気流通路
129 仕切り箇所
130 拡張回路モジュール
131 下流ポート
132 上流ポート
133 回路基板
134 導線
200 電子装置
210 装置筐体
220 背面
230 接続ポート
240 前表面
250 下表面
260 放熱孔
300 カード
A−A’ 断面線
B、C エリア
D1 接合方法
D2 延在方向

(57)【要約】

【課題】電子装置の背面に位置する接続ポートへの挿入接続を容易にする接続ポート拡張装置を提供する。【解決手段】接続ポート拡張装置は、拡張筐体110及び拡張回路モジュールを含む。拡張筐体は、互いに接続されたホルダ部111と延在部112を含む。ホルダ部と延在部は連通して、内部に拡張回路モジュールを収容する。ホルダ部は、ホルダ部先端に位置する少なくとも1つの下流開口114、延在部末端に位置する1つ又は複数の上流開口、及びホルダ部上端に位置する位置決め溝116を含む。拡張回路モジュールは、下流開口に設けられた少なくとも1つの下流ポート131及び1つ又は複数の上流ポート132を含む。上流ポートは、上流開口を通り拡張筐体から突出する。装着状態において、上流ポートが接続ポートと接合され、装置筐体の下縁の一部が位置決め溝中に位置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):