(54)【考案の名称】レンズ付きソーラパネル

(51)【国際特許分類】

H01L 31/054

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はソーラパネルの発電時間とそれに属する蓄電池の蓄電時間との短縮の考案である、ソーラパネルの上層部に凸レンズを設置取り付けることによってソーラパネル本体にその凸レンズを通じて多量の太陽光をより早く集中的にとり得ることができ短時間での発電能力が発揮同時に蓄電池も属して短時間で蓄電される事である。
よって多くの電気が長時間使用できる。
【0002】
本考案は太陽光発電に関するものである。
【0003】

【効果】

【0006】
ソーラパネルの発電と連結蓄電が短時間になり長時間電気を使用できる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】ソーラパネルの上層部に凸レンズを設置取り付けた図と蓄電池の図

【考案を実地するための形態】

(57)【要約】

【課題】ソーラパネルの発電時間とそれに属する蓄電池の蓄電時間との短縮を図ったレンズ付きソーラパネルを提供する。【解決手段】大、小は問わず、ソーラパネル3と凸レンズ1の組み合わせをもって一対にしたものである。ソーラパネルのサイズ135x65x65mmの四方から、直径7cmの凸レンズを支える高さ25cm位のやぐら方の支柱2を作り、その支柱上部真ん中に凸レンズを取付けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):