(54)【考案の名称】キーボードカバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ノートパソコンを操作時に於いて必要な時、キーボード上を書見台として書いたり写したりの作業ができ不必要の時は、キーボードカバーを上げると、直ちに入力操作が出来て又、キーボードの防塵にもなる、キーボードカバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
本考案はパーソナルコンピューターの操作時において、とくにノート型パーソナルコンピューターでは、キーボードと画面が一体となっているため、キーボードをずらして、書
を書くための、机上の空き範囲を得ることができない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案は、机上の占有範囲の書類を確保して、容易に持ち運びが出来て入力線、出力線、記録媒体等も、そのままの状態で簡単に設置でき、キーボードの上を書見台として使用できて図を書いたり写したり出来ることを目的とする又、キーボードを使うときは即座に入力操作が出来て、キーボードの防塵にもなることを目的とする。

【効果】

【0006】
本考案はノート型パーソナルコンピューターの操作時に於いてキーボード上を書見台として書いたり写したりの作業ができ、不必要の時は直ちに入力操作が出来て又、防塵にもなる事に役立つキーボードカバーを提供する。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案のキーボードカバーの使用図(入力時)
【図2】本考案のキーボードカバーの使用図(書見台)
【図3】本考案のキーボードカバーの本体構成図(斜視図)
【図4】本考案のキーボードカバーの本体構成図(側面図)
【図5】本考案のキーボードカバーのプレート取付け部の構成

【0008】
本考案は、入力線、出力線、記録媒体、等そのままの状態で容易に取り付け取り外しが出来てノート型パーソナルコンピューターのキーボードの上を書見台として使う事が出来、キーボードの防塵にも役立つキーボードカバーである。
【0009】
図1は本考案のキーボードカバーの使用図(入力時)、図2は本考案のキーボードカバーの使用図(書見台)、図3は本考案のキーボードカバーの本体構成図(斜視図)、図4は本考案のキーボードカバーの本体構成図(側面図)、図5は本考案のキーボードカバーのプレート取付け部の構成を示す。
【0010】
本考案のキーボードカバーAを、ノート型パーソナルコンピューターの左右両側面どちらかにキーボードカバーAのコの字型のクリップ2でキーボード側面を挟みながら挿し込み固定する、キーボードカバーAのプレート1をキーボードの上に倒すと書見台になり、キーボードを操作する場合は、プレート1を上方向に開いてスタンド4まで起こして、ほぼ垂直に立てることで、キーボードの上が空きキーボードを操作できるようにした、
スタンド4のL字型の底辺部をノートパソコンと机上との隙間に挿し込み仰角度を調整する事が出来て又、プレート1をキーボードの上に倒した時の衝撃とキー上との隙間を保つ為のパッド12と用紙を止めるためのクリップ11を備える。
【0011】
本考案のキーボードカバーAは、プレート1と、クリップ2と、プレート取付け部3から構成され、クリップ2は、パソコンの側面を挟めるようにコの字型をした形状で、上部には、回動軸31を挿入する回動軸受21を有する、プレート取付け部3は、クリップ2の上部にヒンジにして合体され回動軸31とプレート挿し込み口32を備え、プレート挿し込み口32にプレート1の両端を挿入して固着してありプレート1はクリップ2に対して回動軸31を軸にして回動可能になり又、キーボードの防塵にも役立ち、プレート1には用紙を挟むペーパークリップ11とプレートを倒した時の衝撃とキー上の隙間を保つ為のパッド12を備える。
【0012】
本考案のキーボードカバーAのスタンド4を、側面視、L字型で、机上とノートパソコン本体との隙間にL字型の底辺部を挿しこみプレート1の仰角度を好みの位置に調節する。
【0013】
本考案のキーボードカバーAの使用方法を説明する、本考案のキーボードカバーAのコの字型のクリップ2でキーボードの左右どちらかの側面を挟みながら挿しこみ固定してプレート1をキーボードに倒して重ねることで書見台になり、プレート1をキーボードから開いて上に起こしてスタンド4に立てかけるとキーボードの入力操作が可能となる、プレート1をキーボードの上に倒した時の衝撃とキー上の隙間を保つ為のパッド12を設けプレート1にはペーパークリップ11が備えて有るのでプレート1から用紙は確保される。
【0014】
A キーボードカバー
1 プレート
11 ペーパークリップ
12 パッド
2 クリップ
21 回動軸受
3 プレート取付け部
31 回動軸
32 プレート挿し込み口
4 スタンド

(57)【要約】

【課題】ノート型パーソナルコンピューターのキーボード上を書見台として書いたり写したりの作業ができ、不必要の時は直ちに入力操作が出来るキーボードカバーを提供する。【解決手段】長方形状のプレート1と、クリップ2と、プレート取付け部3からなり、クリップ2は、パソコンの側面を挟めるようにコの字型をした形状で、上部には、回動軸31を挿入する回動軸受21を有する。プレート取付け部3は、クリップの上部にヒンジにして合体された回動軸31とプレート挿し込み口32を備える。プレート挿し込み口に、プレートの両端を挿入して固着することでプレートはクリップに対して回動可能となり、プレートをキーボード側に倒して重ねる事で書見台にでき、プレートをキーボードから開く事でキーボードの入力操作が可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):