(54)【考案の名称】太陽光発電システム

(73)【実用新案権者】株式会社NEP JAPAN

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池モジュールにおけるパネルの監視制御を行う太陽光発電システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
通常の太陽光発電所においては、複数枚のソーラーパネルを直列に接続し、接続箱に集められた電線に電圧電流センサをつけることで取得されるソーラーパネル群の監視情報を監視制御所まで送っている。しかしながら、このような方法で監視を行うと、ソーラーパネル群の監視はできても、各ソーラーパネルごとの監視を行うことができないという問題がある。
【0003】
また、各ソーラーパネルごとに接続される小型のインバータとして、マイクロインバータの技術が知られている。特許文献1に示す技術は、マイクロインバータに関する技術であり、太陽電池モジュールごとに直結する小型のインバータを配設することで、各太陽電池モジュールごとに直流を交流に変換し、分散化したシステム管理を行うものである。
【0004】

(57)【要約】

【課題】小型インバータを用いて各太陽電池モジュールごとにその出力を監視する太陽光発電システムを提供する。【解決手段】複数の太陽電池モジュール2a〜2zと、太陽電池モジュール2a〜2zごとにそれぞれ対応付けて接続される複数のインバータ3a〜3zと、各太陽電池モジュール2a〜2zと各インバータ3a〜3zとをそれぞれ直流で接続するDCコネクタ4a〜4zと、各インバータ3a〜3z同士をそれぞれ交流で接続するACコネクタ5a〜5zと、各インバータ3a〜3zと有線又は無線で信号の送受信を行う信号受信部と、信号受信部が取得した信号情報に基づいて、各太陽電池モジュール2a〜2z及び/又は各インバータ3a〜3zの状態判別を行う演算部とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):