(54)【考案の名称】紙製人形

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、紙製人形の作成キットに関する。

【従来の技術】

【0002】
本考案は、極めて汎用性が高い紙製人形を提供するものである。
【0003】
すなわち、紙製人形をより実用的にするものである。

【考案が解決しようとする課題】
【0004】
紙製人形は材質や価格の関係上、消耗する娯楽品の一つとして扱われる傾向が多々あり、立体的なものはかさ張り、収納・保存・携帯が不便である。

【効果】

【0006】
本考案により、紙製人形を記念品や贈り物にしたり、紙製人形のキットの完成後も楽しみや遊戯要素があったり、折りたたんで収納できるため、長期にわたる活用が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の一実施例である紙製人形の外観正面図
【図2】上記実施例の側面と内部の状態
【図3】上記実施例を分解した状態
【図4】上記実施例のオプション
【図5】上記実施例の組み立て前の展開図

【0008】
図5にある展開図の実線を切り取り、点線に沿って折り目を付け、形を作り、のりし
ろを接着し各パーツを組み立てる。
【0009】
図2にあるようにペットボトルを主軸とする。組み立てる順は、図1より、主軸
としたペットボトルを7(主軸の外装兼足パーツ)に組み込む。5(胴体パーツ)の切り込み部に4(腕パーツ)を組み込み、内部で接着したものを、7に上から組み込む。5の顔部分の切り込みに3(顔パーツ)を組み込む。2(髪パーツ)を上から組み込むことで、図1の状態で完成する。図4の9(帽子などの頭部
オプション)、10(メガネなどの顔部分のオプション)、11(腕パーツに接続できるアイテムなどのオプション)などの各種オプションを組み込むことで、バリエーションが増える仕組みを持つ。図3に示すように各パーツは分解でき、折り
目に沿って折りたたむことができる。これにより、収納・携帯・保存が簡単にできる仕組みを有する。


【産業上の利用可能性】
【0010】
・誕生日、結婚記念日などの贈り物
・SNSによる写真投稿
・店舗等のマスコットキャラクターとして設置
・立体的な広告及び看板
・季節ごとの置物
・インテリア
など。
【0011】
1:紙製人形
2:髪パーツ
3:顔パーツ
4:腕パーツ
5:胴体パーツ
6:スカート等のパーツ
7:足および主軸外装パーツ
8:主軸のペットボトル
9:帽子などの頭部オプション
10:メガネなどの顔部分のオプション
11:腕パーツに接続できるアイテムなどのオプション

(57)【要約】

【課題】極めて汎用性が高く、より実用的な紙製人形を提供する。【解決手段】ペットボトルを主軸とし、それぞれ紙製である主軸の外装兼足パーツ7、胴体パーツ5、腕パーツ4、顔パーツ3及び髪パーツ2を組み込む。顔パーツ3に、似顔絵師、イラストレーターなど、絵を描くことを業務とした個人・法人による似顔絵またはイラストを加える。主軸の外装兼足パーツ7、胴体パーツ5、腕パーツ4、顔パーツ3及び髪パーツ2が、分解可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):