(54)【考案の名称】カードを取出し可能に内蔵した葉書

(73)【実用新案権者】日進堂印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、テレホンカード、プリペイドカード、写真等の各種のカードを目視できる状態に内蔵し、かつ取出すことができるようにした葉書に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、観光地等では風景写真を絵柄に用いたテレホンカード等の有価磁気カードを土産品として販売しているが、これを絵葉書として郵送する場合葉書サイズの台紙上に有価磁気カードを置き全体をラミネート加工する方法が行われている。また、風景写真等を郵送する場合、絵葉書の体裁で送る方法はなく、封書にして送るしかなかった。
【0003】
なお、はがき本体10に抜き穴14を形成し、抜き穴14にカード4を隙間なく収容し、抜き穴14より大きい宛名ラベル2を剥離可能に接着し、はがき本体10の裏面に抜き穴14が隠れる大きさの覆紙3を剥離可能に接着した構成の郵便はがきが提案されている(特許文献1)。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案は以上詳述した如く構成したから、下記の諸効果を奏する。
(1)有価磁気カードを郵送法規に従った状態で安全、確実に郵送することができる。
(2)有価磁気カードやカード型写真等のカードを外部から目視できる絵葉書として利用することができる。
(3)カードを取り出す場合、ミシン目から切り取るだけでよいから差出人のメッセージを損なうことがないし、ナイフや鋏を用いる必要がないからカードを損傷することがない。
(4)葉書から取り出したカードはその機能に応じた本来の用途に使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の第1の実施の形態に係る葉書を構成する葉書形成シートの展開図である。
【図2】葉書の分解斜視図である。
【図3】葉書形成シートの一側シート部に内貼りシートを貼着した状態を他側シート部と共に示す説明図である。
【図4】葉書からカードを取り出す状態の説明図である。
【図5】第2の実施の形態に係る葉書の分解斜視図である。

【0013】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づき詳述する。図において、1は葉書形成シートを示す。該葉書形成シート1は二つ折りして葉書大となるように上質紙を横長長方形に裁断したもので、中心から一側を一側シート部2としており、該一側シート部2の外側面は「郵便はがき」の表示部3、郵便番号記入枠4、切手貼付け枠5を表した葉書表面2Aに、内側面は衝合面2Bとしている。他方、葉書形成シート1の中心から他側を他側シート部6としており、該他側シート部6の外側面は下側にメッセージ欄7を表した葉書裏面6Aに、内側面は衝合面6Bとしている。
【0014】
8は前記一側シート部2から他側シート部6にわたって葉書形成シート1の上端1Aから約8mmの幅を取って横方向に形成したミシン目で、該ミシン目8から上端1Aの間は切り取り片1Bとしてある。9はミシン目8に近接して他側シート部6に形成したカード目視窓で、該カード目視窓9は縦幅L1、横幅L2を後述するカード15の縦幅L、Lより若干小さい開口にしてある。10、11は葉書形成シート1の衝合面2B、6Bの全面に夫々設けた接着層で、該接着層10、11は粘着タイプの接着剤を塗着したものからなっている。12、12は該接着層10、11の全面に被着した公知の材料からなる剥離シートである。
【0015】
13は葉書形成シート1より若干厚い上質紙からなる内貼りシートを示し、該内貼りシート13は縦、横の寸法を一側シート部2の外形より3mm程小さくすることにより、衝合面2Bに設けた接着層10の外縁部10A、10Bが縦長矩形の枠状に露出するようにしてある。14はカード目視窓9を覆う透明フィルムで、該透明フィルム14は縦幅L及び横幅Lをカード目視窓9の縦幅L及び横幅Lよりも大きく設定することにより開口縁を覆うことができるようにしてある。また、15はカードを示し、該カード15にはテレホンカード、プリペイドカード等の有価磁気カードや記念写真からなるカード等、適宜のカードを用いることができる。
【0016】
本実施の形態は上述の構成からなり、葉書に形成する前は葉書形成シート1の各衝合面2B、6Bに設けた接着層10、11は剥離シート12、12を貼着することにより覆ってあり、内貼りシート13、透明フィルム14は別の構成にしてセットしてある。そして、カード15を葉書で郵送しようとする差出人は剥離シート12を剥して各接着層10、11を露出させ、一側シート部2の衝合面2Bに上端縁13Aをミシン目8に合わせて内貼りシート13を貼り付ける。これにより内貼りシート13の外側には接着層10の外縁部10A、10Bが縦長枠状に露出した状態になる。他方、他側シート部6の衝合面6Bにはカード目視窓9に合わせて透明フィルム14を貼り付ける(図3参照)。しかる後、カード目視窓9から絵柄を見ることができるようにしてカード15を透明フィルム14の中央に配置し、葉書形成シート1を中心から二つ折りにして一側シート部2と他側シート部6を衝合し、接着層10、11同士を貼り合わせる。これにより、カード目視窓9からカード15を目視できる状態で内蔵した葉書を形成できる。
【0017】
他方、葉書を受取った受領者はカード目視窓9からカード15の絵柄を鑑賞することができ、また葉書の切り取り片1Bをミシン目8から切り離すことにより、内蔵してあるカード15を取り出すことができる(図4参照)。これにより、カード15が有する機能に応じた使い方、例えば買い物の代金の支払いや、写真はアルバムに貼り付けるといった使用ができる。
【0018】
次に、図5は第2の実施の形態を示す。なお、前述した第1の形態の構成要素と同一の構成要素には同一の符号を付して援用し、その説明を省略する。図において、21は葉書形成シートで、該葉書形成シート21を構成する一側シート部22は葉書表面22Aと衝合面22Bを有し、その衝合面22Bには全面に接着層10が設けてあり、接着層10は剥離シート12により覆ってある。他方、葉書裏面23Aと衝合面23Bを有する他側シート部23の衝合面23Bには接着層、剥離シートは設けていない。24は内貼りシートを示し、該内貼りシート24は縦幅Lおよび横幅Lをカード15の縦幅L及び横幅Lより若干大きく設定した形状からなっている。
【0019】
上述の如く一側シート部22にのみ接着層10及び剥離シート12を設け、内貼りシート24を略半分以下の大きさにすることによっても、第1の実施の形態と同様に葉書を形成することができ、かつ資材の削減を図ることができる。
【0020】
また、上記実施の形態とは逆に、葉書形成シート21を構成する他側シート部23の衝合面22Bにのみ接着層10、剥離シート12を設けてもよい。
【0021】
1、21 葉書形成シート
2、22 一側シート部
2B、22B 衝合面
6、23 他側シート部
6B、23B 衝合面
8 ミシン目
9 カード目視窓
10、11 接着層
12 剥離シート
13、24 内貼りシート
14 透明フィルム
15 カード

(57)【要約】

【課題】テレホンカード等の有価磁気カードや記念写真等の各種のカードを目視できる状態で、かつ紛失しないように確実に内蔵した状態で絵葉書として送ることができる。また、受領者は鋏等の道具を用いずに簡単にカードを取り出すことができ、差出人のメッセージを損なうこともない葉書を提供する。【解決手段】一側シート部2と他側シート部6とからなる葉書形成シート1の上端側にミシン目8が形成してあり、他側シート部6にはカード目視窓が形成してある。一側及び他側シート部2、6の衝合面2B、6Bに設けた接着層10、11は剥離シート12で覆ってある。カード目視窓を透明フィルム14で覆い、剥離シート12を剥して粘着した内貼りシート13との間にカード15を配置し、剥離シート12を剥して一側シート部2と他側シート部6を貼り合わす。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):