(54)【考案の名称】付箋

(73)【実用新案権者】サンスター文具株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書籍、雑誌、新聞、ノート等の読者または利用者が、見出しや検索用に特定の頁に目印をつけるために用いる付箋であって、本体端部の裏面に感圧性接着層を持った付箋に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、花柄模様やカラーパターンを施し意匠性を付与した付箋の考案は特許文献1により既に提案されている。
【0003】
従来、付箋本体に分離可能部が設けられ、且つカラーパターン等を切り離すように付箋本体に設けられた分離可能部を有する付箋の考案は特許文献2により既に提案されている。
【0004】
前述の特許文献1の付箋では、花柄模様やカラーパターンが施されているが、これらの意匠の変化を楽しむことは出来ない。
【0005】
一方、前述の特許文献2の付箋では、分離後も記事指摘片と頁指摘片が一体的に関連付けられることを目的として意匠が施されており、分離前、分離後の意匠の意味内容変化が得られるものではなく、分離除去することによる表記変化に対する期待感やこれに付随する購買意欲が得られるものではない。

【効果】

【0014】
請求項1に記載の付箋にあっては、書籍、雑誌、新聞、ノート等の読者または利用者が、見出しや検索用に特定の頁に目印をつけるために用いることが可能であり、且つ切断可能部より除去部を切り離すことで基部に独自の意味内容を有する表記が表れるように構成されているので、分離除去することによる表記変化に対する期待感やこれに付随する購買意欲が得られる。
【0015】
請求項2に記載の付箋にあっては、請求項1の付箋本体が細長長方形状に形成されることにより、貼り付けに要する面積を小さくしたことで、小型の書籍、雑誌、新聞、ノート等であっても当該付箋を数多く貼り付けることが可能となり、同時に文面等の小さな対象にマーキングが可能となる。
【0016】
請求項3に記載の付箋にあっては、請求項2の付箋本体へ長さ方向端部に切断可能部を設けることで、長さ方向端部への表記および分離除去時の基部表記内容の変化が可能となり、例えば書籍の頁の検索用として書籍端部から当該付箋の表記部がはみ出す形で使用した際、書籍を綴じた状態でも表記部の表記を楽しんだり、切断可能部より切り離し除去して基部表記内容の変化を楽しむことが出来る。
【0017】
請求項4に記載の付箋にあっては、例えば上記表記部が符号であった場合には、切断除去前「?」(クエスチョンマーク)が切断除去後「!」(エクスクラメーションマーク)のように異なる意味内容を与えることが可能であり、目的に応じて選択して用いることが出来る。
【0018】
請求項5に記載の付箋にあっては、例えば上記表記部が文字と符号であった場合には、切断除去前「LOOK!」が切断除去後「OK!」のように異なる意味内容を与えることが可能であり、目的に応じて選択して用いることが出来る。
【0019】
請求項6に記載の付箋にあっては、例えば上記表記部が図形であり、図形が顔であった場合には、切断除去前「困った表情の顔文字」が切断除去後「驚いた表情の顔文字」のように異なる意味内容を与えることが可能であり、目的に応じて選択して用いることが出来る。

(57)【要約】

【課題】目印としての付箋の基本的な構成を有すると共に、付箋本体に使用意欲を起こさせる表記を施し、また分離部より分離除去を行うことで基部に異なる意味内容表記が得られるようにすることで意匠の変化を楽しむことが出来る付箋を提供する。【解決手段】付箋本体11に切断可能部12が設けられ、基部13と除去部14とにより構成された付箋10である。基部13と除去部14とには、連続して一体の意味内容を保持すると共に、除去部14が除去された場合にも基部13に残存した部位15も独自の意味内容を有する表記部16が設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):