(54)【考案の名称】『立体カード』

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本商品は「カード」に「切抜き・貼付け」の加工を加え、『似顔絵や写真』が立体になる仕掛けが施されたカードに関するものです。

【従来の技術】

【0002】
名刺の場合、営業やコミュニケーションのツールとして最も重要なアイテムであるが故、用紙を特殊なモノにしたり、似顔絵や写真入を入れたりと、他者と差別化を計るための名刺は多数存在している。
【0003】

(57)【要約】

【課題】自分のプロフィールを紹介する『名刺』や、相手に気持ちを伝える『メッセージカード』に、画像部分が「立ち上がる」「飛び出す」などの『立体的』な細工を施す事で、意外性や注視性を高め、会話のキッカケやコミュニケーションを深められる立体カードを提供する。【解決手段】カードの土台1Bと画像部分(似顔絵/写真)を別々に印刷し、画像部分2Bの周りのカット線をカッティングマシンに読み込ませ、画像の形にカットする。カットした画像を組立てた後、糊しろb,dを土台1Bに貼付けることで2つ折りの土台1Bを開くと画像2Bが飛び出す仕掛けとなる。紙面に『二次元コードやURL検索マド』を印刷し、相手をネットメディアに誘導することも可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):