(54)【考案の名称】タブレット型端末のスタンド兼ホルダー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、タブレット型端末のスタンド兼ホルダーに係り、より詳しくは、タブレット型端末を収納して携帯用ホルダーとして使用でき、また、タブレット型端末を縦にも横にも傾斜させて支持可能なスタンドとして使用できるタブレット型端末のスタンド兼ホルダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
特許文献1には、タブレット型端末を粘着シートに吸着させて固定し、横向き画面で画面傾斜角度が変えられるタブレット型端末のスタンド兼ホルダーが記載されている。しかしながら、タブレット型端末を縦向き画面で使用する場合には、タブレット型端末を付け替える必要を生じ、縦向き画面での使用後にホルダーに収納するには、再度タブレット型端末を付け替える必要がある。
【0003】
特許文献2には、縦、横の直立置き、寝かせ置き、手持ち操作に対応したスタンドと取手を有するタブレットPCの保護フレーム構造が記載されている。しかしながら、タブレット背面側にスタンドを設けたものであり、携帯して持ち運ぶ際にタブレット型端末を包み込んで保護するホルダーとしての機能はない。また、縦、横の直立置き、寝かせ置きに対応してスタンドを設けたものであり、スタンドの高さの異なるスタンドを設けることにより複数の画面傾斜角度が取れるようにしたものであり、縦横の傾斜角度に合わせてそれぞれに対応した高さのスタンドを背面に設置しなければならず、傾斜角度の任意の調整には限界がある。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案のタブレット型端末のスタンド兼ホルダーは、タブレット型端末を安全に持ち運ぶのに適したホルダー機能を有し、タブレット型端末をホルダーに収納した状態でホルダーカバーの変形のみで、縦置き、横置きどちらの置き方においても画面傾斜角度が一定範囲で任意に変えることができるスタンドとなる。
【0012】
本考案のタブレット型端末のスタンド兼ホルダーは、また、タブレット型端末でテレビ等の動画を視聴する場合に適したタブレット型端末の画面が前部に位置する画面前部スタンド及び電子書籍の閲覧等に適したスタンド上部にタブレット型端末の画面が位置する画面上部スタンドとして使用できる。
【0013】
本考案のタブレット型端末のスタンド兼ホルダーは、前述のように、ホルダー形態、横置き角度可変スタンド形態、縦置き角度可変スタンド形態、画面前部スタンド形態、画面上部スタンド形態の合計5つの形態に変形可能な多機能型スタンド兼ホルダーであり、また、部品点数が少なく製造が容易であり、収納サイズに余裕を持たせられるボックス収納型であるため、同一画面サイズであってもメーカーごとにサイズの異なるタブレット型端末においても、特定メーカーの製品に限定されることなく使用可能である。
【0014】
また、本考案のタブレット型端末のスタンド兼ホルダーは、下面カバー及びコーナー部、背面カバー、上面カバー、正面カバーの外装部分を覆う付け替え可能なホルダーカバーを備えるので、多様な外装を選択することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの角度調整部材の拡大斜視図である。
【図3】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーのホルダー形態を説明するための斜視図である。
【図4】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの横置き角度可変スタンド形態を説明するための斜視図である。
【図5】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの縦置き角度可変スタンド形態を説明するための斜視図である。
【図6】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの画面前部スタンド形態を説明するための斜視図である。
【図7】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの画面上部スタンド形態を説明するための斜視図である。
【図8】本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーに用いるホルダーカバーの斜視図である。

【0016】
以下、本考案によるタブレット型端末のスタンド兼ホルダーを実施するための形態の具体例を、図1〜8を参照して説明する。
【0017】
図1は、本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの斜視図である。
本実施形態のタブレット型端末のスタンド兼ホルダー100は、例えば合成樹脂材料で製造され、角度調整部材12を有する正面カバー1と、スタンド部5を有する上面カバー2と、背面カバー3と、第1及び第2コーナー部6、7を有する下面カバー4を有し、上面カバー2、背面カバー3及び下面カバー4のタブレット型端末200に接する面には、内張り材8が貼られている。
【0018】
タブレット型端末200は、下面カバー4上に画面を上にして収納し、ホルダーとして使用する際には、正面カバー1及び上面カバー2を図1に示した矢印の方向に移動させる。
下面カバー4には、タブレット型端末200の落下防止のための第1及び第2コーナー部6、7が四隅に設けられる。収納した端末画面の下方向に設けられた第2コーナー部は、スタンドとして使用した場合の落下防止のために前板9を有している。前板9の形状は、タブレット型端末の画面部分を隠さない大きさであることが好ましい。
また、2個の第1コーナーの一方には落下防止のための落下防止突起を有していることが好ましい。
【0019】
背面カバー3及び下面カバー4には、それらの連設部分の直角方向に、一定の間隔を隔てて同一長さの2つの切り込み線10が設けられ、上面カバー2と背面カバー3の連設部分、背面カバー3と下面カバー4の連設部分、及び下面カバー4の2つの切り込み線の端部を結ぶ直線部分は折り曲げ可能になっている。
【0020】
本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーは、装着、脱着が容易なホルダーカバーを装着することができる。
上面カバー2、スタンド部5及び下面カバー4にはホルダーカバーを装着するための複数の装着孔11が設けられている。
【0021】
正面カバー1は、上面カバー2の一辺に約90°の角度で連設され、上面カバー2には、立ち上がり方向に折り曲げ可能に設けられたスタンド部5が設けられる。
スタンド部5及び正面カバー1には、スタンド部5の折り曲げ角度を調節する角度調整部材12が設けられる。
【0022】
図2は、本実施形態のタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの角度調整部材12の拡大斜視図である。
角度調整部材12は、上面カバーに形成された調整舌片13と正面カバーに形成された調整溝14からなり、上面カバーに形成された調整舌片13が正面カバーに形成された調整溝14に挟み込まれることにより、スタンド部5の折り曲げ角度を調節する。
【0023】
調整舌片13の先端部は、上面に傾斜が設けられており、これにより、スタンド部5が広い角度で折り曲げられるようにしている。
調整溝14の形状は、先端部が先細りの形状であることが好ましく、これにより、スタンド部を広角に折り曲げた時の角度維持を容易にする。
また、スタンド部5には、スタンド部5を立ち上げた時に正面カバー1に設けられた調整溝14の一部が挿入されるための孔が設けられている。
【0024】
角度調整部材12における角度維持は、調整舌片13を調整溝14の壁面が挟み付けることで行うが、調整舌片13と調整溝14との接触面に、角度維持機能を高めるために滑り止めのゴムシートの敷設、接触面の粗面化等の処理を施してもよい。
【0025】
図3は、本実施形態のタブレット型端末のスタンド兼ホルダー100のホルダー形態の斜視図である。
本実施形態のタブレット型端末のスタンド兼ホルダー100の大きさは、例えば、10インチ画面のタブレット型端末に対応させたものであれば、内部サイズで、縦×横×厚み=270〜290mm×180〜200mm×20〜30mmのサイズとすることで、各メーカーのタブレット型端末に対応でき、内部の内張り材8が緩衝材となるのでホルダーに入れて移動してもタブレット型端末の損傷を防止できる。
【0026】
図3の(A)は、正面カバー1、上面カバー2側からの斜視図であり、(B)は、正面カバー1、下面カバー4側からの斜視図である。
上面カバー2は、上面カバー側に面する第2コーナー部7の前板9と重なる部分を削除して、ホルダー形態にした時に、第2コーナー部7の前板9の面と上面カバー2の面がほぼ同一の高さとなる形状とすることが好ましい。
【0027】
図3(A)に示すように、上面カバー2と第2コーナー部7の前板9の間には隙間を設け、ホルダーカバー装着時にホルダーカバーの装着爪を装着可能にしておくことが好ましく、隙間の間隔は装着爪厚みの2倍であることが好ましい。
上面カバー2及び下面カバー4には折り曲げを可能にした折り曲げ線16〜19が設けられ、スタンド形態で使用する際に各カバー面を折り曲げる。
【0028】
図4は、本実施形態のタブレット型端末のスタンド兼ホルダー100の横置き角度可変スタンド形態の斜視図である。
図4に示すように、上面カバー2を底部として、その上にタブレット型端末200を保持した下面カバー4を置くことにより、横置き角度可変スタンド形態となる。
図4に示すように、下面カバー4の下部を移動させることにより、下面カバー4の傾斜角度を変化させることができる。
下面カバー4の傾斜角度は、直立させた状態から、正面カバー1と上面カバー2の連設部分に下面カバー4の下部を移動させた状態の角度までの範囲で、任意に調整できる。
【0029】
横置き角度可変スタンド形態において、上面カバーに貼られた内張り材8は滑り止めの役目を果たし、下面カバー4の傾斜角度を安定に保つ。
内張り材8は、ホルダー形態で使用する場合には、タブレット型端末を衝撃から守る緩衝材として働き、横置きスタンドとして使用する場合には画面の傾斜角度を保つ滑り止め材として働く。
【0030】
内張り材8としては、例えば、ポリウレタンやポリエチレンの発泡シートを用いることができ、0.5mm〜2.0mmの厚みであることが緩衝効果、滑り止め効果の点で好ましく、シートの形状を網目状や表面に凹凸が形成されたものにすることが緩衝効果、滑り止め効果を高める上で更に好ましい。
また、内張り材8は、各カバー面の端部にホルダーカバーの装着爪を装着するために、装着爪の厚み相当分の未敷設エリアを各カバー面の端部に設けておくことが好ましい。
【0031】
図5は、本実施形態のタブレット型端末のスタンド兼ホルダー100の縦置き角度可変スタンド形態の斜視図である。
図5において、(A)は横置き角度可変スタンド形態から縦置き角度可変スタンド形態に変形する過程を示し、図中の矢印は変形方向を示す。(B)は、縦置き角度可変スタンド形態の完成状態である。
【0032】
縦置きスタンドの形態に変形するには、まず、スタンド部5を矢印に示すように立ち上げ、次いで矢印に示すように上面カバー2を下面カバー4の背面に折り曲げ、最後に矢印のように縦置きに回転させる。
縦置きスタンド形態での画面角度の調整は、スタンド部5の上面カバー2から立ち上げる角度によって行う。
【0033】
縦置きスタンド形態の画面傾斜角度の調整は、スタンド部5の開度で行うが、開度の維持は、調整舌片13と調整溝14を有する角度調整部材12によって行う。
また、スタンド部5の接地端部には、ゴム材等の滑り止め20を設けることが、滑りやすい面等で使用する上で好ましい。
【0034】
図6は、本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの画面前部スタンド形態の斜視図である。
図6において、(A)は横置き角度可変スタンド形態から画面前部スタンド形態に変形する過程を示し、図中の矢印は変形方向を示す。(B)は、画面前部スタンド形態の完成状態を示している。
【0035】
上面カバー2は、スタンド部5が設けられていない領域に正面カバー1との連設部分と平行な方向に、折り曲げ可能な折り曲げ線17が設けてあり、画面前部型スタンド形態に変形するには、前述の折り曲げ線17を折り曲げ、図に示す矢印のように上面カバー2をタブレット型端末の背面側に折り込むことで、タブレット型端末の画面が前部に位置し、タブレット型端末でテレビ等の動画を視聴する場合に適した画面前部スタンドとして使用することができる。
【0036】
図7は、本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーの画面上部スタンド形態の斜視図である。
画面上部スタンド形態に変形するには、横置きスタンド形態でスタンド部5を直立させ、直立させたスタンド部5の上に下面カバー4を移動させることで行う。
タブレット型端末が下面カバー4上に収納された状態では、直立させたスタンド部5の上にタブレット型端末の背面が載る状態となり、画面角度は図に示した矢印方向に変化し、一点鎖線で示すような傾斜角度となる。
画面上部スタンド形態は、スタンド上部にタブレット型端末の画面が位置し、電子書籍の閲覧や会議等での資料提示に適するスタンド形態である。
【0037】
本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーは、専用のホルダーカバーを有することが好ましい。
図8は、本考案の一実施形態に係るタブレット型端末に用いるホルダーカバーの斜視図である。
本考案の一実施形態に係るタブレット型端末のスタンド兼ホルダーに用いるホルダーカバー22は、正面カバー1、上面カバー2、背面カバー3、下面カバー4、第1、第2コーナー部6、7を覆い、切り込み線15に対応した切り込み線28を有し、ホルダーカバー22を装着したままでスタンドとして使用できる。
【0038】
本実施形態のタブレット型端末のスタンド兼ホルダーに用いるホルダーカバー22は、上面カバー2、スタンド部5及び下面カバー4のホルダーカバー装着孔11に対応した位置に、装着突起24を備え、正面カバー1、上面カバー2、下面カバー4、第1、第2コーナー部6、7の辺部に対応した位置に装着爪26を備える。
ホルダーカバーは、例えばシリコンゴム等の軟質ゴムを用いて基材を作製することができ、基材のみで用いることもできるが、基材表面に例えば、革、ビニールレザー、布地、金属等の材料を張り付けてもよい。
【0039】
以上、本考案の実施形態について図面を参照しながら説明したが、本考案は、上述の実施形態に限られるものではなく、本考案の技術的範囲から逸脱しない範囲内で多様に変更実施することが可能である。
【0040】
1 正面カバー
2 上面カバー
3 背面カバー
4 下面カバー
5 スタンド部
6 第1コーナー部
7 第2コーナー部
8 内張り材
9 前板
10、15、28 切り込み線
11 装着孔
12 角度調整部材
13 調整舌片
14 調整溝
16、17、18、19 折り曲げ線
20 滑り止め
22 ホルダーカバー
24 装着突起
26 装着爪
100 タブレット型端末のスタンド兼ホルダー
200 タブレット型端末

(57)【要約】

【課題】タブレット型端末を収納するホルダーであって、横置きのどちらについても、傾斜角度を一定範囲で任意に変えることができるタブレット型端末のスタンド兼ホルダーを提供する。【解決手段】タブレット型端末200のコーナー部分を支持するコーナー部材が設けられ、タブレット型端末を保持する下面カバー4と、折り曲げ可能に設けられたスタンド部5を有し、下面カバー4と共にタブレット型端末を挟み込む上面カバー2と、下面カバー4及び上面カバー2に折り曲げ可能に連設する背面カバー3と、背面カバー3の反対側に上面カバー2に連設された正面カバー1と、間隔を有して背面カバー3及び下面カバー4にかけて形成された同一長さの2つの切り込み線10と、正面カバー1及び上面カバー2に形成され、上面カバー2に形成された部材が正面カバー側1に形成された部材に係合して、スタンド部5の立ち上がり角度を調整する角度調整部材12を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):