(54)【考案の名称】二重装着式の保護メガネ

(73)【実用新案権者】株式会社エニックス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、保護メガネの改良、詳しくは、レンズ内側への花粉や埃等の侵入を防止することができ、また耳掛付き眼鏡の上から装着した際に側頭部に違和感が生じたり、視界に悪影響を及ぼしたりすることもなく、しかも、太枠のプラスチック枠に取り付ける場合でも固定部を大きくする必要のない二重装着式の保護メガネに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般的に、眼鏡を装着した際には、レンズと目の間にスペースが空くため、花粉症の人が眼鏡を掛けて花粉の多い場所に行くと、レンズと目の間に花粉が入り込んで眼球に花粉が付着することで目が痒くなり易い。また同様の理由で、眼鏡を掛けて粉塵の多い場所に行くと、レンズと目の間に粉塵が入り込んで目に痛みが生じ易い
【0003】
そこで、従来においては、花粉や粉塵の侵入を防ぐためのフード(覆い部)をリムの上縁部および下縁部に設けた保護メガネが開発されている。その中でも、テンプルを備えたオーバーグラス式の保護メガネは、保護メガネ単体で使用できるだけでなく、常用眼鏡の上から装着して使用することもできる(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
しかしながら、上記オーバーグラス式の保護メガネは、テンプルを備えた構造であったため、常用眼鏡の上から装着した際に、二重になったテンプルによって側頭部の圧迫感が増すだけでなく、二重になったテンプル同士が接触して度付きの常用眼鏡が位置ズレを起こすことにより、装着者の視界に悪影響を及ぼすこともあった。
【0005】
一方、従来においては、常用眼鏡に装着するテンプルを持たないタイプの保護メガネも公知となっているが(例えば、特許文献2〜5参照)、文献2〜4に係る技術については、常用眼鏡のテンプルを保護メガネの固定部で掴む構造を採用していたため、常用眼鏡のテンプルの太さに応じて、保護メガネの固定部も大きくする必要があった。
【0006】
また、上記文献5に係る技術に関しても、常用眼鏡のブリッジを保護メガネの固定部に係止する構造であったため、保護メガネの固定部の大きさを常用眼鏡のブリッジの太さに合わせる必要があった。そのため、上記従来の保護メガネでは、常用眼鏡に太枠のプラスチック枠を使用すると、固定部が大きくなって重量が過大になり易かった。
【0007】

【効果】

【0017】
本考案では、二重装着式の保護メガネにおいて、トップフード部の所定箇所(ブリッジと左右リムの後方)にストッパー片を設けて、ブリッジ等とストッパー片の間に耳掛付き眼鏡のフロント枠を挿入可能なスペースを形成することにより、耳掛付き眼鏡のフロント枠に被せて装着した保護メガネの脱落を3箇所のストッパー片で防ぐことができる。
【0018】
また、トップフード部のブリッジ後方にストッパー片を設けると共に、左右の曲げ智の内側に、耳掛付き眼鏡のフロント枠の両側に形成された空隙に差込み可能な突起片を設けた場合にも、耳掛け付き眼鏡に装着した保護メガネの脱落を中央のストッパー片と両側の突起片によって防止することができる。
【0019】
しかも、本考案では、保護メガネに上記構成を採用したことによって、設計時にトップフード部の奥行きを利用してストッパー片の前後位置を調節することができるため、もし装着する耳掛付き眼鏡が太枠のプラスチック枠であったとしても、固定部が大きくなって保護メガネの重量が過大になる心配もない。
【0020】
また更に、本考案に係る保護メガネは、テンプルを持たない形態であるため、装着時にテンプルが二重になって装着者の側頭部に不快な違和感を生じさせる心配もなく、また、テンプル同士の接触もないため、内側に配置される耳掛付き眼鏡が位置ズレを起こして視界に悪影響を及ぼすこともない。
【0021】
したがって、本考案により、トップフード部により花粉や粉塵による目の痒みや痛みを防止できるだけでなく、常用眼鏡の良好な視野を保持することができ、また着け心地にも優れ、しかも、プラスチック枠から成る耳掛付き眼鏡にも容易に対応できる二重装着式の保護メガネを提供できることから、本考案の実用的利用価値は頗る高い。

(57)【要約】

【課題】耳掛付き眼鏡の上から装着した際に側頭部に違和感が生じたり、視界に悪影響を及ぼしたりすることもなく、しかも、軽量で太枠のプラスチック枠への取り付けも可能な二重装着式の保護メガネを提供する。【解決手段】耳掛付き眼鏡のレンズに対応したレンズ11・11と、左右リム12・12と、左右の曲げ智14・14と、前記ブリッジ13、左右リム12・12及び左右の曲げ智14・14の上縁部に沿って内側に突き出した形状で形成されたトップフード部15と、このトップフード部15のブリッジ13及び左右リム12・12の後方にあたる位置に、下方に突出して設けられたストッパー片16・16…とを含んで保護メガネ本体1を構成すると共に、前記ストッパー片16・16…とブリッジ13及び左右リム12・12との間に、耳掛付き眼鏡のフロント枠を挿入可能なスペースを形成した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):