(54)【考案の名称】太陽電池パネル架台

(73)【実用新案権者】アイスマン株式会社

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽から放射される光エネルギーを吸収して発電する太陽電池パネルを支持する太陽電池パネル架台に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、化石燃料の枯渇に加えて地球温暖化等の地球環境問題が深刻化していることから、クリーンエネルギーである太陽光発電が注目されている。太陽光発電では、複数の太陽電池(セル)を並べてパネル状に形成した太陽電池パネル(太陽電池モジュール)が使用される。1枚の太陽電池パネルが発電できる電力は限られているため、通常、太陽電池パネルを複数枚並べた太陽電池アレイが構成される。
【0003】
太陽電池パネルを地面に設置する場合、太陽電池パネルの受光面を太陽に向けるため、太陽電池パネル架台(以下、単に「架台」という場合がある。)が使用される。その際、太陽電池パネル架台が強風等で転倒しないように、太陽電池パネル架台の下端部をコンクリート基礎に固定することが一般に行われている。例えば特許文献1、2では、架台の下端部が、直方体形状のコンクリート基礎にアンカーボルトを介して固定されている。
【0004】
コンクリート基礎を施工する際は、地面を掘削して建て込んだ型枠内に生コンを流し込み、生コンの天端調整を行うと共に、太陽電池パネル架台を固定するためのアンカーボルトを生コンに埋め込む。コンクリート基礎が硬化した時点でコンクリート基礎を囲っていた型枠を解体し、当該コンクリート基礎から上方に突出するアンカーボルトに太陽電池パネル架台を固定する。
【0005】

【効果】

【0010】
本考案に係る太陽電池パネル架台は、太陽電池パネルを保持するフレームと、フレームを支持する支持部材とを備えており、支持部材の少なくとも下部を地中に埋設して支持部材を地面に固定した後、支持部材を構成する円筒部から上方に延出するロッドの延出長さを調節することで、フレームの高さを調節することができる。その結果、コンクリート基礎が不要となり、従来に比べて作業性が格段に向上し、施工費も大幅に低減することができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の一実施の形態に係る太陽電池パネル架台並びに同架台に設置された太陽電池パネルの斜視図である。
【図2】同太陽電池パネル架台の斜視図である。
【図3】地面に固定された同太陽電池パネル架台の側面図である。
【図4】同太陽電池パネル架台を構成する支持部材の縦断面図である。

【0012】
続いて、添付した図面を参照しつつ、本考案を具体化した実施の形態につき説明し、本考案の理解に供する。
【0013】
本考案の一実施の形態に係る太陽電池パネル架台10並びに同架台10に設置された太陽電池パネル30の斜視図を図1に、太陽電池パネル架台10のみの斜視図を図2に、地面に固定された太陽電池パネル架台10の側面図を図3に示す。
太陽電池パネル架台10は、太陽電池パネル30の受光面が斜め上方を向くように太陽電池パネル30を保持するフレーム11と、フレーム11を支持し、少なくとも下部が地中に埋設される支持部材12とを備えている。
【0014】
太陽電池パネル30は、複数の太陽電池(セル)を相互接続して矩形パネル状に形成したものであり、1枚の大きさは1650mm×990mm程度、厚さは40mm程度である。本実施の形態では、太陽電池パネル30を格子状(横方向:4枚×縦方向:4枚)に配置し、正面視して横方向に長い矩形状の太陽電池アレイを構成している。
【0015】
太陽電池パネル30を保持するフレーム11は、水平方向に配置される低位置側横架材20と、低位置側横架材20より高い位置に低位置側横架材20と平行に配置される高位置側横架材21と、低位置側横架材20と高位置側横架材21間に掛け渡され、太陽電池パネル30を支持する8本のパネル受け桟22と、高位置側横架材21を支持する2本のV字柱を構成する4本の斜材23と、斜材23からなるV字柱の下端部と低位置側横架材20とを繋ぐ2本の繋ぎ材24とから概略構成されている。
【0016】
低位置側横架材20及び高位置側横架材21は梁成100mm程度、長さ6600mm程度の溝形鋼、パネル受け桟22は長さ4000mm程度のリップ溝形鋼、斜材23は長さ1300mm程度の山形鋼、繋ぎ材24は長さ2250mm程度の山形鋼からそれぞれ構成されている。
また、水平面に対するパネル受け桟22の傾斜角度は25°程度である。
【0017】
フレーム11を支持する支持部材12は、低位置側横架材20を支持する2本の支持部材12と、斜材23からなる各V字柱を支持する2本の支持部材12の計4本とされている。
各支持部材12は、図3、図4に示すように、地中に埋設される平面視方形状のベースプレート13と、ベースプレート13上に立設され、少なくとも下部が地中に埋設される円筒部14と、円筒部14から上方に延出し、延出長さが調節可能とされているロッド15と、ロッド15の上端部に設けられ、斜材23からなるV字柱の下端部もしくは低位置側横架材20に接合される平面視方形状の接合プレート16とを有している。
ロッド15は全ねじボルトとされ、ロッド15の外周面に形成された雄ねじ部と螺合するナット17が円筒部14の上端面に固定されている。ロッド15を材軸回りに回転させることで、ロッド15が材軸方向に移動し、ロッド15の延出長さが調整される。
【0018】
ロッド15の直径は30mm、長さは1000mm程度、円筒部14は、外径:76.3mm、肉厚:4.2mm、長さ:1500mm程度とされている。
ベースプレート13は幅900mm程度、厚さ8mm程度、接合プレート16は幅150mm程度、厚さ8mm程度とされている。
なお、ロッド15の材質はSUS304、ベースプレート13、円筒部14、及び接合プレート16の材質はSS400で表面を溶融亜鉛メッキしている。
【0019】
次に、上記構成を有する太陽電池パネル架台10の施工方法について説明する。
(1)支持部材12が設置される箇所に、ベースプレート13の幅より若干大きめの幅を有する竪穴(図示省略)を形成する。竪穴の深さは、支持部材12の埋設深さとする。
(2)穴底に捨てコンを敷き、捨てコンの上に支持部材12を載置する。
(3)竪穴の埋戻しを行う。本実施の形態では、円筒部14の半分程度まで埋め戻している(図3参照)。
【0020】
(4)円筒部14から上方に延出するロッド15の延出長さを調節する。
(5)ロッド15の上端部に設けられた接合プレート16上に、フレーム11を仮置きし、接合プレート16にフレーム11を接合する。なお、フレーム11は、工場もしくは現地で別途組み立てておく。
【0021】
以上、本考案の一実施の形態について説明してきたが、本考案は何ら上記した実施の形態に記載の構成に限定されるものではなく、実用新案登録請求の範囲に記載されている事項の範囲内で考えられるその他の実施の形態や変形例も含むものである。例えば、上記実施の形態では、ロッドの外周面に形成された雄ねじ部と螺合するナットが円筒部の上端面に固定されているが、ロッドの外周面に形成された雄ねじ部に螺合する雌ねじ部を円筒部の内周面に形成してもよい。また、上記実施の形態における太陽電池パネル架台は、あくまで一例であって、太陽電池パネル架台を構成する部材の寸法や本数は、太陽電池パネル1枚の大きさや使用する枚数等に依存することは言うまでもない。
【0022】
10:太陽電池パネル架台、11:フレーム、12:支持部材、13:ベースプレート、14:円筒部、15:ロッド、16:接合プレート、17:ナット、20:低位置側横架材、21:高位置側横架材、22:パネル受け桟、23:斜材、24:繋ぎ材、30:太陽電池パネル

(57)【要約】

【課題】従来に比べて作業性が良く、施工費も大幅に低減することが可能な太陽電池パネル架台を提供する。【解決手段】太陽電池パネル30の受光面が斜め上方を向くように太陽電池パネル30を保持するフレーム11と、フレーム11を支持し、少なくとも下部が地中に埋設される支持部材12とを備える太陽電池パネル架台10であって、支持部材12は、地中に埋設されるベースプレート13と、ベースプレート13上に立設され、少なくとも下部が地中に埋設される円筒部14と、円筒部14から上方に延出し、延出長さが調節可能とされているロッド15と、ロッド15の上端部に設けられ、フレーム11に接合される接合プレート16とを有している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):