(54)【考案の名称】全天候型ソーラー電源システム

(73)【実用新案権者】有限会社創造社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、屋内外を問わず設置でき、特に、屋外では日陰でも曇天でも雨天でも雪の日でも発電及び蓄電して必要な時間帯に表示パネルを輝光できるようにした全天候型ソーラー電源システムに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に、道路や公園等には、学校や市役所等の場所、地震や津波等における避難場所などを案内する表示パネルが設置されている。この表示パネルは、夜間にも案内できるように輝光させているが、商用電源を電源とするのは電気代のコストがかかるので、ソーラー電源が使われている。通常ソーラー電源は、特開2002−15610号公報の如く、太陽電池によって発電した電力をバッテリー(蓄電池)に蓄電し、該バッテリーからの電力によって発光ダイオードを点灯させるようにしていた。

【効果】

【0009】
本考案に係る全天候型ソーラー電源システムによれば、全天候型のソーラーパネルと、表示パネルを有するボックスは、その背面に設けた支持具に通したバンドにより電柱にもポールにも杭など柱体であれば何処にでも取り付けできる。また、前記全天候型ソーラーパネルより供給されたエネルギーの充電には蓄電地は使用していないので、健康上の問題がない。さらに、電気部品からの出力により表示パネルの発光手段に発光ダイオードのようなもので構成でき、節電型にすることが容易である。さらにまた、前記表示パネルは交換口から交換できるので、学校や市役所の名称や場所の図柄並びに避難場所の図柄などを自由に変更設置できるなど、各種の優れた効果を奏するものである。
【0010】
また、請求項2に記載の考案によれば、前記電気部品が電気二重層コンデンサーであるから、鉛を使った蓄電池を使用しない上に、電池交換が不要であり、メンテナスフリーが実現できるという優れた効果を奏するものである。
【0011】
さらに、請求項3に記載の考案によれば、前記表示パネルの発光タイミングがタイマー又は照度センサーのいずれから調整されるから、日照時間が長い夏季ではタイマーによりコントロールしてもよいが、日暮れが早い冬季には周囲が暗くなってきたときに、タイマーではタイミングになっていなくても発光させることができるという優れた効果を奏するものである。
【0012】
さらにまた、請求項4に記載の考案によれば、前記発光手段がタイマー又は照度センサーのいずれの作用により発光開始しても、その発光開始して一定時間経過すると点滅になるようにし、点滅による消費電力の節約と、表示効果の向上が実現できるという優れた効果を奏するものである。

(57)【要約】

【課題】ソーラーパネルの「向き」が自由に決められ、日陰でも曇天でも雨天でも雪の日でも発電及び蓄電でき、さらに、蓄電に鉛を使う蓄電池を使用しない全天候型ソーラー電源システムを提供する。【解決手段】太陽光又は照明光により発電できるソーラーパネル2と表示パネル3とを表面側に備えたボックス主体1内に、ソーラーパネルより供給されたエネルギーを充電する電気部品4(電気二重層コンデンサー)と、電気部品からの出力により表示パネルを発光する発光手段5とを有し、ボックス主体に表示パネルの交換口を設けるとともにボックス主体の背面側に柱体へ取付けるバンド受け具を設けたことを特徴とし、方向(方位)に制約なく何処にでも設置できるように構成した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):