(54)【考案の名称】カード収納体

(73)【実用新案権者】株式会社楠紙工社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、内部にメッセージカード等を収納するように用いるカード収納体に関する。

【従来の技術】

【0002】
プレゼント等を行う際にメッセージカードを一緒に手渡す場合があり、そのようなメッセージカードはデザイン模様を付した封筒形状の袋片等に納めて手渡していた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
この考案では、意匠性に優れ、メッセージカード等を収納するのに好適に用いられるカード収納体を提供することを目的とする。

【効果】

【0006】
この考案によれば、意匠性に優れ、メッセージカード等を収納するのに楽しく使用されるカード収納体が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 この考案のカード収納体の実施形態の正面図
【図2】 この考案のカード収納体の実施形態の背面図
【図3】 この考案のカード収納体の実施形態の側面図
【図4】 この考案のカード収納体の実施形態の使用状態図
【図5】 この考案のカード収納体の実施形態の使用状態図

【考案の実施の形状】
【0008】
図1はこの考案のカード収納体の実施形状の正面図、図2は同背面図、図3は同側面図である。カード収納体1は収納体本体2とその蓋片4とからなる。図4に示すように、収納体本体2はハート形状の紙シート5の裏面側に、透明のプラスチックシート6がその側縁において貼り付けられて形成されている。プラスチックシート6は紙シート5のハート形状の上部を残すように貼り付けられ、紙シート5とプラスチックシート6との間をカードの収納部8とし、プラスチックシート6の上縁位置を収納部8へのカードの出し入れ開口10としている。
【0009】
蓋片4は収納体本体2の紙シート5のハート形状において突出する上縁部に2点で折り畳み可能に連続しており、紙シート5のハート形状の上半部と同形状とされ、折り畳まれて出し入れ開口10を閉じる状態においては、収納体本体2のハート形状の上半部に丁度重なって位置する。
【0010】
カード収納体1は、図5に示すように、収納部8内にメッセージの書かれたハート形状のメッセージカード12が収納され、蓋片4が閉じられ封止されて使用される。蓋片4が閉じられた状態においては、収納部本体2がハート形状の平面形状を備え、蓋体4がその収納体本体2の上半部に同形状で重なって納まるので、カード収納体1はその全体が見栄えの良いハート形状を呈して意匠性に優れるものとなり、従来のような単なる封筒形状でないことで楽しく用いられる。また、透明のプラスチックシート6を用いていることで収納部8がスケルトン構成となってさらに意匠性に優れるものとなり、メッセージカード12のメッセージの一部を外部から見えるようにし、かつ、メッセージの一部が蓋片4で覆うようにでき、これによってより楽しく用いられる。
【0011】
1 カード収納体
2 収納体本体
4 蓋片
5 紙シート
6 プラスチックシート
8 収納部
10 出し入れ開口
11 メッセージカード

(57)【要約】

【課題】意匠性に優れ、メッセージカード等を収納するのに好適なカード収納体を提供する。【解決手段】2枚のシート5、6間を収納部8とし、その周縁の一部に出し入れ開口10を備え、全体がハート形状等の平面形状を備える収納部本体2と、出し入れ開口の縁に折り畳み可能に連続して設けられる蓋片4とからなり、蓋片は、折り畳まれて取り出し開口を閉じる際に重なるように収納部本体の上部と同形状を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):