(54)【考案の名称】楽に開け易いペットボトル蓋

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、全てのソフトドリンク、酒、ビール、乳飲料、調味料容器(含む缶詰、瓶詰等)の蓋を楽に開け易くする工夫に関するものである。
【0002】
プラスチック、アルミ、スチール製等のリシール仕様蓋は、非力な女性(ネイルアート)、高齢者、腕、指の障害・負傷者には開け辛い構造になっており、一旦開けたら中身を一気に飲み干さねばならず、保管、携帯が非常に難しい。
尚、ペットボトルの蓋に突起を設けて、指かかり部を形設した先行技術も知られている(特許文献1参照)。又片手で開閉できるペットボトル用キャップも知られている(特許文献2参照)。
【0003】

【効果】

【0006】
蓋を回し開けようとする時、指のひっかかり部を複数設けてあるので力が入り易く、容易に開閉できる。以前は「開け辛さ」の苦痛を思って買い控えた人も、気軽に購入しようという気になり、購入増加にもつながる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の実施例を示す斜視図
【図2】本考案の別の実施例を示す斜視図

【0008】
以下、本考案の実施の形態を説明する。
プラスチック製(図1)、アルミ、スチール製回転式蓋(図2)等を開ける時に、指の力を入れ易くするため、蓋(1)の外周壁(2)の下部縁(3)の任意の複数箇所に半球状の膨らみをもって、外方向に突き出る形で、小突起(4)を形設する。
本考案は、以上のような構成であり、これを実際に使用するときは、容器の蓋(1)の小突起(4)に指先を引っ掛けて、力を入れて回すと、指先の力が十分に伝わり、簡単に蓋(1)が外せる。これを知る人が増えるに従い、それまで開け辛さのために購入を敬遠していた消費者も気軽に購入するようになる。又、小突起の位置が蓋の上部でなく、下部にあって・ペットボトル胴部の大きさによって・他の容器と当たりにくいので、破損事故の誘因になる確率はほとんどない。
【0009】
1 蓋
2 外周壁
3 下部縁
4 小突起

(57)【要約】

【課題】高齢者や女性・子供等、指先の力の弱い人でも開け易く、指先の力が入り易い構造のペットボトル蓋を提供する。【解決手段】ペットボトル等のネジ式蓋1の外周壁2の下部縁3の任意の複数箇所に、指のひっかかり部となる半球状の膨らみをもって、外方向に突き出る、小突起4を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):