(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】井上建設株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、切手を貼付して投函された葉書のような外観を呈する名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の名刺は、名刺の表面中央に自己の姓名、役職等が記載され、又その左側に住所、電話番号等が記載されているものが一般的である。
【0003】
しかしながら、ビジネスにおいて使用される名刺の数量は極めて大量になる傾向があり、同時に複数の名刺をもらうと全く印象に残らないという欠点がある。
【0004】
そこで、このような欠点を解消するために、名刺の素材を紙以外のプラスチックや金族などを使用して少しでも相手に印象を残そうとする工夫がなされている。また以下のように名刺の表の記載事項を工夫した名刺も提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0005】
特許文献1に開示された名刺は、名刺の表を郵便葉書の表と相似形に図案化し、郵便葉書の受取人記載欄に該当する領域を空欄とし、郵便葉書の差出人記載欄に該当する領域に姓名、住所、身分などの名刺本来に記載される事項を記載した構成とされている。
【0006】

【効果】

【0016】
本考案によれば、切手を貼付して投函された葉書のような外観を呈し、名刺を受け取る者に強烈な印象を与えると共に、後日名刺を整理する際にも判別し易い名刺を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】図1は、本考案の一実施の形態における名刺の構成を示す表面図である。

【0018】
以下、好適な実施の形態を用いて本考案をさらに具体的に説明する。但し、下記の実施の形態は本考案を具現化した例に過ぎず、本考案はこれに限定されるものではない。
【0019】
[名刺の構成]
本考案の一実施の形態における名刺の構成について、図1を参照しながら説明する。
【0020】
図1は、本考案の一実施の形態における名刺の構成を示す表面図である。
【0021】
図1に示すように、本実施の形態の名刺1は、通常の名刺と同じ大きさ(例えば、縦91ミリ、横55ミリ)であり、材質は紙が使用されている。
【0022】
この名刺1において、表面の略中央の役職表示部2には本人の役職が記載されており、この役職表示部2の下部には本人の名前3が記載されている。表面左上の似顔絵部4には本人の似顔絵5が記載されており、この似顔絵部4の外周縁には複数の目打ち(ミシン目)の痕を模したギザギザ模様6が施されている。表面右上の郵便番号表示部7は、郵便番号記載用の四角枠が複数描かれており、この四角枠内に本人の勤務先の住所地の郵便番号8が記載されている。そして、この郵便番号表示部7の下部には本人の勤務先の住所9と勤務先10が記載されている。このように本実施の形態の名刺1によれば、上記のような構成で名刺表面の表示がなされており、一見して切手が貼付されて投函される葉書の外観を呈しており、名刺を受け取った者に非常に強い印象を与えることができる。
【0023】
さらに上記似顔絵表示部4の下部には、資格表示部11が設けられ、本人の持つ各種の資格の名称(例えば、一級建築士、姓名鑑定士など)が記載されている。また表面下部には、本人の勤務先の連絡先事項12(電話番号、FAXやホームページのURLコード、及びメールアドレスなど)が記載されている。
【0024】
以上を総合すると、本実施の形態の名刺1によれば、本人の似顔絵を切手に模して貼付し投函された葉書のような外観を呈し、名刺を受け取る者に強烈な印象を与えることができる。
【産業上の利用可能性】
【0025】
本考案によれば、ビジネスで使用するうえで相手に極めて効果的にな印象を与える名刺を提供することができる。
【0026】
1 名刺
2 役職表示部
3 本人の名前
4 似顔絵部
5 本人の似顔絵
6 ギザギザ模様
7 郵便番号表示部
8 郵便番号
9 住所
10 勤務先
11 資格表示部
12 連絡先事項

(57)【要約】

【課題】切手を貼付して投函された葉書のような外観を呈し、名刺を受け取る者に強烈な印象を与えると共に、後日名刺を整理する際にも判別しやすい名刺を提供する。【解決手段】名刺1は、表面の略中央の役職表示部2には本人の役職が記載され、表面左上の似顔絵表示部4には本人の似顔絵が記載され、表面右上の郵便番号表示部7には本人の勤務先等の住所地の郵便番号が記載される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):