(54)【考案の名称】太陽電池モジュール

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】トヤマキカイ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、太陽電池モジュールに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年、再生可能エネルギーとして太陽光発電が広く利用されるようになっており、太陽光発電所としての太陽電池モジュールが、住宅の屋根を始めとして様々な場所に設置されている。
【0003】
この太陽電池モジュール10は、図4に示すように、矩形状に形成された太陽電池パネル1の周縁部にアルミ押出成形品からなる縦枠材11及び横枠材12を嵌め込み、縦枠材11及び横枠材12を互いにねじ止めして構成されている。一方、太陽電池パネル1は、図5に示すように、受光面側から順に強化ガラス板2、透明樹脂からなる充填材3、多数個の太陽電池セル4aをインターコネクタ5を介して直列又は並列に接続してなる太陽電池セル列4、透明樹脂からなる充填材3、バックシート(耐侯性フィルム)6を積層して形成され、太陽電池パネル1の裏面側には、出力ケーブルを接続した端子ボックス(図示せず)が付設されている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】

【効果】

【0011】
本考案によれば、太陽電池モジュールの施工時等において、太陽電池パネルの損傷を確実に防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の太陽電池モジュールの一実施形態を破断して示す斜視図である。
【図2】図1の太陽電池モジュールの分解斜視図である。
【図3】サポートカバーの変形例を示す斜視図である。
【図4】太陽電池モジュールを示す平面図である。
【図5】太陽電池パネルの分解斜視図である。

【0013】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0014】
図1及び図2には、本考案の太陽電池モジュール10の一実施形態が示されている。
【0015】
この太陽電池モジュール10は、前述したように、太陽電池パネル1及びその周縁部に嵌め込まれた縦枠材11及び横枠材12を互いに固定して構成されている。
【0016】
ここで、太陽電池パネル1の基本的な構造は、前述した従来の太陽電池パネル1と同一であり、同一の部材には同一の符号を付して詳細な説明を省略し、相違する点について説明する。
【0017】
太陽電池パネル1の裏面には、バックシート6を覆ってサポートカバー7が接着剤を介して貼着されている。このサポートカバー7は、厚みが0.5〜2.0mmのアルマイト処理されたアルミ薄板材をプレス加工して形成され、外方に向けて複数個の断面方形状の凸部7aを有している。
【0018】
この場合、サポートカバー7は、必ずしもバックシート6の全面を覆って貼着する必要はなく、作業者が接触する可能性の高い位置、例えば、端子ボックスの周囲を覆うように貼着してもよい。
【0019】
このように、太陽電池パネル1の裏面にバックシート6を覆ってサポートカバー7を貼着したことにより、太陽電池モジュール10の施工に際して、工具や取付ボルト等が太陽電池パネル1の裏面に接触することはなく、太陽電池パネル1の損傷を確実に防止することができる。
【0020】
また、太陽電池モジュール10の設置後において、太陽熱を受けて太陽電池パネルが加熱された場合、その熱はサポートカバー7に伝導され、凸部7aを経て放熱される。したがって、太陽電池パネル1の表面及び裏面間の温度差の拡大を枠材11,12と協働して可及的に抑制することができる。
【0021】
なお、前述した実施形態においては、サポートカバー7の凸部7aとして、断面方形状のものを例示したが、大気との接触面積を増加すればよく、断面三角形状や半円形状など任意の形状を選択することができる。この場合、図3に示すように、板材に多数のフィン7bを設けたサポートカバー7を利用してもよい。
【0022】
また、工場での太陽電池モジュール10の製造過程において、最終工程でサポートカバー7を貼着すれば、搬送過程や梱包箱からの取り出し時においても、太陽電池パネル1の損傷を防止することができる。
【0023】
1 太陽電池パネル
6 バックシート
7 サポートカバー
7a 凸部
7b フィン
10 太陽電池モジュール
11,12 枠材

(57)【要約】

【課題】施工時等において、太陽電池パネルの損傷を確実に防止する太陽電池モジュールを提供する。【解決手段】方形状の太陽電池パネル1及びその周囲に装着された枠材11,12からなる太陽電池モジュール10と、太陽電池パネル1の裏面を覆って貼着されたサポートカバー7とからなり、サポートカバー7が外方に向かって複数の凸部7aを有している。このため、太陽電池モジュール10の施工時等において、作業者の不注意等によって、太陽電池パネル1の裏面側に工具等が接触したとしても、サポートカバー7が太陽電池パネル1を保護しているため、その損傷を確実に防止することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):